2014/1/26

新しいMarvel Knightsシリーズ、X-MENの出だしはまずまず  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

SPIDER-MANだから、X-MENだからってことで、買ったMarvel Knights SPIDER-MANとX-MEN、今回はX-MENに焦点を当ててレビュー。ちなみにMarvel Knights SPIDER-MANは正直よく意味がわからない。日本人だからってことじゃなくて、アメリカ人も何が面白いのか理解できず苦しんでいるようだ。


粗筋を手短に。新しく生まれたミュータントの殺害シーンをX-MENの一員Rachelがテレパシーで察知する。その場所を特定するとウェスト・バージニア州とカンザス州との州境にある小さな町。そこへ、WOLVERINE、Kitty、ROGUEが向かった。そこで、その町の麻薬、武器取引をする地元民、保安官、新しく生まれたミュータントと対決するという展開。

さて、このMarvel Knights X-MEN(”MKX”)、表紙を見た時は失敗だと思った。あまりに地味で、画もおいらの好みと正反対。ちなみに、筋書きと画をBrahm Revel、彩色をChris Peterが担当。BrahmとChrisの画が地味過ぎるんだよね。

しかし、話は悪くない。話の展開方法は、まさに弱虫クルッパー(原題Scooby-Do)のそれだ。だから、Chrisの彩色が暗かったんだ。最初の2号では何が真実か虚構かはわからなくなっちゃう場面もあるが、弱虫クルッパー風の話に救われる。もしくは、Steven Segalの映画かな。

いつものように、好きなシーンを紹介。仮想現実を作り出す新しいミュータントの一人Darlaが面白いな、相手の記憶の中から材料を引き出して、仮想現実を作り上げていくんだ。また、Darlaの仮想現実を作りだす力を止める方法が自らを傷つけること。残酷なんだけど、妙に現実味がある。

現実味と言えば、まだ二十歳にも満たないミュータントが、麻薬に溺るなんて設定もアメリカ的には現実味があるのかな。(最近では日本でも不思議ではないのかもしれない。)また、麻薬がミュータントの力を増幅させているようにも読める。

気に食わない点もある。まず、新しいミュータントの一人Darla。最初男か女かわかんないよ。Brahmの画力がもう一歩だな。

あ、それから、MKX 2号での仮想現実のSabretoothとWOLVERINEの対決。絶対WOLVERINEはSabretoothが現実のものではないとわかるはず。最初からね。途中から臭いが云々と言い訳しているけど、もし仮想現実に臭いもついているんだったら、WOLVERINEはそれが偽物であることを見抜けないはず。自ら作った設定が首を絞めている。

このMarvel Knights (“MK”)とは一体なんなのか。昔のMKシリーズの対象読者はどちらかと言うと漫画を読む世代での中では、少し上だったはず。しかしだ、X-MENの対象読者は元々SPIDER-MANと比べ高かったはず。さらにMKを加える意味があるのかさっぱりわからない。
0

2014/1/25

アメコミ小売店勝手格付更新(2014/1/25現在)  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

下記の通り、アメコミ小売店の勝手格付を変更します。
Mailorder Comics  CCC

昨日、Discount Comic Book Service(DCBS)なるところより、Mail Order Comicsで注文した商品の発送は1月24日付(日本時間)で全てDCBSが取り扱うとの第一報メールが来た。何が起こっているのだか、わからないけど、Mail Orderでの注文は控えた方が良いでしょう。
DCBSに乗り換えるかは、検討中。

自らもここで注文したのでショックでかいです。さて、過去注文したものは、どうなることやら。もう、こういうの二度目なので腰を落ち着けて待つことにする。もしこの記事を読んでMail Orderで注文した人がいたら申し訳ありません。


格付け 参照番号 小売店名
A 2) New England Comics
A 3) Midtown Comics
A 4)    My Comic Dot Com (Lone Star Comics)
A- 5) East Coast Comics
BBB 6) Milehigh Comics
CCC   1) Mail Order Comics
0

2014/1/25

最後のスープ割りは絶対試した方が良い、つけめんTETSUの「つけめん」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

