2014/4/29

緑のコートと紫のセーターが!映画Amazing SPIDER-MAN 2  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

公開日翌日にAmazing SPIDER-MAN 2を観てきたので、レビュー。これアップしないと人の批評を読んだり、聞いたりできないから、さくっと。当然のネタバレ多数。観る前には読まないでください。

粗筋はこのポスターの写真に全てが語られている。しかし、この「「戦い」絶対に勝つ。」ってコピー当たり前過ぎてピンと来ないね。

気に入ったところ。今回の映画のキーワードはHope。SPIDER-MANが何故戦い続けるのかっていうraison d’etre。人々 に希望を残す。その象徴が最後の方のRhinoに一人立ち向かう少年。この少年がPeterの子供の頃と重なって、良かったな。逆にその希望を取り上げられたのが、今回の悪役Green Goblinであり、Electro。

二人の女性GwenとMay叔母さんは凛々しくて素敵だったな。この点はアメコミの中の設定とは異なる。そしておいらの好きな所でもある。

イギリスに留学することが決まったGwenが期待している言葉を伝えられない、もどかしいPeterはアメコミの設定そのまま。結構これも好き。そして、最後にPeterが伝えた解決策は原作にない素敵なもの。なるほど。

Gwenの緑のコートと紫のセーターの意味。これは原作の中では彼女の死装束。その通りの結果となったが、ファンの期待に忠実だった。中途半端な解釈ではなく良かったな。Gwenの落下のシーンはなかなか綺麗だった。

出だしの時計の歯車の映像がどうして使われたのかは良い伏線だった。最後のGwenの死の予兆なんだね。予兆と言えば彼女の父親の幻もPeterの罪の意識の為せる業というばかりでなく、Gwenを迎えに来たとも考えられる。

ということは、次回のASM 3にはMary Jane Watsonが重要な役割を担うね。

悪人集団、Sinister Six(映画化が決まっているらしい)を想定した今後への布石は良し。Rhinoも悪人集団の一員だからこそのラストシーンなんでしょう。

一方、気に食わないところ。本作も含め、アメコミ映画の公開日が近過ぎ。完全共食い状態。もっと考えてよ。

全体に編集が変。前半の時間の流れはゆっくり過ぎた。後半は良かったのだが。

その結果、悪者が目立たな過ぎ。Electroのシーンなんて短くして、もっとHarry = Green Goblinとの知能戦を長くしてほしかった。執拗な攻撃が次々とあっても良いと思うんだ。Sam Raimi版のSPIDER-MANでのGoblinの使い方が如何に優れていたかが今更ながらわかった。

以下の伏線の使い方が下手くそ。一つ目。GwenとHarryのエレベーターの中での会話。PeterにはGwenが必要みたいな台詞は、もっと効果的に使ってほしかった。(もっと明示的に台詞に現れてくるとかね。)

それから、Peterの父親の死の真実も安っぽく種明かしして欲しくなかった。ASM 3に引っ張っても良いと思う。

お客さん少ないな。新宿ミラノだからかな。デートだったらピカデリーにするもんな。
0

2014/4/27

これが一押しCAPTAIN AMERICA, WINTER SOLIDIER  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今回もネタバレ全開です。映画を観てない人は、ご注意を。

CAPTAIN AMERICA (“CAP”), WINTER SOLIDIER (“WS”)という映画は、スパイ映画だということを念頭に置いて観て欲しい。その証拠にending creditアニメーション効果は、007シリーズのものをものすごく意識した作りだ。最近のアメコミ映画、X-MEN First Classにしろ、IRON MAN 3にしろ、007シリーズの影響を隠せない。しかし、CAP WSは真打ち登場的Homageだ。二番煎じゃない。SHIELDって、CAPが手を貸している組織はスパイ組織なので当然の帰結だ。

この映画には、伏線が多数仕掛けられている。例えば、初めの方に出てきたワシントンDCにあるSmithonian Museumで開催されている特別展だか常設展のCAP展が、その後の話で一粒で二度も三度も美味しい使われ方をされている。

また、Nick FuryのTrust no oneって台詞も複雑な伏線だ。今回の悪役のPierceも同じようなことを言っているが、それを言った張本人も含まれている。

