2011/2/27

DARK TOWER その40  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
3ヶ月振りのDARK TOWER (以下"DT”)。待ちに待った最新シリーズ。(ちなみに、前回は、http://green.ap.teacup.com/amecomitoramen/568.html )
The GunslingerのArc(複数話完結の話)、 The Little Sisters of Eluriaがいよいよ始まった。筋書きをPeter David、彩色をRichard Isanoveがそれぞれ担当。今回から画をLuke Rossが担当する。これまで筋書きを担当していたRobin Furthは、一歩後ろに下がって原案とコンサルに徹するみたいだな。もしかしたらこれまでもほとんどの筋書きはPeterが担当していたかもしれないな。

Lukeの画は期待した通りの出来栄え。添付画像のSlow Mutantsに押さえ込まれる主人公Rolandの姿が良いね。中の画は1コマ1コマ丁寧に書かれていて好感が持てる。彼の描くSlow MutantsはStephen Kingの小説の中で登場するイメージ通りだな。どこか間抜けで、どこか狡猾な。そしてSistersの正体をのっけから登場させているところも奇抜で良いな。小説ではだんだんと不気味な彼女たちの正体が明らかにされていくのに対してね。

The Little Sisters of EluriaはDTの小説では珍しく短編。Everything Is Eventualという短編集に入っている。DTの小説の中でも第4弾Wizard and Glassに次いで好きな小説。既に話を知っているので、どうやって画像にしていくかという技術的なところの興味が行くな。この漫画では、小説では寡黙なRolandに独り言をしゃべらせて、状況説明させている。面白い。

今回今更ながら感動したのは、絵本のような豪華な仕上がり。$3.99という価格は、SPIDER-MANと同じだけど、DTの方は広告も入っていないし、表紙も厚い良い紙を使用している。お得度感が高い。もちろん話の面白さが備わっているからこそ、このお得感が感じられるのだが。それがなければただの画集だね。
0

2011/2/26

つけめんTETSU六本木ヒルズ店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー B1F
2011/02/22

つい最近開店したこのお店を訪問した。品川のTETSUには随分昔に行ったことがあるな。品川では「付け麺」を食べたので、ここでは、「中華そば」750 yenを注文。ついでに、「味玉 」100 yenもね。

具は、シナチク、白葱、カイワレ大根、ナルトにチャーシュー×1枚。チャーシューは、箸を入れるとくずれるくらいのやわらかさのバラ肉。超厚切り。甘めに味が付けられている。スープの味に負けない良い出来だと思う。玉子は黄身がセミ半熟。もう少し固いほうが好みなんだけど、味がしっかりでgood。備え付けの揚げた葱は最後に試してみた。香りがあるので、最初は入れないのがお薦め。

麺は、普通の太さ。付け麺の極太麺ではなかった。出て来た段階で、アルデンテ良いね。

スープは、煮干しと動物系のダブルスープ。店内に広がる煮干しの香りがそのまま丼に入って目の前に出された。嬉しい。ほとんど完食状態。やはり冬は温かいラーメンの方が良いね。会社に帰る途中も口の中に煮干の香りが残っていて良かった。

少し暖かくなったら、この店で「付け麺」を食べよう。
0

2011/2/20

SPIDER-MANの79  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
漸く今週アメコミが御用達Milehigh Comicsから到着した。待たせるね。大体Coloradoから発送されてから1ヶ月以内に到着するのだが、今回は1ヶ月半ぐらい経過したな。

今月もまずはSPIDER-MANから読み始めたね。今月はなんとAmazing SPIDER-MAN("ASM”)は1冊のみ発行。月に2冊発行となっていたはずだが、筋書き担当のDan Slottが早々にスランプ(小説家等のスランプを英語でwriter's blockって言うんだよね。)に陥ってしまったのか。

添付画像は今回到着のASM 650号の表紙。ネットで話題になったので、知っている人は沢山いると思うけど、 SPIDER-MANの新コスチュームだ。彼はこれまでも何回かコスチュームのデザインを変更している。Marvel Comicsの販促作戦の一環としてね。一番有名なのは、1980年代中頃の黒いコスチュームへの変更だ。映画 SPIDER-MAN 3でも使われたエイリアン・コスチューム(Symbiote)だね。それ以降も1990年代後半のIdentity Crisis事件ではなんと4種類のコスチュームで登場。長続きしなかったけどね。それから最近ではCivil Warの時にTony Starkの開発したコスチュームを着ていたな。黒いコスチューム以外は、長続きしなかったけどね。今回のコスチュームはSPIDER-MANことPeter Parker自身の作。今回のコスチュームは、ステルス機能付き。手や足の先が光っているのはPeter自身も自分の目で手足を見られないと困るための工夫。他人からは見ることはできない。Peterの科学の非凡な才能が花開く展開には個人的には大賛成。ちょっとステルス機能は行き過ぎだけどね。

