2010/3/28

CAPTAIN AMERICA 10  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
先月に引き続きCAPTAIN AMERICA (以下“CAP”)。ようやく、ミニシリーズCAP Rebornが大団円となった。画像はその最終話6号の表紙。実はこの画は裏表紙まで合わせて3枚の画が一つになっていて、CAPの在籍するAVENGERSの面々が描かれている。こういう曼荼羅のような画は大好きだ。惜しむらくは曼荼羅が大得意のAlex Rossが描いてない点だな。中身も担当しているBrian Hitchがこの画を描いている。一つ一つの画は悪くない。構図がもう一歩だ。それからインクを入れている人の技量もベストではないな。

筋書きをEd Brubaker、インクをButch Guiceがそれぞれ担当。

2007年の4月に書いたのだが、初代CAP(= Steve Rogers)は死んだことになっていた。しかし、実際の彼は、現代からタイムスリップして、彼の過去を再度経験し直していた。Rebornの4号ぐらいまでは、第二次世界大戦や、氷の中に閉じ込められた後に蘇生してから英雄集団AVENGERSでの大活躍が中心の展開。そして、過去に飛ばされたSteveは、AVENGERSの一員でアンドロイドのVISIONにメッセージを託す。現代のCAPの仲間達が、そのメッセージを受けて、ナチスの生き残りで、今はロボットの中で生き残っているRed SkullからSteveを助け出す。

途中でRed SkullにSteveの肉体は乗っ取られちゃう。こういったヒーローが、意図せず悪事を働く話は好きじゃないね。例えば、映画SPIDER-MAN 3もそう。ちょっと違うけど、水戸黄門の偽黄門もそうかな。もちろん最後は正義が勝つんだけど。Rebornでもご多分に漏れず最後には宿敵Red Skullが倒される。最後の方の展開は面白いな。Red Skullの娘Sinが戦いの中で重い火傷を負いRed Skullのような顔になっちゃうところだ。怖いね。もしかして、彼女の肉体をRed Skullが借りているかもしれない。それにしてもSteveはCAPとして活躍しないのかな。それはそれでつまらんな。

ちなみに、Rebornの5号の表紙をJohn Cassadyが描いていて、その表紙の方が6号のものより数段かっこ良い。
0
タグ: Reborn

2010/3/27

洋食とんかつ フリッツ  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
千代田区永田町2丁目13−10 プルデンシャルタワー1F
2010/03/24

赤坂シリーズ第37弾ぐらい。Googleで赤坂、ラーメンをキーワードに検索した結果、洋食屋のラーメンっていうキャッチコピーが気になりこの店を選択した。ラーメンは販売時間が変更になるとのとの告知があり、別の店に行こうとしていたのを急遽やめて、この店を訪問した。「支那そば(塩)」800 yen、ライス100 yenを注文。

具は、シナチク、白葱、青葱、カイワレ大根、なると、玉子×1/2、ノリ×1、チャーシュー×3。チャーシューはきっととんかつに使うのと同じロースでしょう。(ロースの場合ちゃんと脂身があるのが基本。)厚切り3枚は嬉しい。玉子は中身がオレンジで味もしっかりついている。合格。

麺は、普通の太さの縮れ麺。もちもちしている。ここは、かろうじて、及第かな。

スープは「醤油」か「塩」の選択制。お店の人に聞くと、この日は、「塩」が良く出ているとのことで、そちらを選択した。鶏ガラスープ。大蒜の香りが微かにするのは気の責か。ユズの小片が入っていて、その香りの方が強い。

赤坂の外堀通り沿でこの値段は仕方がない。しかも、チャーシューの盛り方は気前が良い。だからこの値段でも許しちゃうね。本当はこのラーメン、この店の裏メニューだったのが、評判が良かったので、本メニューになったのかもしれないな。良かったこの店で食べられて。美味しかったです。ラーメン専門店もうかうかしてられないね。
0

2010/3/22

武心  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
世田谷区赤堤5丁目26−8
2010/03/20

