2017/3/26

最後に伏線の山、Clone Conspiracy 5ヶ月目のSPIDER-MAN   アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

先々週届いたSPIDER-MANから。The Clone Conspiracy (“CC”)5号と Amazing SPIDER-MAN (“ASM”) 24号をレビュー。

前号に引き続き、筋書きDan SlottとChristos Gage、CC 4号の画はJim Cheung、ASM 24号の画はGiuseppe Camuncoliがそれぞれ担当。添付画像はCC 5号のもの。今月はMark Bagleyによるvariant cover。(よく見たら、インクをScott Hanna、彩色をRichard Isanoveが担当している。豪華。)クローンとして蘇った悪人達に囲まれるSPIDER-MAN他の図。

粗筋から。CC 5号では、Jackalがクローンとして蘇らせた人たちをゾンビ化する電波を世界中に拡散したJackal。ゾンビ化を食い止めるべく、SPIDER-MANとAnna Mariaは奔走する。それをDr. Octopus (Doc Ock)やProwler、そしてGwen Stacy のクローンが助ける。ASM 24号では、SPIDER-MAN達が立ち去った後のJackalの基地でJackalとDoc Ockの戦い。そして、Jackalと本当のJackalの戦いが繰り広げられる。

気に入ったシーン、台詞等をの紹介。まずは、GwenとPeter Parker (=SPIDER-MAN)との会話。G ”You are with me.” P “Those goblins are with you?” G “No” P ”It’s never easy, is it?”正直この会話何度か読み返した。Peterと一緒にいることが、簡単じゃないのか、Goblinを追い払うことが簡単じゃないのか。はたまた、その両方なのか。なにしろ、初代Green Goblinの子供をGwenは産んでいるのだから。(この辺は後世の作家が否定する話を作って欲しい。)

何でクローンに対し、Spider Senseが鳴りやまなかったのかという謎解きはあった。大したことない。

クローンとして蘇った最愛のMarlaの死に瀕し、SPIDER-MANに対して言ったJ Jonah Jamesonの言葉が良いな。”Don’t tell Parker he was right.”父親に対し、Jackalの技術を使わせなかったPeterの方が正しかったことを漸く認めたということだろう。

CC 5号はいろいろ将来の伏線があるので、紹介しておく。まずは、Lizardのクローンの奥さんと子供。Lizardが電波の影響から救っている。(Anna Mariaの逆位相の技術ではないので、奥さんと子供も爬虫類化してしまうのか。)

その2。Jackalの実験室にあった完全なProto Clone(究極のクローン)の型が無くなっている。Anna Mariaは”Nothing”と見過ごしてしまったが、恐らくDoc Ockがこの型を使って生き返えるのではないか。PeterはDoc Ockを甘く見過ぎ。とCC 5号を読み終えた時に書いたのだが、ASM 24号で種明かしされてしまった。つまらん。

その3。世界中にクローン化を止める電波を流したのはPeterが保有するParker Industry (“PI社”)の持っているネットワーク。しかし、そのネットワークは今回電波を流したことで、商業的に大打撃を蒙ってしまったのではないか。Anna Mariaはその危険性を危惧していた。これって、PI社の崩壊に繋がっていくんじゃないかな。

その4(オマケ)。悪人が何人も逃げ出したと言っていたが、逃げちゃった悪人がクローンだったら、おかしいな。逆位相の電波で溶けてしまうはず。Lizardのように、クローンじゃない悪人もいるので、将来のSPIDER-MANを読まないとわからないけど。

その5.その逃げちゃった悪人に、Jackalの名前を騙っていたBen Reilleyも入っていた。ASM 24号の最後にBenが語った言葉,”Who can I going to be now?”が将来の布石となる。確かにもうすぐSCARLET SPIDERが再開されるのは知っていた。予約もした。しかし、この人でなし野郎が主人公になるとは思いもしなかった。後味悪いな。Peter Davidが筋書担当なので、楽しみではあるのだが。上述のクローンだったら、電波で溶けちゃうのに、Benが無傷というのもなんだかな。