冒頭のCAPとBLACK WIDOW (“BW”)の会話の中で言及された「看護師」ももう一つの伏線だった。看護師である(実は諜報部員)Sharonって、最初のCAPの映画に登場したSharon Carterと別の人?(同じ人?)このSharon、意外に活躍している。それも結構かっちょ良いシーンを凛と演じていた。映画CAP 3にも絶対出てくるな。

さて、主役のCAPに関し伏線がもう一本。そもそも彼が第二次世界大戦末期に氷漬けとなる原因の飛行機が海中に墜落するシーンが、CAP2でも別の形で再現されている。前回はCAPの復活だったが、今回は相棒Buckyの暗闇からの覚醒を示唆しているのか。

前回のCAPの映画でも気がついていたけど、CAPが戦争肯定派の象徴ではなく、寧ろ過度な武力行使に関し否定的な立場であることが表現されていて、清々しい。

WSという人物が結構原作に忠実に具現化されていて、良かったな。(設定ではく外見という意味。)演じている役者さんが、非常に上手い。そしてアクションシーンもエネルギーの塊みたいだった。

Dr. Zolaの映画での解釈は、原作以上だと思う。アメコミでの間抜けなサイボーグだか、ロボットだかに比べてよっぽど恐ろしい。

Red Skullが登場しなかったのも良かった。映画SUPERMANの最大の欠点はLex Lutherを毎回登場させたこと。そんな愚をシリーズもので繰り返さなかったことに好感が持てる。何と言ってもMarvelの豊富な悪人の在庫を使わない手はないからね。

一番目のEnding Creditの後のシーン。Scarlet Witch (SW)とQuick Silverじゃん。SWの狂気もキチンと描かれているのが心憎い。ニ十世紀FOXへこの二人はライセンス供与されてないってことか。それからBaron StruckerやLokiの槍も登場している。楽しめるね。

BWを演じているScarlet Johansenは今回も綺麗だったな。彼女に付き合ってくれと言われたら、間違いなく付き合う。彼女のアクションシーンはいつも迫力があるな。SHIELDの役員の一人に扮したシーンも良し。それにしても彼女の衣装、これでもかってぐらい女性の線を強調してたな。降参。

今回文句をつけるとしたら、彼女が自信を失ったシーン。そんなの見たくない。

それから、映画館に人が疎らだ。それにしても空き過ぎじゃない?やばい。正直Amazing SPIDER-MAN 2より数倍面白かったんだから、もっと宣伝してほしい。
0

2014/4/26

ヤシオマスラーメンとは、こういうものだったんだ、「こんどる屋」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区西新宿7−13−7 大森ビル 2F
2014/04/19

この日は、キャプテンアメリカの映画に子供と観に行った。鑑賞後は当然のラーメン。今回は先週振られたこの店を訪問した。この店、新宿で三本の指に入るラーメン屋「凪」がバクアップしていることを確認。西新宿の方の「凪」の2階にあり。今回は基本の「 塩こんどる」 750 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、ホウレン草、チャーシュー×1枚。葱は、那須白美人ネギ。これがすごく甘い。イケる。チャーシューは、肩ロース。中華っぽい味付け。大きく切ってくれて嬉しい。

麺は、細い縮れ麺。自家製。細くても歯応えがあって、上出来。自家製っぽい不均一な感じが、大量生産されてない感を醸しだし嬉しい。

スープは、鶏、利尻昆布、ヤシオマス。マスの香りが今迄食べたラーメンと全然違う。お店の人が普通のラーメンじゃつまらなくて、これにしたと語っていた。自信を持って続けてください。美味しいです。もっとお客さんが来てくれて、5年後にまだここに残ってくれると嬉しいな。そのために、どうか皆さん、この店を訪れてみてください。ちなみに日曜は休みらしいです。

0

2014/4/20

この表紙そういう意味か、Superior SPIDER-MAN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
Discount Comic Book Serviceから、今月は異様に早くアメコミが到着。The Superior SPIDER-MAN(”SSM”)を早速読み終えたのでレビュー。29号と30号について。30号のレビューはこれから読もうと思う人は読まない方が良いです。

