2008/1/27

X-MENその25  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今年第1発目に書いたUncanny X-MEN 492号、そしてX-FACTOR 25号へと続いているArc, “Messiah Complex”。その続きがどうしても読みたくなった。そこでNew X-MEN 44号をEast Coast Comicsへ注文した。しかし到着した荷物には44号は入ってなかった。伝票には品切れの一言が書かれてるのみ。ないのだったらemailで知らせてこいよ。ほんでもって1/18日に別の漫画屋、御用達であるMilehighのwebsiteを確認したら、定価$2.99の代物が$30で売られていた。(今は、$12まで下がった。ちなみに定価$25のvariant coverの方はMidtown Comicsで割引価格で売られてた。)いずれにせよ、そこまで出して手に入れたくないよ。もうあきらめ。なので、一話飛ばして形容詞のつかないX-MEN 205号を読んだ。(写真)手に入れられなかったNew X-MEN 44号の内容は、X-MEN 205号のこれまでの粗筋のページ(最近使えると実感)で確認したので良し。

205号の画はChris Bachalo。沢山の人物を一つのコマに入れてうまく描くな。内容は、New X-MEN対サイボーグ集団Reavers、X-MEN対Marauders そして、X-Mansionに残っているX-MENを監視しているロボットCentinelがX-MENを攻撃と展開が速い速い。そしてやっぱり生きてたCABLEが最終シーンで登場と読んでる人を飽きさせないね。さすがにX-MENの姉妹誌横断での特別Arcだけに話の内容が充実してる。
0

2008/1/26

福豊  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区西新宿1丁目西口地下街1号
2008/01/22

新年新規先一発目。写真でわかるかなFoo Fooと読む。新宿に用があり、昼休みの1時間で会社から行って帰ってくることを考えこの店を選択。あっさり和風だし醤油ラーメン680 yen + 半ライス100 yenを注文。

具は、しなちく、青葱、のり×1枚、玉子×1/2、チャーシュー×1。のりはスープに浸っても負けない厚さがあり。玉子の黄身はちゃんとオレンジ。チャーシューは薄いけど、そこそこの大きさ。自分でやってわかったけど、調理した肉をきれいに切るのは難しい。

麺は普通の太さのストレート麺。断面は丸。五行の麺と似ている。

スープはかつお、煮干(と書いてあった。)のベースと濁ったスープが混ざっている。実際はそんなにあっさりではない。ま、ラーメンだからそれで良いんだよ。

背脂醤油ラーメンとの選択を迷ったが、のりがついていたあっさり和風だしにした。強烈な個性があるわけではないけど、まあ良いのでは。
0

2008/1/20

SPIDER-MANの37  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今月はthe Sensational SPIDER-MAN 41号。4話完結のArc、 “One More Day”の第3回目。今回の表紙画はJoe Quesada。表紙画は良いんだよね。本編の画もまあまあかな。先月も書いたけど、大分慣れてきたみたいだ。

内容の方はと言えば、先月登場した謎の女の子を追っていき紆余曲折の末地獄の帝王Mephistoと出会う。そして最後にMephistoが瀕死の重症のMay伯母さんの命と引き換えに要求するものとは何かというのがポイント。漸く“One More Day”の意味がわかる。Mephistoの交換条件を飲むも拒絶するのも後一日で決断しなければいけない。ものすごく過酷な選択肢だよね。(詳しくは読んでください。)

おまけは、Mephistoが初めて登場するSILVER SURFER (“SS”)2号。これは光文社版で翻訳されているので飛ばした。これも悲しい話だな。ちなみにMephistoは、映画GHOST RIDER (“GR”)でも登場する。Henry Fondaが演じてね。(間違ったHenryはお父さん。正確にはPeterでした。)映画GRでもMephistoは主人公Johnny Blazeと取引する。人間の弱みに付け込んで取引するのがMephistoだ。ちなみにSS2号ではもう死んじゃったけど、結構好きな画家John Buscemaが画を描いている。
0

2008/1/19

麻布ラーメン 西麻布店(2回目)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区西麻布4-1-5
2008/1/16

なんと2年振りにこの店を訪問。ちょっと遠いので冬にしか行けない。今回はつけ麺650 yenに挑戦。普通盛り(200 g)、中盛り(300 g)、大盛り(400 g)どれでも値段は一緒。お得。大盛りまではいらないので中盛りを試してみた。

具は、しなちく、青菜、チャーシュー×2枚、きざみのり。

麺は比較的太い麺。前回訪問したときは弾力に感動していた。冷えているのでなんとも言えず。量は中盛りでも多いな。

スープはしっかり豚骨醤油。脂も多い。アクセントに唐辛子が入っているはずだけど、目視では確認できず。塩味がちょっとつけ麺にしては薄いか。ま、あまり気にならない程度。