しかし、OriginalのJackalは間抜けだな。Benを叩きのめすのに、肉弾戦では勝てないのだから、頭を使わなきゃ。そもそもクローン技術を使って(横恋慕の末)若いGwenを蘇らせるなんて、間抜けも良いとこだけどね。
0

2017/3/25

立川だろうが、品質は西麻布店同様、「楽観」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

立川市曙町2−23−1 嫩ソシアルビル1F
2017/03/18

この日も立川(立川シリーズはこれで暫くないかな)で野暮用。用事を済ませ向かったのは、西麻布で惚れた「楽観」。最近は西麻布に戻って来たけど、しばらくは、この立川店が「楽観」のフラッグシップ店だったんだよね。西麻布店ではタイミングが悪く食べることのできなかったパールがあったので、迷わず、「特製パール」 980 yenを注文した。価格設定は若干西麻布より安い。

具は、シナチク、玉葱、ノリ×2枚、チャーシュー×2枚(特製だから)、味付玉子×1/2個。味玉が淡いスープに合っていて、味付け用の出汁の味もわかる。旨い。チャーシューの味もスープと完全に調和している。この辺は西麻生店同様間違いないね。

麺は、断面が正方形に近い長方形で細い平打ち麺。久し振りの完璧なアルデンテ。ここも西麻布店の品質は守られている。

スープは、一口食べて甘さを感じた。鰹節、煮干し、昆布を使っているらしいけど、この甘さは何なんだろう。岩塩がポイントなのかな。他の人が褒めているからじゃなく、本当にここのスープは凄い。ピカイチ。オリーブオイルも出しゃばらないで良いな。
0

2017/3/20

堂々とくさい台詞を使えるのもアメコミの醍醐味、Extraordinary X-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します


二日続けてX-MENネタ。INHUMANS vs X-MEN (“I v X”)と話が繋がっているExtraordinary X-MEN (“ExX”) 18号と19号をレビュー。筋書をJeff Lemire、16号の画をVictor Ibanez、19号の画をEric Kodaがそれぞれ担当。

添付画像は、18号の表紙で、前回は選から漏れたDavid Yardinが描いたFORGE。デザインが良いな。流石Yardin。19号のYardinの表紙も非常に良い。彼のデザイン力はどんどん上がっている。

粗筋さらっと舐める。ミュータントの命にかかわる毒の霧を破壊すべくFORGEが開発した機械を設置するまでの短い時間の話。時間的には、I v X 3号の前になる。ExX 19号では、時間軸としては、I v X 5号が終わった後のぐらい。X-MENとInhuman族の最終決戦の最中に、Illyanaの剣の中にいるSapnaの魂に呼ばれ剣の中に入り、Sapnaの魂を解放する。

いつものように、気に入ったシーンや台詞等を紹介。複雑な機械を作ることができるミュータント能力を持つFORGE。彼の台詞がカッチョ良い。”I am a midwife of the impossible.”不可能を生み出す助産婦。これ会社で使おう。何時使えるんだ?

X-HAVENを救うため、IllyanaはSapnaの命を奪ってしまった。しかし、Illyanaの持つ剣がSapnaの声で話しかける16号のラストシーンは好きだな。希望も何もない最近のX-MENの話では久し振りに明るい。

前回は、Illyanaが良かったのだが、Ibanezが描いたSTORMが良いな。彼女の心の不安が上手に表現できている。

一方のKoda。うーん。三白眼が多すぎる。(三白眼は悪人の眼だ。オイラの美意識が許さない。)眼の描き方は重要だな。

未来から来たWOLVERINEとFORGEの会話も中々面白かった。WOLVERINEの語った別の未来でのFORGEの悪人に対してとった行動も良い。WOLOVERINEが語ったように、未来のFORGEは確かに行動から察するに、”mad scientist”だ。そして、その行動をFORGEは肯定しないのも彼らしい。