Dan Slottは構想のみ、両方とも筋書きをChristos Gage、画をGiuseppe Camuncoliが担当。添付画像を当初はSSM 29号のものに決めていた。しかし、SSM 30号を読んで気が変わった。ちなみにどちらも、Camuncoliが手掛けている。

粗筋をさらっと紹介。SSM 29号。悪のSPIDER-MAN は、Green Goblinの手下となり下がったMonster (Carlie Cooper巡査)を元通りにしようと悪戦苦闘中のところをGoblinから呼び出され、大学で対決。その後はニューヨーク市長のJ Jonah Jameson("JJJ”)が放った刺客蜘蛛殺しロボット軍団に包囲されるといったもの。SSM 30号では、Goblinに捕まったAna Mariaを救出に向かった悪のSPIDER-MAN。取り残された未来から来たSPIDER-MAN 2099。そして悪のSPIDER-MANの脳の中に残っていたPeter Parkerの自我とDr. Octopusの対話が中心。

いつものように、気に入った台詞、シーンを紹介。まずは、SSM 29号から。前回Camuncoliに対して良い画と悪い画が半々とコメントしたが、今回の彼の画は良い。特に秘書のGloriaにこっぴどく叱られたJamesonの憂鬱な表情がベスト。

悪のSPIDER-MANの心を支配しているDr. Octopus、今回のSSMでも相変わらず負け犬。知らず知らずのうちに以下の台詞をはく。What would Parker do? もはや自分自身に対する自信のかけらもない。

GoblinがSPIDER-MANの背中にある足を制御する機能さえも乗っ取ってしまう。この着想には感心。この足、醜いので嫌いだったので良し。しかもこの乗っ取りは伏線っていうのもすごい。SSM 29号の最後には、JJJの蜘蛛殺しロボット軍団も乗っ取ってしまった。面白い。

Peterの博士号取得に際し、嫌みたっぷりだったDr. Lamezeが最後に自分の身を呈して悪のSPIDER-MANを救ったシーンはSSM 29号のクライマックス。こんなキャラクターでも死んだら嫌だな。

続いてSSM 30号。相変わらず伏線の嵐。SSM 7号、8号に登場した交通事故で脳に障害を受けた女の子と、彼女を助けるために使ったDoc Ockの機械が再登場する。この機械のお陰でPeterの記憶は消されてしまうのだが、SSM 30号では逆の操作が行われる。即ち、Doc Ockの記憶の削除が行われちゃったんだね。

その後のPeterの涙が良いな。散々ぱら苦しめたDoc Ockが自分の愛の記憶さえ消したことに対してだよね。この流れは。しかし、Doc Ockのことだから、何か次の手を考えているかもしれない。

さて、標題のSSM 30号の表紙。最初に見た時はつまらない表紙だなって思った。しかしこの話を読んだ後にこの画が語っていることがわかった。蛸でなく蜘蛛がSPIDER-MANに戻って来てるんだね。そういうことか。

その直前のDoc Ockの台詞が好きかな。You (= Peter Parker) must accept you are superior .”  Peterに対して負けを認めた台詞だ。

それから、PeterがDoc Ockの記憶から逃れた後の見開きのページも良い。過去のSPIDER-MANの名シーンがコラージュされている。楽しいね。

最終ページがぐっと来る。昔の赤と青のコスチュームに着替え、”My turn.”と呟くシーンね。かっちょ良い。

そしてダメ押しの一発。GoblinはLiz Allenだったのか。たしかに辻褄が合うよな。なんで、SSM 29号でGoblinが蜘蛛殺しロボット軍団を乗っ取ったかが説明できる。彼女の会社がこのロボットを作ったんだもんね。

最後に一個だけ気に食わないところ。どうも物語の順番は一緒に来たSSM Annual 2号の方が先みたいだ。やめてほしい。
0

2014/4/19

入った瞬間に海老香る名店、「えびそば一幻新宿店」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区西新宿7−8−2
2014/04/13