画の担当は前回から引き続きHumberto Ramos。前回文句を言っているので、今回は書かない。インク入れ担当は複数の人が担当しているようなのだが、新コスチュームのシーンのインク担当の人が良い感じだな。Humbertoの画に合っている。

内容の方は、新Hob GoblinがPeterの就職先の研究所から開発中の金属を盗み出す。その際SPIDER-MANはHob Goblinの新兵器に苦しめられコテンパンにやられてしまう。前回書いたJokerの笑いのパクリHahahaは、相手の動きを封じ込める新兵器だった。なるほどね。そこで新コスチュームの出番というわけ。

今回気に入っているシーンは、SPIDER-MANのコスチュームから着替える途中に同僚に入ってこられた際のPeterの演技かな。裸で研究作業をしているフリをしているところ。Peterの上司が "Every scientist has their eccentricities."(どんな科学者だってちょっと変わってるんだよ)と言ってのんきに構えているのも良いね。それから、もう一つは、Peterの新しい恋人、Carlie、元カノMJの間の恋の鞘当て。そして、電話越しながら、もう一人の元カノBlack Catが嫉妬しているところだな。MJやBlack CatはまだPeterに未練があるのかな。MJはともかくやBlack Catの未練はどうも過去の話から考えて筋が通らないけどね。
0

2011/2/19

清勝丸  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
世田谷区宮坂2−19−1

2011/2/13

この日は野暮用があり、会社を休んだ。そんな時のお昼は当然のようにラーメン。本当は経堂の別の店を狙っていたのだが、生憎昼間はやってなかった。予備にとっておいたもう一軒の店も休み。年末が休みなのはわかるが、こんな普通の日まで休みとはね。そんなわけで、控えにとっておいたこの店を訪問。「つけめん」700 yenを注文。並盛り、中盛りとも同じ値段。

具は、白葱、シナチク、ナルト、ノリ×1枚、チャーシュー×2枚ぐらい。ナルトは「つけ麺」には珍しいかな。(池袋大勝軒のそれには入っていたかな?)チャーシューはバラ肉。結構厚切りなのに、短冊切りになったものが沢山入っている。

麺は、断面が正方形に近い長方形で極太の縮れ麺。店内が暗いせいもあるかもしれないが、茶色がかっている。最近の流行かもしれないけど、「つけ麺」には極太が合うね。中盛りは300 g。ちょうど良い。

スープは魚介と豚骨のダブルスープ。ノリの上に魚粉がのっけられているタイプ。魚粉に頼らなくてもスープ自体に魚の香りがしており、好印象。好きだな。玉に瑕なのは、スープ割をたのんだものの、ポットにその割スープが入っていたことかな。ただし、18人は座れる店内が満席になった時、いちいち丼をもって厨房に行って戻ってくるというのも現実的に難しいと思うのでいたしかたないかな。

全体的には700 yenでこれくらいの品質ならびに量が出てくるのはお得感があるな。心残りなのは、玉子が入ってなかったこと。追加で注文すれば良かった。
0
タグ: 経堂

2011/2/13

マーベル・キャラクター大事典  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今週も御用達Milehigh Comicsから漫画が到着しないため、レギュラータイトル以外のネタ。今回は、マーベル・キャラクター大事典。添付画像の帯に書かれているコピー「小野耕世氏大絶賛」は笑える。1970年代からのアメコミファンだったらわかるね。

小学館プロダクションからこの手の本が発売されると必ず買うことにしている。理由は欲しいからというより、買わなくて後から後悔したくないから。我ながら後ろ向きだな。定価は4,935 yen、高い。去年の7月に発行されたものなのだが、今日ヤフオクで売り出されている金額を見てみたら16,800 yenになっていた。高い。

キャラクター大事典ていうくらいで、ABC順で並べられたキャラクターの解説が掲載されている。執筆者はMarvel Comicsの元編集長のTom Defalco他多数。特にあまり読まない雑誌(昔のAVENGERS、FANTASTIC FOUR他X-MEN、SPIDER-MAN以外のタイトル)の歴史は知らないことの方が多い。「そうだったんだ」って思う記事は結構ある。 知らないキャラクターも多数だね。4,935 yenの価値は大有り。一人一人の記事をちゃんと読んでいたら、ものすごい時間がかかる。正直まだ読み終わっていない。

野口悠紀雄先生によると本には索引がなければいけないのだが、ちゃんとこの本にも索引がある。これは便利。時々このBlogを書くときに参考にする。

難を挙げるとすれば、画にばらつきがあること。表紙の画もあまり上手くなくて、正直好きじゃない。総じて過去に掲載された画を転載する場合は好ましい画が多いのだが、この本のために描かれた画は良くないな。一軍級の画家が描いてないからだね。あ、それから翻訳する段階で発音の仕方が違う場合もあるので注意が必要。例えばHydraは「ヒドラ」ではなく「ハイドラ」と発音するのが正しい。(確かに語源はギリシャ神話の怪物ヒドラで間違いじゃないけど。)
0

2011/2/12

無双 六本木店 (6回目)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区六本木4丁目11−9
2011/02/10