ExX 19号の台詞では、最後のIllyanaのものが勇ましくて、好きだな。Sapnaの幽霊が次は何をするのと問いかけたのに答えて言った台詞。”We fight for what’s important and we keep fighting no matter what.” 最近は口数が少なくなったアメコミとは言え、こういうくさい台詞が堂々と使われるのも、アメコミの醍醐味だよね。

0

2017/3/19

若い世代のInhuman族の行動が好き、INHUMANS vs X-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今月もX-MENは、INHUMANS vs X-MEN (“IvX”)から読み始めた。届いたのは、IvX 4号、5号。筋書をJeff Lemire、Charles Soule、画をJavier Garronがそれぞれ担当。添付画像は、Ardian Syafによるvariant cover。過去から来たMarvel Girlの図。この表紙を選んで良かった。

4、5号ともLenil Francis Yuが画を担当していないのが非常に残念。ただし、彼の画が全然楽しめないかというとそうでもない。ほとんどvariantを買っているので、Yuの表紙を楽しめなかったのだが、次回の表紙のコーナーがあって、そこで紹介されているIvx 5号のYuの表紙は良いな。Medusaの周りはX-MENの死体の図。6号もEmmaにX-MENもInhumansも平伏している図はかなり好き。

さて、粗筋。X-MENに先制攻撃をかけられたInhuman族だが、自力で囚われの身から解放しだした。一方若い世代のInhuman族は、X-MENの基地に乗り込み、MAGNETOから重大な事実を探り出した。即ちミュータントにとっては致命傷になりかねない毒である化学物質Terrigen Mist(霧)が分解し、地球上全てのミュータントが絶滅の危機に瀕していること。若い世代は、FORGEに協力しTerrigen Mistを取り除こうと決心する。

全然感情移入できないInhuman族だけど、(それも若い世代は特に)彼らがミュータントの危機を知った後の決断は良いな。MS. MARVELの台詞、”Guys, who are good guys?”この後、FORGEと共に毒霧を破壊する機械を再構築しだす。皮肉で面白いのは、気流に乗って世界中を回っている毒霧の次の目的地に到着したInhuman族が、問題を解決しようとしているのに、X-MENに攻撃されちゃうところ。そして、さらに言えばInhuman族と行動を共にしている過去から来たCYCLOPSがX-MENを攻撃するところも皮肉だ。

その前にもう少し、話し合ってほしいけどね。それを言ったら、ことの始まりは、Inhuman族とX-MENがもっと話し合いをするべきだったのにしなかったことなんだけどね。

もう一つ、X-MENの基地に乗り込んだInhuman族の一人がもう一人に言った言葉、”Stay away from any blonde woman or read heads.”そんなことを言われたら、どこへも行けそうにないけど、それを真に受けて行動するのが面白い。

その素直なInhuman、Mosaicが憑依したのが、過去から来たCYCLOPS。彼を見て仲間のInhuman族が嫌な顔をしたのが良いな。Inhuman族に敢然と立ち向かったのは、現代のCYCLOPSだから違う人なんだけどな。

Black Boltを守っているHAVOKの行動がどうも腑に落ちない。抵抗もせずにBlack BoltをInhuman族に引き渡しちゃうのはどうかな。もちろん彼が真相(彼の兄CYCLOPSはBlack Boltに殺されたわけじゃない)を知っていて、Inhuman族に対し恨みがあるわけじゃないのはわかるけど。仮に毒霧が破壊されたんだとしたら、合理的。しかしそうでないなら、もう少し、時間稼ぎをするべきでは。

それから、X-MENがInhuman族の中でも強敵Karnakを捕らえている場所にテレポートできる犬に似た生物Lock Jawも一緒に捕らえている点は都合が良すぎるな。戦略的には別の場所で拘束しておくよね普通。
0

2017/3/18

柔らかい鶏チャーシューは取扱注意、「麺屋翔」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区西新宿7−22−34

