2014/1/4

マー油入りの「黒」が旨い、「らあめん英」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


年末は、ラーメンで締めってことで、年末営業確率が高かった下高井戸の人気ラーメン店、「らあめん英」を訪問した。経堂や渋谷にも支店があるラーメン屋さんだ。(実は、本店は経堂らしい。流石「食の発信地」、経堂だ。)

白、赤、黒とスープの選択肢がある中で、今回は「黒いとんこつ」 700 yenを注文した。

具は、シナチク、青葱、白葱、チャーシュー×2枚。博多豚骨で、キクラゲがのってないのは珍しい。チャーシューは小ぶりながら、歯応えしっかり系のもので味もしっかりついていて、スープの濃い味に負けていない。ご飯にのせても美味しそうだ。

麺は、博多豚骨の麺。量はそれ程多くない。替玉を前提とした量だな。

スープは、豚骨。マー油入りの「黒」は他店でも美味しかったのだが、ここのも香ばしい香りが素敵だ。豚骨独特の臭みがないな。これは嬉しい誤算だ。みんなこうあって欲しいな。注文して正解の味。

今日は珍しくサービスの半ライスも注文した。テーブルに置いてある、高菜をのせて食べれば、幸せ度は2割り増し。さらに幸せ度が増加したのは、生まれて初めて、備え付けの「にんにく」を入れてみたこと。勤務中の昼食では出来ない贅沢だよな。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