Facebookで載せられた知人のつけ麺の記事に触発されて、非常に「つけ麺」を食べたくなったので、それが売りのこの店を久し振りに訪問することにした。今回は、基本の「味玉つけめん」 900 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、カイワレ大根、ナルト、玉子×2/2、チャーシュー×1枚。味玉の黄身は固まる寸前で、最近の好みの状態。それにしても、ラーメン屋さんの玉子はきれいにむいてあるな。チャーシューはきざまないで、厚切りのものが丸ごと1枚入っている。今回はカイワレの効きが非常に良かった。

麺は、極太、茶色のいつものやつ。大盛り、300 gと聞いていたが、今日はちょっと多く感じた。この麺スープによく絡むな。食べ終えた時にはスープの量が寂しかった。

スープは、豚骨かつお魚介。甘みはあまりなく、すっきりとした味。品川で食べた時も感じたけど、甘さとしょっぱさのバランスが良いな。柚子がスープの底の方に沈んでいたのが、惜しい。

スープ割りのスープは鰹の香り高く、絶対試した方が良い。
1

2014/1/19

過去から来た若きX-MENの再出発  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

All New X-MEN(”ANX”)18号、19号を読み終えたので、レビュー。

ANXの筋書きBrian Michael Bendis、18号の画をStuart Immonen、19号の画をBrandon Petersonが担当。添付画像は、ANX 18号のもの。わかり辛いので反対なのだが、過去から来たX-MEN達のコスチュームが変わった。その変更を表紙が示唆している。デザインとして悪くない。

粗筋。去年レビューしたX-MEN姉妹誌横断のイベント、Battle of the Atomで若きX-MEN達および彼女を指導してきたKitty Prydeは、WOLVERINE達と袂を分かち、CYCLOPS達と合流。マイアミで新たなミュータントの動きを察知し、そこへ向かう彼らとMAGIK。マイアミでは、謎のミュータントをPurifiers(だと思うけど)なるミュータントを心から憎むねじ曲がった信念を持つキリスト教信者達の集団が彼らを待つ。

いつものように好きな台詞やシーン等。またまた、ICE MANが面白い。最初にCYCLOPS率いるUncanny X-MENの基地を訪れた時の彼の台詞、”So you got a good deal on the rent.”。今は使われていない施設をただで使っているCYCLOPSに対するジョーク。何か喋らないではいられない、彼のくだらないジョークが光る。その後のKittyとの会話もユーモラスだな。

若きJean GreyとStepford Cuckoosとの諍いも良いな。Jeanの何がCuckoosの一人、Celesteの気に障るのか。ライバルという意味では、Jeanをめぐって、恋の鞘当をする予感の若きCYCLOPSとBEASTも面白い。Jeanは全然相手にしていない感じだが。

昔からの友達であるKittyとMAGIKとの再会シーンは心を和ませる。しかし、MAGIKの性格は物語を書く人によって大きく異なる。Bendisは彼女を普通の女の子として書いているな。あまり、冷たい性格を描写し過ぎると、チームメートのEmmaとキャラがかぶっちゃうからかな。

Jeanの力がどんどん強力になっていくのが、気になるな。

一方気に食わないところ。Brandonの画があまり良くないこと。Stuartの画に慣れてしまったのかな。Brandonのサイトに行くと結構良い画描くのに、ANXの中の彼の画の中には気に食わないものが散見される。例えば謎のミュータント、(X23か?)の表情とかね。あ、添付の表紙はBrandonの手によるものだが、これは良い。

マイアミの警察に殺されそうになった若きX-MEN達、過去から来たCYCLOPSは何故自分が安全だと最後まで思っていたのか。何しろ、現代のCYCLOPSはお尋ね者なんだよ。そんなこと百も承知でしょう。
0

2014/1/18

中太麺が期待以上に良かった、「代々木商店」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


渋谷区代々木1丁目58−3 田辺ビル 1F
2014/01/16


この日は、久し振りに代々木のお気に入りの店に行こうと決心。残念ながら、その店は閉店していた。急遽方向転換し、未開拓の濃厚とんこつラーメン「代々木商店」を訪問。「代々木SP塩ラーメン」 850 yenを注文した。

具は、白葱、ホウレン草、ノリ×6枚、鶉玉子×1個、玉子×2/2個、チャーシュー×3枚。記憶に誤りがなければ、シナチクが入っていなかった。チャーシューは箸を入れると崩れる程度の固さ。濃いスープに耐えうる味付け。鶉玉子ってのは珍しいね。