この日は午前中にジム、午後から東京の郊外で野暮用と多忙を極めた。そんな幕間には、当然のラーメン。ジムの近くにあるこのお店を訪問。「そのまま塩 」780 yenを注文した。

具は、青葱、桜エビを砕いたもの?、海老粉、玉子×1/2個、チャーシュー×1枚。画面中央の桜エビらしきものが印象的だったな。彩りも味も今迄に食べたラーメンとちょっと違う。ラーメンには無限の可能性があるね。正直この印象が強くてチャーシューの感想をメモるのを忘れてしまった。

麺は、細、太麺から選択可能。当然の太麺。(株)森住製麺製、断面が長方形の平打ち。モッチリ感のある麺が良い。太麺が大正解。先週の「AFURI」でも同じことを感じたな。

スープは、海老と豚骨。この店の総本店は札幌にあるようなのだが、このスープの色や舌触りは、六本木にある北海道ラーメン「天鳳」のスープみたいだ。もちろん最大の違いは、この濃厚な海老の香り。店内に入った瞬間から海老が香って素敵な店だったな。あ、最後の方になって気がついたけど、背脂が結構浮いている。

この日は、最近出来た別の店に行ってみたのだが、日曜日は休みのようだった。残念だったけど、別の機会に挑戦してみよう。
0

2014/4/13

圧倒的な面白さ、Uncanny X-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
Uncanny X-MEN (”UX”)16号、17号についてレビュー。

筋書きをBrian Michael Bendis、画をChris Bachalo、がそれぞれ担当。添付の画像は、UX 17号の表紙で、Bachaloの手によるもの。

粗筋を簡単に紹介。UX 16号で東南アジアの架空の島、MadipoorでMAGNETOが大暴れする。(Wikipediaによれば、Madipoorはシンガポールの南西にあるらしい。)悪のミュータントRavenが悪の秘密結社Hydraからこの島を購入している。ここで彼女はミュータントが安心して暮らせる場所が欲しかったのだ。UX 17号では、若きX-MENがテストのため、モンタナ州にある異次元空間Tabula Rasaに置き去りにされ、困惑し、混乱しながらも何とか持ちこたえるといった内容。

いつもの通り、気に入ったシーンや台詞を紹介。まずは、国連のスパイ組織SHIELDの工作員DAZZLER とMAGNETOの会話。MAGNETOは、彼女に本名ではなくコードネームMAGNETOで呼ばせている。ここがこの話全体のポイント。もう一つのこの話の伏線は、戦車を持ち上げることはできないけど、ナイフや弾丸を持ち上げることはできるってMAGNETOの台詞。

まず、第1の伏線。物語の最後に、Raven達悪のミュータントをMAGNETOが攻撃する。Raven達にとって、Madipoorはミュータントの理想郷なのかもしれない。しかし、MAGNETOの人生の目的は、ミュータントが支配する人類の世界であって、ミュータントが肩寄せ合ってなんとかその日を暮すような世界ではないから。前段のコードネームで呼ばせるシーンは、彼がこの目的を忘れていないという意味。その目的を実現するものには、Erikという生まれた時に与えられた名前ではなく、ミュータントとして目覚めた後の名前MAGNETOの方が相応しいからなのだと思う。深いねー。

第2の伏線は、Madipoorでの大暴れのシーン。本当に弾丸やナイフを使ってRavenやこの島に集まったミュータントをMAGNETOが襲うことになる。戦車は無理なんだけどね。

今回は謎も投げかけている。MAGNETOやCYCLOPS達がミュータントの力をうまく操れないのは、精神的損傷が肉体的後遺症に繋がったのではないかというRavenの仮説。(Psychosomaticなる難しい単語が出て来た。)んーん、Bendisの新たな伏線だとおもうが、確かにMAGNETOやCYCLOPSにこれは当てはまるが、MAGIKは当てはまらないよな。

一方、気に食わない点。またまた、クレジットが間違っているなKris AnkaがUX 16号の表紙画を描いていることになっているが、実際はBachaloだ。

UX 17号。まずは新加入のEva。仲間からCYCLOPSにいかれてるって言われただけで、もう現在の状況に集中できないのが良いな。いかにもアマチュアっぽくてね。また、彼女自身の力を十分理解していないことから自信のなさも伺える。彼女の幼さの描き方はBachaloならでは。彼女が一人仲間とはぐれてしまった時何が起こったんだろう。もちろんこれはBendisの紡いだ伏線だ。