3連休なので、おまけに、ラーメン。この店は、下高井戸の日大通り沿い、それもかなり日大寄りにある。この場所は何回か代替わりしている。新しい店になり、表に開化楼の麺の箱が置いてあるのを見て、いつか行ってやろうと思ってた。この日に長男を連れて訪問。今回は、「つけ麺」750 yen、味玉 100 yenを注文。新発売の「塩」の「つけ麺」にした。

具は、甘めのシナチク、白葱、チャーシュー×1。100 yenで追加した味玉は、かなりしっかり味が付いている。チャーシューは、バラ肉。この値段だったら、普通の大きさかな。

どうやら2種類あり、「つけ麺」の麺は、開化楼の麺。中太の麺はつけ麺では王道かな。ちなみに麺の量は並200 g、中300 g、大400 g上記の値段でどれを選択しても全部同じ値段。普通の人は「中」で十分でしょう。

スープは、豚骨もしくはチャーシューを茹でたものに魚介をミックス。少しだけ甘くして唐辛子で味をしめている。かなり好き。「塩」つけ麺侮りがたし。

他人事ながら、気になったのは席数。20席はあるんじゃないかな。この席数を満員にするのは結構大変だな。まだまだ店の知名度は低い気がする。それから、「茶飯」を無料でサービスしている。早く言ってほしかった。麺を「並」にして、「茶飯」という選択もありだと思うね。今回は注文しなかったけど。
0
タグ: 下高井戸

2010/3/21

DARK TOWER その32  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
DARK TOWER(以下“DT”)のBattle of Jericho Hillはもう既に3回目。あと2回で主人公Rolandの仲間達が全滅してしまう。今回の表紙も本編の画を担当しているJae Leeが描いている。無精ひげのRolandも良いね。成長した感じが出ていて。おまけとして、アメコミ版DTに掲載された昔の画が再度紹介されている。どれも傑作ばかり。中でも好きなのは少年時代のRolandとその仲間達がペットの鷹を腕に乗せているシーン。少年達の初々しさ、凛々しさ、そして先入観が入っているけど、決して幸福には暮らせない彼らの運命が一枚の画に描かれている。すばらしいの一言。Aileenの画も良いのだが、Aileenの画で一番好きなのは、このBlogでも書いたDT Treacheryの2話(2008年の年末)の表紙。
http://green.ap.teacup.com/amecomitoramen/424.html
男尊女卑の時代なので男性しかなれないGunslingerに憧れるAileenの表情がすばらしい。

筋書きRobin Furth、台詞Peter David、彩色をRichard Isanoveに変更なし。

壊滅したRolandの故郷Gileadの生き残りが、何とか反撃に出ようとするが、仲間の一人Randolphを魔術師Martenが裏切りに走らせる。Gunslingerではないが、何とも憎めないそして不思議な能力を持つSheemieがRandolphに騙されてMartenの手に落ちるところで物語りが終わる。

今回のハイライトは狂信者の手に捕まった市民をRoland達が救出するシーン。Rolandの合図で空中につるされた檻の縄をRolandの仲間が射撃する。おそらく狙い違わず銃弾で切り落としたのは、前述の女性Gunslinger、Aileenなのだろう。彼女の満足感に満ちた表情が良い。

もう一つのオマケは、筋書き担当RobinによるBlue Face Tribesmenの話だ。こいつらは前号で出てきたGeneral Grissomの部下だな。
0
タグ: Stephen

2010/3/20

七重の味の店 めじろ 代々木店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
渋谷区代々木1丁目58−7
2010/03/16

一昨年の暮れに訪れたきりになっていた代々木の名店を再度訪問した。今回は「塩ラーメン」セット 900 yenを注文。セットには「タレ焼ポークめし」が付いてこの価格。

具は、シナチク、白葱、青葱、ノリ×1、チャーシュー×1。チャーシューは、小ぶりながら味がしっかり付いている。単品で750 yenを考えたら、この大きさでも良いかも。