麺は、断面がかなり平たい長方形の中太麺。付け麺と兼用かな。この弾力、結構良いね。気に入った。

スープは、薄、普、濃の中から普を選んだが、それでも濃い。「醤油ラーメン」を選択していたらもっと濃いのかな。豚骨特有の臭みが無かったのが高評価。カウンターに座っている他のお客さんも結構塩を注文している。

価格とのっている具、品質を総合的に判断するとこの塩SPかなりお得。

ちなみに、ランチタイムの小ライスは、お代わり無料。ということは、無限にご飯を食べることができるのかな。ノリの量から考えてライスを食べた方が良かった。

お店が元気な店員さんでいっぱいなのは気持ちが良い。
1

2014/1/14

拍手コメントありがとうございます  分類なし

表題の通りです。年末から新年にかけて(それ以前にコメントしてくれた方も)、拍手コメントありがとうございます。
1

2014/1/13

映画IRON MAN 3の原作を読んでみた  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

IRON MAN 3の原作をレビュー。この本、去年の海外漫画フェスタでAdi Granovさんのサインをもらうためだけに買った。これについては、あまり納得してない。(本当は、スケッチ描いてもらいたかった。無理を承知でお願いしたけど、主催者の人に断られた。本人描いても良さそうだったよ。理由は十分理解できる。しかしな、2,500円でサインだけってのはな。ちなみに、サインは下の方に添付した画像を参照。)そんなこんなで年が明けるまで読まず仕舞いだったのだが、連休続きで暇だったのと、手元のアメコミが尽きたので、読書開始。

粗筋。この作品の題にもなっているExtrimisなるナノテク兵器が研究所から盗まれ人体実験が行われる。それを使った被験者は異常な体力と回復能力を得る。彼は、テキサス州オースティンのFBI施設を襲い、ワシントンDCに向う。それを止めるべく、IRON MANが立ち上がるというもの。

いつもの通り、気に入ったシーン等について。まずは、Adiさんの画。素晴らしいの一言。しかし、この本、薄いアメコミ6冊分なのだが、これを描くのにどんだけ時間がかかったんだろう。いくら商売とは言え、その集中力に頭が下がる。ちなみに筋書きはWarren Ellisが担当。

主人公Tony Stark(= IRON MAN)を手玉に取る秘書のおばちゃんが好きだな。設定でもう一つ好きなのは、Tonyのいるところから、IRON MANが出てくると不自然なので極力避けているところ。正体をばらさなにのは、ヒーローものの醍醐味の一つ。

SalなるTonyの師匠の指摘は興味深い。アルコール依存から抜け出したTonyは、結局アルコールの代りに、IRON MAN作りに依存しているという点。あ、ちなみに、何故Grateful Deadの曲をSalがドアベルにしているかってところが、訳者の人にはピンと来てなかった気がする。このバンド、ヒッピーを代表とする1970年代の文化の象徴みたいなバンドだから使われているんだよ。ヒッピーじゃなくても未だにこのバンドが好きな人は沢山いる。おいらはどうも馴染めなかったけど。

騒ぎを起こした真犯人は、去年映画を見た時に、ラスボスはこの人だったら良かったのにと思った人。(下記のリンクを参照。)これは個人的に正解だと思う。
http://green.ap.teacup.com/amecomitoramen/857.html

それから、ちょっとわからない点。Tonyの会社の外で、戦争に使われる武器への抗議行動をしている集団が、IRON MANの飛び立つところを見て、かっこ良いと感心するところ。IRON MANも殺戮兵器の一つでしょ。意味があってこのシーンを使っていると思うのだが、作者の意図を想像できない。

一方、気に食わないところ。映画の時も感じたんだけど、このExtrimisを撃ちこまれると超人的な力を発揮して、怪我しても治っちゃうという設定。気持ち悪い。SPIDER-MANの敵、Freakとそっくり。傷つくとさなぎの中にくるまっちゃうところもね。ちなみに、このExtrimisの発表が2005年で、Freakが2008年なので、Freakの方が模倣犯。もう一回書くけど、気持ち悪い。