前回この店の記事を書いてから、2年弱が経過した。来週は「付け麺」が売りの店へいこうと思っているのだが、その前にどうしても「魚介醤油」を食べないと気が済まなかった。そこで、この店のことが浮かんだ。満を持して再訪。ここと外苑東通りを挟んで向かいの「光麺」は特に大好きという程ではないけど、よく行くね。今回は「煮干しらーめん」 650 yenに挑戦。このメニューが食べたかった。ランチ時間はご飯が只で付いてくる。

具は、白葱、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚。極めてシンプル。白葱は機械で切っているのかすごい薄切り。それが、結構好みだったりする。(葱は生じゃない方が好き。薄切りなので、熱が通って良い感じになっている。)チャーシューは中華の味付けだね。六本木でこの価格ながら、そこそこ大きいこのチャーシューは評価できる。

麺は、縮れ麺。固めで注文してまずまずの仕上がり。逆にこの「固め」という言葉を使わないと怖いな。

スープは、確かに煮干しの味がするけど、サービスのつもりの魚粉で折角の香りがだいなし。別に魚粉はいらない。嫌という程、煮干しの香りを堪能したかったかな。この価格設定でしかもご飯が付いて文句は言えないか。
1

2011/2/6

SUPERMANその11  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
御用達Milehigh Comicsからのアメコミの到着が遅れているので、今回は、先日到着した。Smallville(以下 “SV”、邦題ヤング・スーパーマン)のDVD 第6シーズンについて。昨年の暮れに続いてのSUPERMANネタだね。おいらは基本的に廉価盤になってから、DVDを買うことにしているので、日本でも、もう既に第6シーズンを観ている人は結構いるかもしれない。

まずはもったいないので、第1話目(Season Premiere)だけを先に観た。今回のSV Season Premiereでの見所は2つ。一つは、映画SUPERMANで登場したPhantom Zone(江戸時代の八丈島みたいな存在)が重要な役割を果たすところ。そしてこれも映画SUPERMANで登場したFortress of Solitude(孤独の要塞)が登場するところ。映画のシーンに影響を受けたことは一目瞭然。テレビでよくここまでのセットを作ったな。ファンへのサービスでもあるな。

第5シーズンの最終話で、カンザス州スモールヴィルに多数の隕石が飛来する。主人公Clark Kentの故郷惑星Kryptonから来たものだ。その隕石群と同時にとんでもないやつらも出現する。Zod将軍とその子分たちだ。彼らは、地球上ではClarkと同じ力を持つ。だからものすごくやっかい。ちょっとつまらないのは、子分たちがあっけなく、Phantom Zoneに送られちゃうところかな。戦闘シーンだけでも、もっとわくわくするようなシーンができると思うけどな。

今回はLois Laneの従姉妹でClarkの大親友Chloeが、Clarkの正体について気がついていたことがClarkに明かされる。Clarkの大好きなLana Langを差し置いてね。Lanaって言えば、Lanaにはもう隠し事は作らないとか、またClarkは約束しちゃうわけだが、なんでそんな守れもしない約束をするのかね。

Zod将軍の子分(名前は謎。もしかしたらEnding Creditでわかるかもしれないけど)が簡単に片づけられちゃったのと同時にもう一つ解せないことがある。Phantom Zoneへおくられた直後にClarkのSUPERMANとしての力を失っちゃうところだ。Clarkは親父さん(本当の)の責だとおもっているみたいだが、本当にそうなのか。

お、それから、Zod将軍の登場シーンは結構格好良かった。これは観てのお楽しみかな。
0
タグ: Smallville

2011/2/5

我流旨味ソバ地雷源中野本店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
中野区中野2−28−8
2011/01/29

この日は、午前中新中野で用事があり、その後はジムに直行の予定。当然のごとくお昼ご飯はラーメン。「ラーメンバンク」でクィック検索の結果この店を発見したので、早速訪問。「塩の旨味ソバ 」750 yenを注文した。

具は、シナチク、青葱、ノリ×1枚、チャーシュー×2枚。
シナチクは、繊維と同じ方向に細長く切ってあり、竹の節が分かる趣向。チャーシューはバラ肉で、比較的厚く、甘めに味が付けてある。素直に美味しい。

麺は、断面が正方形の平打ちで細めの麺。結構量がある。固めで茹でてもらうよう頼んだのだが、あっさり断わられてしまった。茹で時間をがっちり守っているんだね。もう少し固くても良かったな。

スープは、鶏ガラに貝が入っているな。その香りに負けて、完食してしまった。「旨味」の名に恥ないスープの出来だと思う。塩味にして良かった。

開店直後に入ったのに、そして土曜日の朝なのに、お客さんがどんどん入店、10席強の椅子が、あっという間に埋まってしまった。「ラーメンバンク」のアプリで検索した店の中では、星が沢山ついていた。その理由がわかる店だな。この店、昔初台にあった「我流ラーメン」と関係あるのかな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