2017/03/12

この日は、新宿でLA LA LANDを鑑賞。その前の腹拵えは当然のラーメン。今回は3年振りにこの店を訪問した。前回とは違うスープを試したかったので、「鶏白湯塩ラーメン」 890 yenを注文した。

具は、シナチク、レタス、それから刻んでてわからないもの、レモンの輪切り、鶏チャーシュー×2枚、味付玉子×1/1個。チャーシューは柔らかい鶏の胸肉。なるべく麺の上に置いて中まで熱が通らないように注意して食べないと。玉子の味付けには、ニンニクが入っているのかな。前回も感じたけど、甘めの味。そう言えば、シナチクも甘かったな。

麺は、断面が長方形の平打麺。もっちりとした食感が最近の好みだ。菅野製麺所製。茹でる前は色が茶色っぽいのに、茹であがると白い普通の麺になっている。

スープは、丸鶏の白湯。丸鶏の香りはあるがしつこくない。チャーシューについている山葵やレモンがバランスをとっているね。好みで言ったら、前回の香菜スープの方が好きかな。
0

2017/3/12

次の世代が蠢きだしたRenew Your Vows 、SPIDER-MAN   アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
御用達から到着したアメコミの中から、今回はRenew Your Vows (“RYV”)をまず最初に読んだので、そいつからレビュー。今月はRYV 3号、4号について。

この辺は前回と変わらず筋書きをGerry Conway、画Ryan Stegmanが担当。添付画像はStegmanの手による3号の表紙。前回のRYV 1、2号のレビューは下記の通り。
http://green.ap.teacup.com/amecomitoramen/1293.html

まずは粗筋から。父親と母親のピンチを救うため、SPIDER-MANとMary Jane (“MJ”)の娘Annieは、学校を抜け出し現場へ向かう。そこで、Molemanとその部下に捕まるが、父親SPIDER-MANと母親MJに助けられる。しかし、逆に父母がMolemanに捕まってしまった。(いつの間にか)逃れたもの後に、Annieの機転でMolemanを倒し、Regentの開発した武器を回収した。

続いて、気に入ったシーン、台詞等を紹介。まず、良いなと思ったのは、小学校の3つ上の子とAnnieが仲良くなれたことかな。その年上の子は、Annieにとってはロールモデルなんだろうな。

それから、Annieの不思議な力。SPIDER-MANの力の一つspider-sense(危険を察知する能力)は勿論のこと、さらには未来予知能力が加わっている。だから、Annieが現場に一番乗りで来たんだね。この辺は、SPIDER-MANとMJの利用しているRegentの開発した技術が何か調子悪いことと同様に将来への伏線だね。

伏線と言えば、同年代のNormy(Harry Osborneの息子だと思う。)がAnnieに惹かれているのも良いね。また、AnnieもNormieに対してまんざらでもない様子。AnnieはNormieをCuteと称したことに対する父親Peterの台詞が好き。”Cute isn’t their family treat.” (かわいいという特徴はOsborn家に代々伝わってきた特徴にはないみたいな感じかな。)

Normieの祖父Norman Osbornを念頭に置いた一言だ。Green Goblinの孫をSPIDER-MANの娘と対比する形で話を進めるとしたら、今後の話はもの凄く期待できる。

家族の会話は、いつも微笑ましいのだが、今回紹介するのは、PeterがAnnieへ家に帰りなさいと言った時の一言の後、にMJに訂正させられるシーン。
P “I’ll handle this.” MJ “Ahem” P “Your Mom and I will handle this.”