それから、最後に最後にTony Starkが取った手段。自らもExtrimisを使い、敵と対等になるという選択。反対。やはり、彼のこれまでの知識を全て使って兵器を作るとか何かで勝って欲しかった。Tony のこれまでの業績は凄いとか何とか散々言った後の結果がこれではな。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/1/12

祝 Peter Parker復活、SPIDER-MAN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく今年の4月、憑依しているDoctor Octopus(”Doc Ock”)を取り除くことに、Peterが成功するらしい。その結果、Amazing SPIDER-MAN 1号として、再出発。Amazingという形容詞での再出発は2度目だ。その一方、Superiorという形容詞のタイトルも存続するとの噂もあり。さてさて、どうなることやら。取り敢えず、祝、Peter Parker復活。

さて、先月到着したThe Superior SPIDER-MAN(”SSM”)の残り23号とAnnual 1号についてもレビュー。

23号の筋書きをDan Slott、Christos Gage、画をHumberto Ramosが、Annual 1号の筋書きをChristos Gage、画をJavier Rodriguezがそれぞれ担当。Christosは最近結構Slottの穴埋めを頻繁にしている。どこまでがSlottかわからないけど、Annualの筋書きを担当しているのは安心できる。下手に世界観を壊されたくないからね。添付画像は23号のRamosによるもの。話の内容を象徴している点では良い表紙。

いつものように、筋書きを手短に紹介。SSM 23号ではベタな名前の悪人Crime Master率いるギャング団とVenomの戦いに悪のSPIDER-MAN が参戦。悪のSPIDER-MAN は寸でのところで、Venomを逃してしまう。悪のSPIDER-MAN はPeter Parkerの外面を使いFlashを騙したうえ、Venomを叩きのめすが...。 Annual 1号では、GHOST RIDERに出て来た(らしい)悪人Blackoutが、悪のSPIDER-MANとPeterとの関係を嗅ぎつけ、May伯母さんを誘拐したうえ、SPIDER-MANを脅迫する。

今回も謎のGreen Goblinの台詞回しが非常に芝居がかっているのだが、そんな中の一言。SSM 21か22号で警察官Carlie Cooperの日誌を読み込んでいるGoblinが、日誌の中に大切な章(= Key Chapter、即ちマスクの中の人物は誰かということ)が抜けているとCarlieに詰問するシーンがある。こういう言葉遊びは好きだな。

前回書くの忘れちゃったんだけど、このベタな悪人名Crime Masterは、初代HobgoblinのRoderick Kingsleyから使用権を買っている。Hobgoblinという名前の使用権も他の人間に譲っているのだが、なかなか面白い商売。Slottのプロットにしては、気が利いていて良い。

Doc Ockに憑依されたPeterの現在の彼女の背が小さいこと、(恐らく病気から)に触れ、May伯母さんが将来産まれてくる子供について心配するシーンがある。それに対し、キレやすいDoc OckはMay伯母さんに対して異常に腹を立てる。Slott自身の身近な人に対する気持ちなのかどうなのかはわからないが、ちょっと気になるシーンだ。親である自分だったら何と言うのか。

予想通りニューヨーク市長JJJは、蜘蛛殺しロボットに頼ろうとしているね。

Annual 1号の方では、画を描いているJavierの画がSPIDER-MANには合っているのではと思い始めている。見た感じBAT MAN Year Oneを描いたDavid Mazzucchelli風だ。人物を含め、1960年代、1970年代のSPIDER-MANのような画で、1990年以降の画家達とは一線を画している。もし彼が、AVENGERSやX-MENを描くのだったら賛成しないけどね。

最後に、太陽光線が苦手な悪人Blackoutに悪のSPIDER-MANが何をしたのかが不明。Doc Ockであれば、好奇心から太陽光線を当てたと解釈するべきか。

悪のSPIDER-MANが悪人Blackoutを拘束し、人体解剖を行うシーンはだめかな。昔、THORでDr. Doomが生体解剖を行うシーンがあった。Doomは魔術と科学両方を得意とするから許されるが、Doc Ock (=悪のSPIDER-MAN)がそれをすることに、説得力がない。
0

2014/1/11

なんだろう、このスープの粘度、「つけ麺らーめん半田庄太郎」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


この日は朝から午後まで虎ノ門近くで会議の連続。そんな時は定石のラーメン。前から狙っていたこの店を訪問。まずは、この店の基本メニュー「濃厚魚介つけ麺 」790 yenを注文した。ちなみに、温かいラーメンも美味しそうだったのだが、この日は冬のくせにやけに温かかったので、つけ麺が正解。