この店は繁盛しているね。確かに美味しい。もっと違う種類にも挑戦してみたいね。
0

2008/1/13

BATMANその18  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今回はBATMAN & ROBINの8号。表紙はJokerだ。背中に刺青なんかしてたんだっけ?西洋の竜なんだけど、すごく東洋的なデザインの刺青だよね。Jim Leeは、表紙を含め相変わらずすごい画を描く。

“I love you in my own special way.”とつぶやきながら、冷酷に殺人を行っていくJokerの姿が彼の狂気をよく表している。一方Dick GraysonことROBINの方は、まだまだ生意気で経験を積んでないけど、BATMANは彼を大変買っているのがわかる。何故ROBINと命名されたかという瞬間も一ひねりあり良く描かれている。もう一点面白いのは、SUPERMANやGREEN LANTERNを子ども扱いしているところかな。

次号ではGREEN LANTERN ことHal Jordanと対決するみたいだ。
0

2008/1/12

純こくラーメン西麻布ずんどう屋(4回目)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区西麻布3−20−6
2008/1/8

去年の2月に行って以来の訪問。今回は基本に戻って「あっさり醤油ラーメン」600 yen + ライス 50 yenを注文した。最初に行った2004年に基本の「醤油」を注文してなかったんだな。

具は、しなちく、青葱、揚げた大蒜、なると、のり、チャーシュー×1。チャーシューは、箸でつつくとくずれるくらいの固さ。昔はもっとチャーシューが厚かったな。

麺は細麺。今は太いのと細いのと選択できるみたいだ。細くても美味しい。

スープは魚介としいたけがベース。他はわからない。安心の味。行ってよかった。この店は本当にはずれがない良い店。

ご飯にはザーサイがついているくらいがちょうど良い。前にも書いたけど、100 yen追加してチャーシュー飯や、めんたい飯にしなくても良いな。そう言えばこの店の六本木通りをはさんで向かい側の「ラーメン隊六本木店」がつぶれてた。その店独自の味を前面に出してないとラーメン屋の生き残りは難しい。
0

2008/1/5

X-MENその24  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
Arc, “Messiah Complex”が始まった。第1話は通常のシリーズではなく一発もの。画はMarc Silvestriが担当。いつもながら良い仕事してくれる。そしてUncanny X-MEN 492号(写真)が第2話。Mr. Sinisterが指揮しているMutants集団, Marauders がアラスカでMutant毛嫌いしているPurifiersと対決、その結果罪もない赤ちゃんが殺されてしまう。これ以上は語らないけど、筋書き自体が面白い。Uncannyの筋書きを担当しているのはCAPTIAN AMERICAを殺してしまったEd Brubakerだ。さすがだ。あと気になっている点は、Professor XとCYCLOPSことScott Summersの信頼関係の亀裂が広がり続けているところかな。

Uncannyの画はBilly Tan。前にも書いたけど、あまり好きな画家ではない。Uncanny X-MENの長い歴史の中で、Billyより嫌いな画家はいるけどね。表紙のDavid Finchはすごいね。

玉に傷なのは、いつも買っていないNew X-MENにも話が続く点だ。買っちゃおうかな。
0

2008/1/3

恵比寿天下一(南青山店?)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区南青山2丁目2−3
2007/12/26

正月休みが長いのは良いけど、ジムも休みで体がなまる、太る。さて、2007年最後の訪問は、先々週見つけたこのお店。完璧中華屋。ラーメン専門店じゃない。ラーメンのBLOGを読むと恵比寿には天下一はないらしい、あの「無双」も天下一グループらしい等、なるほどという薀蓄があった。今回はちょっと高いと思ったけど、ネーミングに惹かれ「ホンコンラーメン」800 yenを注文。

具は、キャベツ、ニンジン、筍、ビーマン、きくらげ、玉子×1、豚コマ。玉子はちゃんと中身がオレンジ。スープの味が強すぎて、味が染みこんでいるかは確認できず。

麺は中くらいの太さで、玉子縮れ麺。固めで注文したので問題なし。

スープは醤油味なのだが、上記野菜等を味噌炒めにしたものが上に乗っているため、味は醤油と味噌がまじりあっている。決して悪くはない。

それにしても、何で「香港」なのか。香港で1年暮らしたけど、香港ラーメンというものに出会ったことないし、このネーミングはイメージ先行の商品だな。野菜はたっぷり取れるので注文しても良いか。後でわかったけど、ここはジャンボ餃子が売りの店らしい。次回はラーメン等注文せず、そっちで行こう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