麺は、普通の太さのストレート。黄色い玉子麺。量的にはそれ程多くないが、この量であれば、夜ご飯まで我慢しても良いぐらいか。

スープは、魚介出汁香るすばらしいもの。一昨年に食べたこの店の「醤油」も評価が高かったけど、「塩」もGood。スープの量はそこそこあるのにもかかわらず、あやうく、全て飲み干すところだった。

オマケの焼ポークめしは、ご飯にタレがかかってない方が良かったな。チャーシューへの味付けだけで十分ご飯は食べられる。チャーシューが美味しい。

次回は「煮干しラーメン」に挑戦しよう。

そう言えば、昔からの友達がMixiで、喜多方ラーメン坂内・小法師の「青唐うま塩ラーメン」の感想を書いていた。やつも「塩」好き。スープの味がそのまま味わえるところが良いんだよね。
0

2010/3/14

New Mutants その03  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
少し間が開いたけど、NEW MUTANTS(以下“NM”)について書こう。NMの9号。画像は、その表紙。相変わらずAdam Kubertの画がものすごく良い。NMのメンバーの一人MAGIKことIllyanaの勇姿だ。本編の画の質がもう一歩な時でも、Adamの表紙で本当に救われるて来たね。

筋書は引き続きZeb Wellsが担当し、中身の画をPaul Davidsonが担当。8号までの画がもう一歩だっただけに、9号のPaulの画には期待が出来る。特に良いのが12頁目(これまでの粗筋の頁を入れて)のIllyanaとEmma Frostの会話のシーン。冷静なEmmaと人間の体と悪魔(Belasco)の手下の心を持つIllyanaの表情を上手に表現している。

冒頭の導入部(この表現はRedundantか)のシーンを最初理解できなかったが、最後まで読むと納得する。Limbo(忘却界)Travelersという一回死んじゃった戦士の集まりが戻って来たってシーンなんだね。しかし、そいつらがどうしてNMを付け狙うのかがわからんな。狙いはIllyanaか。

蘇りと言ったら、NMの昔からのメンバーDougも前回までの話で蘇った。X-MENの昔からの敵役Seleneの手によってね。最初は悪に操られていたのでNMのメンバーMAGMAを瀕死の重傷に陥れたのだが、意思を持つ機械WARLOCKのおかげで元のDougに戻った。正確に言うと、かれのミュータントとしての力(あらゆるものの言葉を理解できる力)はさらに強くなったらしいけど。戦いにはあまり役立たないけどね。
0

2010/3/13

満来  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区西新宿1丁目4−7
2010/03/09

この日は、わざと新宿での会議をお昼近くに設定し、新宿でラーメンを所望した。2〜3ヶ月前にこの店が開店しているのを発見したので、前から行きたかったんだよね。それから、会社の同僚からの評判も良かったんだよね。この日は、再び冬に逆戻り。そこで温かい「ラーメン」 850 yenを注文。

具は、シナチク、白葱、ホウレン草、ノリ×1、チャーシュー×1。チャーシューは分厚いロース肉だと思う。これは嬉しい。

麺は、平打ち。普通の量の1.5倍。かなり量が多いな。だけど、楽々完食。夜までお腹が減らない量に満足。

スープは鶏ガラ。まろやかな味。醤油がききすぎてなく丁度良い。ネットではこのスープを薄いという人もいるようだが、このまろやかさは、このぐらいが丁度良い。もう趣味の問題だな。

周りを見渡すと男ばっかり。量に惹かれて来るのかな。それから、「ざる」ラーメンを注文している人が多い。この寒いのに7割ぐらいは「ざる」を注文しているイメージ。次は絶対「ざる」にしよう。麺の量の多さとスープの味は、永福大勝軒を髣髴とさせる。味は「永福大勝軒」の方が脂っぽいと思うけど。

この店が入っていたビルが建て替えられる前にあった「満来」ではたらいていた人は、近くで「ほりうち」っていう店をやっている。そこは、2年半前に訪問済み。
http://green.ap.teacup.com/applet/amecomitoramen/322.html
この「満来」との関係はわかりません。
0
タグ: 西新宿