次に新加入HIJACK。知らない土地に来て彼の取った行動は、携帯電話を起動しGoogle Mapでどこかを確認すること。ああ、如何にも現代的で面白い。今の人はこんなこと普通に考えるのかな。個人的に位置情報機能オフにしているから、おいらは思いつかないな。最後に彼の取った行動が、敵対関係にある前述のSHIELDを彼らの場所へと引き寄せてしまったのも面白い。結果CYCLOPSは彼をX-MENから追い出しちゃう。危険と常に隣り合わせのCYCLOPSの現在の状況をこの「くび宣言」が表現していて説得力がある。

前回も書いた新加入のMORPHがTabula Rasaで出会った謎の生物を懐柔しちゃうのも良いな。彼の能力を十分使っていて。もしかしたら、彼が一番最強のミュータントなのかもしれない。
0

2014/4/12

Amecomi-To-Ramen’s Gallery  アメコミ


クリックすると元のサイズで表示します

Open 7 days
24 Hours
Free
Not just for comic book geeks anymore

Please visit my gallery at
www.comicartfans/gallerydetail.asp?gcat=95118

アメコミとラーメンのコミッション、スケッチのギャラリーを開きました。
0

2014/4/12

「AFURI」の炙りチャーシューを食べて、家庭用バーナーを買ってしまった。  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します 
六本木店 港区六本木4-9-4
2014/04/08

1ヶ月前ぐらいに六本木通りを車で移動中に発見したこのお店を漸く訪問することができた。このお店は、原宿にもある有名店。(原宿のお店の記事は下記リンクを参照。)
http://green.ap.teacup.com/amecomitoramen/479.html
今回は、「醤油ラーメン」780 yenを注文した。六本木のラーメン屋さんとしては良心的な価格設定。

具は、シナチク、水菜、ノリ×1枚、玉子×1/2個、チャーシュー×1枚。シナチクは上品に細く、細く切られている。珍しい。チャーシューは軽く炙られたバラ肉。歯応え重視系。原宿にあるこの店の姉妹店で、初めてこの炙りチャーシューを食べて以来、小さなバーナーが欲しくてしょうがなかった。去年念願がかない買っちゃった。

麺は、原宿の店で食べた細い麺とは異なる、真空手揉麺110 yenを所望。断面が楕円で不揃いなのが手揉みっぽい。歯応えがあり、非常に良い麺だ。本当だったらこの麺のすばらしさを標題にすべきだったぐらい。

スープは、鶏ベース。「淡麗」、「まろ味」の選択肢あり。「まろ味」とは鶏油多めのことらしいのだが、これが非常に醤油に合っている。この年になってもこの脂っこさまだまだいける。もし、「塩」味を選択していたら、もう一つの選択肢「淡麗」の方が良いと思う。
0

2014/4/6

悪のSPIDER-MANとGreen Goblinの対決、Superior SPIDER-MAN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
Discount Comic Book Serviceから、事故もなくアメコミが到着。これまた、いつものように、The Superior SPIDER-MAN(”SSM”)を真っ先に読み終えたので早速レビュー。今回は、27号と28号について。

両方とも筋書きをDan Slott、画をGiuseppe Camuncoliが担当。添付画像のSSM 28号の表紙画も、Camuncoliが手掛けている。28号までの悪のSPIDER-MANとGreen Goblinとの対決の形勢を一つの画にまとめたなかなか良いデザインだ。Goblinの勝ち誇った表情が非常に良い。

粗筋を今回も手短に紹介。ニューヨークの街中を網羅していた悪のSPIDER-MAN の監視カメラシステムを、Goblinは陰で無力化していた。そのため、悪のSPIDER-MANは、 Goblin一味の悪事を察知できない。ようやくGoblinの企みに気付いたSPIDER-MANだが、秘密基地Spider IslandをGoblin一味に潰され、表の顔Peter Parkerの会社も、一味の一人Monsterに襲われる始末。