具は、シナチク、白葱、玉子×1/2、チャーシュー×3個。チャーシューは角煮風。中華っぽい香り(「八角」と思われる)がする。

麺は、。断面が正方形の極太麺。自家製麺、自家製粉。(このお店、尾張製粉というところが経営しているらしい。だから、自家製粉。)300 gで並盛りと気前が良い店だ。茹でるのに、タイマーを使っているきっちりしたお店。

スープは、トロトロしている。他の店の濃厚感って、ベジポタージュや豚骨煮込んで作っていると思うけど、ここのは、麻婆豆腐の「あん」みたい。極太麺にスープがからまりまくって、麺を食べ終えた時点でスープが空になった。すごい粘度。もし、中盛り以上だったら、スープのお代わりが必要だね。
0

2014/1/5

CockrumへのHomage、Amazing X-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

年末に届いたアメコミの中から、新しいX-MENのシリーズ、Amazing X-MEN(AMX)を選択。あ、これもしかして、終了するWOLVERINE and the X-MEN("WX”)の後継誌なのかな。登場人物、本拠地Jean Grey Schoolから出した結論。安易だ。(原稿を書いた後WX誌は別に出ることがわかった。)筋書きをJason Aaron、画をEd McGuinessが担当している。

まずは、いつものように粗筋から。NIGHT CRAWALER("NC”)は死んで天国で暇そうにしている。そこに何故か悪魔であり、NCの父親であるAzazelが現れる。そこから、天国と地獄で戦いが行われ、WOLVERINE他のX-MENが巻き込まれるという展開。

恒例の、好きな台詞やシーンを紹介。まずは、この表紙。これ、今は亡きDave Cockrumが描いた1985年の作品NIGHT CRAWALER 1号の表紙(下記にリンクあり。)へのHomage。元々このNC誌は大好きな作品。さらに遡れば、Uncanny X-MEN 153号で、Cockrumが描いたNC似の妖精、BamfがこのAMX誌で大活躍れする。1980年代のX-MENが好きな人にはたまらない作品ではあるな。McGuinessの画はそれ程好きではないが、NC 1号の表紙は良くできている。

http://www.milehighcomics.com/cgi-bin/backissue.cgi?action=list&title=60580972312&snumber=1

http://www.milehighcomics.com/cgi-bin/backissue.cgi?action=list&title=97993536520&publisher=MV&snumber=281&instock=0

もう一つのお楽しみは、FIRESTAR(画面下の手が炎になっている女性)の登場。1980年代前半のテレビアニメシリーズ、SPIDER-MAN and his Amazing Friends(SMAF)に登場するヒロインだった彼女だ。SMAFではICE MANと共にSPIDER-MANと敵に立ち向かうのだが、AMX誌で再びICE MANと共演というのも見逃せない。CockrumへのHomageと書いたが、1980年代へのHomage なのかもしれない。彼女は学校の新人先生という役回り。

台詞で言えば、やはりICE MANが一人でピエロしている。最近彼の立ち位置が非常に良い。昔からそうだったのかな。ICE MANが地獄へ行ったことに対し、違法な音楽をダウンロード行ったのが悪かったみたいな台詞がある。これ好きだな。

また、WAR BIRDの台詞もどこか滑稽で良い。二蹴りでドアが開けば、鍵をかけたことにならないとかね。

謎は結構ある。空を飛ぶ船から、もしくは天国から物理的に落ちると地獄に行くのかな。あ、それから、今のICE MANの彼女は誰なの。WAR BIRDは自分自身のことを言っているのかな。

そう言えば、X-MENの世界では、WOLVERINE達も、CYCLOPS達も若きミュータント達を受け入れる学校を名乗っているが、正規の教授や先生としての資格を持っている人いないんじゃないかな。例外としては、BEASTが博士号を持っているぐらいか。

最後に苦言。X-MENのタイトルが増加し過ぎ。そもそもWX誌は買っていないけど、やめてほしい。品質管理が難しくて、読者から飽きられちゃうよ。別にUncannyだけで十分。その代り、筋書き書く人も画家も最高峰の人達のみに担当させてほしい。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