2010/3/7

SPIDER-MANの64  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
ここのところ1ヶ月に1回のペースでSPIDER-MANの話をしている。今回は、The Amazing SPIDER-MANの617号〜619号について。画像は619号の表紙。最初は617号のRhino(サイ男)の表紙にしようかと思ってたんだけど、619号に変更。なんとなく、617号のRhinoの顔が怖いのが一つの理由。後は619号のデザインが良かったからだな。ページ全体が血塗れたデザイン。一昔前のComics Code(アメコミ業界独自に暴力、残虐、性描写を厳しく規制した制度。数年前にMarvelがこの規制から脱退。)があったら絶対許されないシーンだな。

まず、617号。この号は一話完結。筋書をJoe Kelly、画をMax Fiumaraがそれぞれ担当。Maxの画は、ちょっと質的に前月に比べて劣るな。あまり好きではない。話はというと、新しくできた恋人のために犯罪から足を洗ったRhinoのところに、二代目のRhinoが登場。SPIDER-MANは、二代目を倒そうとする初代を説得してやめさる。

続いて618号、619号。筋書きをDan Slott、画をMarcos Martinが担当。血塗れた表紙もMarcosのもの。何回かこのBlogで書いているけど、Marcosの画は良くない。人物の輪郭が「なすび」みたいだ。画も平面ぽい。例えるなら、1960年代から70年代にかけて活躍したJohn Romita Sr.の画を真似た小学生の画だ。唯一救いなのは、彼のデザイン力。マフィアの死体の山の上に立つSPIDER-MANと血塗れたロゴが良すぎる。それにしても、月に3回発行するのは厳しいな。筋書き、画両方の質を一定以上に保つのは相当難しい。

一方話の方と言えば、SPIDER-MANことPeter ParkerとMary Janeの結婚が「ちゃら」となってから登場した悪役Mr. Negativeが率いる中国マフィアと、サイボーグヤクザSilver Maneの抗争に、もう一人の悪役Mysterioが火に油を注ぐ内容。Mysterioは元々ハリウッドの特撮担当。今回はマフィアの幹部の死を特撮で演出したり、死体は実は死んでいなかったりと何が嘘で何が真実なのかがわからなくなる。この辺りの演出は面白い。それから、最近Peterとの仲が接近している警察の検死官Carlie Cooperの性格付けがどんどん深まってきていて、良いね。キャラクターってのは回を重ねないと魅力が増さないからね。Carlieの若い頃の回想シーンでは、Peterのよき理解者であったCaptain Stacy(既に死亡)が登場している。昔からのファンへの大サービスだね。
0
タグ: Brand-new

2010/3/6

ラーメン秀  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区赤坂2丁目17ー58福住ビル1F
2010/03/02

約5年振りにこのお店を訪問。この店は豚骨ラーメン屋さんの中で恐らく一番好きな店。もっと早くに行けば良かった。今回は、「ラーメン」700 yen、味玉50 yen、ご飯50 yenを注文。

具は、青葱、キクラゲ、玉子×1/1、チャーシュー×2枚。以外とシンプル。玉子の中身は、オレンジで、中心部は液状。半分に切らず、丸ごと出てくるので、この状態でも良い。(つまり中の黄身がスープにこぼれるのが嫌。半分に切られていなければ、こぼれるリスクが減る。)チャーシューは5年前と変わらず2枚。かなり歯応え重視のバラ肉だ。ちょっと前回と感想が違うな。

麺は、博多のストレート細麺。量が多くない。今回はご飯で対応したけど、替玉150 yenでも良いね。

スープは、当然の豚骨。添付画像でわかるか自信がないけど、背脂がこれでもかと入っている。その結果スープが冷めにくいんじゃないかな。どちらかと言えば、前回食べた「黒玉」のスープの方が好き。味がはっきりしているからね。もちろんこのスープも豚骨の臭みがなく十分美味しい。

メニューに付け麺を発見。次回はそれにしよう。
0
タグ: 赤坂



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