今回も、気に入ったシーンや台詞を紹介。前月Goblinは父親Normanと断定してしまったが、早計過ぎたらしい。お気に入りのポッドキャストSPIDER-MAN Crawlspaceでの議論では、Harryの子供Normy、Gwenの子供Gabriel等が容疑者だ。どれも、なるほどと思わせる人物達だな。

SSM 27号の出だしの悪のSPIDER-MANの無力感のシーンも良いな。Doc OckがPeterを乗っ取ってからしばらくしてからは、Doc Ockの弱い一面が度々表現されている。今回もそんな一面が以下の台詞から伺われる。Goblin一味が監視カメラ網を掻い潜って悪事を重ねる様子を見た彼の言葉、You (=Goblin)’ve already won.

警察官ではありながら、Vigilante、Wraithでもある渡辺警部。彼女のマスクも監視システムと同じ仕組みが使われていて、Goblin一味が傍にいるのに、存在を認識できないってのも面白い。

Goblin一味の巣窟に悪のSPIDER-MANが単身乗り込むシーンでは、Goblinばかりか、読者を騙しまくっていて清々しい。これ立体ホログラムを使った悪人Stunnerの技術(元々Doc Ockのものなので、問題ないけど。)を使用したもの。Slottらしい過去の作品のネタを上手く使った技ありの一本だな。

Goblinになっちゃう薬を飲まされたCarlie Cooper。彼女の顔のイメージは、映画Amazing SPIDER-MAN 2の敵役Harry Osbornの顔のスチル写真と似ているな。公開前に急遽思い付いたアイディアなのだとは思うが、本編でも使われるのかな。彼女の正気をかろうじて持っていることが判明していたのは、好ましい展開。恐らくSPIDER-MANのマスクの下は、Goblin一味にバレてないんじゃないかと思うが、この辺も今後の見所。見所と言えば、Ana MariaがGoblin一味のMenaceに誘拐され、人質になるのもハラハラ、ドキドキの展開で好きだな。

一方気に入らないところ。相変わらずCamuncoliの画が安定していない。前述の通り、表紙画は好きなんだよ。それから、Mary Jane Watson (“MJ”) がWeb Shooterを使ってGoblin一味を封じ込めるシーンは、かっちょ良いんだよね。一方、その良い画の数と同じくらい、悪い画もあるんだな。例えば、MJの今の彼Ollieの顔なんか最たるものだ。

それから、Superior SPIDER-MAN Team-up 10号を先に読まなければいけなかったことは、面倒くさいな。無視してSSMを先に読んじゃったけどね。
0

2014/4/5

スープ割の後の煮干しの香りが最高、「月と鼈(すっぽん)」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新橋4−27−7
2014/3/29

この日の午後早く日比谷でアメコミ関係の講演会があった。その直前のお昼ご飯は当然のラーメン。事前調査済みのお店の内、霞が関からなるべく遠いこのお店を選んだ。最高気温20度とちょっと歩くと汗ばむくらいの気温のため、当然のつけ麺。「濃厚煮干つけ麺」 780 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、玉葱、チャーシュー×2枚分ぐらい。結構シンプル。チャーシューの味付けが甘め。つけ麺にしてはスープに甘さがないので、このチャーシューの甘さは、アクセントになっているな。具とスープの味のバランスは重要です。

麺は、240 gが並盛なので大盛は300 g強かな。(確認するのを忘れた。)断面がいびつな正方形の太麺。麺の中に小麦粉の粒が残っている。結構多いと思うのだが、あっと言う間に食べてしまった。

スープは、この店の売りの煮干しと動物系。これでもかというぐらい煮干感はあるが、エグ味なし。前述の通り、つけ麺のスープにしては珍しく甘さがなく好印象。割りスープ加えた後には、煮干しの香りが一段と増し最高の気分。

店内でかかっていたのは、Bon Jovi。そう言えば彼らのCD売っちゃったから、しばらく聞いてなかった。懐かしい。

新橋駅から幾分離れたこの地域、この店以外にも結構良い店がある。土日が休みのところもあるのが残念だな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