もう一つ、アメリカの古き良きファミリードラマみたいな台詞回しだったのは、無茶な行動を取ったAnnieに対してのPeterとMJの会話。MJ “You’re kinda proud of her.” P “Does that make me a bad parent.” MJ “ If you are.. I am too.” Peterは娘の取った行動が自慢なんだね。喧嘩しながらも、MJと意見はピッタリ合っている。

RYV 2号でちょっと、どうかなと思っていたが、 3号まで終了した段階で、話が全然前に進んでいない。この辺は不満だな。(もちろんConwayの意図はわかる。登場人物それぞれの視点から見た、Moleman出現を描きたかったんだろう。)単行本(Trade Paperback)にするために、4話なり、5話で話を終えるスタイルはやめた方が良いんじゃないかな。

結局この話は4話完結だったわけだが、竜頭蛇尾。ただし、それを5話まで続けなかったことは良かった。

0

2017/3/11

煮干でマイルドなスープ、立川「青樹」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
立川市高松町3−14−1
2017/03/04

この日も立川でちょっと野暮用。用足し前に、線路を挟んで逆側で、駅からちょっと歩いた場所にある有名店を訪問。基本の自販機左上にあるボタンを押して、「こってり煮干味玉 」890 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、キャベツ、チャーシュー×1枚、味付玉子×2/2個。キャベツは甘くて良いね。チャーシューは肩ロース。歯応え重視系。(大きけど)薄いのが幸いして食べにくくない。味玉の味の染み込み方は凄い。スープに負けず劣らず濃厚。それでいて下品じゃない。

麺は、断面が正方形のやや細いストレート麺。煮干し系はストレート麺が多いな。

スープは、豚骨に煮干し。豚骨独特の臭みは皆無。非常に好印象。煮干しが沢山入っているのに苦味やそれを和らげるための多めの塩は感じられない。濃厚さではつけ麺のスープのよう。それでいて、マイルドなスープは、煮干しを前面に出したラーメン店のものでは、一番好きかもしれない。

つけ麺と言えば、この店では結構つけ麺を注文するお客さんが多かった印象がある。

蛇足ながら、お得な580 yenのチョイ飲みセット(ビール他、枝豆、ノリ)が気になる。お酒を出さなくても潰れる店とは思えないけど、お酒があると、この店昼と夜で2回楽しめる。
0

2017/3/5

X-MEN史上最も怖い話、Uncanny X-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

INHUMANS vs X-MEN (“IvX”)と話が繋がっているUncanny X-MEN (“UX”) 16号、17号をレビュー。筋書をCullen Bunn、16号の画をEdgar Salazar、17号の画をKen Lashleyが担当。添付画像は16号の表紙を採用。迷宮に閉じ込められたInhuman族のKarnak。

いつものように、粗筋をさらっと舐める。Inhuman族に宣戦布告したX-MEN。Inhuman族の中でも一番危険なKarnakを精神的に拘束中のJean GreyとStepford Cuckoo姉妹。その拘束にPHANTOMEXも参加したが、彼は彼で別の目的を持っていた。一方17号は、忘却界に閉じ込められた一部のInhuman族達。Iuhuman属を保護する役割を果たしているSabretooth、Rachael Summers、そしてMonet。Iuhuman属を待っていたのは、忘却界の悪魔だけではなく、別にもいた。

今回も気に入ったシーンや台詞等を紹介。まず、そのPHANTOMEXの台詞から。どうやら、JeanがKarnakを閉じ込めているのは、謎の企業Someday Corporationのシステムの中。彼は、Kanakと精神的に繋がることで、Karnakの能力を使いシステムの脆弱な部分を見つけた。その後の彼の言葉。”Everybody wants to rule the world.”あ、これ1980年代に流行したTears for Fearsのヒット曲のタイトルだ。Bunnはこれを引用したんじゃないかな。

効果的な台詞が沢山あるな。変だと気付きながらもなかなか拘束から脱出できない。その彼の台詞。”This is not New Attilan, is it?”そして、UX 16号の後半で遂に脱出の糸口を見つけた彼の台詞。”There it is. The breaking point.”彼の対戦相手の弱点を見つける能力は、肉対戦だけではなく、精神戦でも有効らしいな。

この話の後にIvX 3号を読んだ方が、実は面白かった。Karnakが脱出できたと思ったのは誤りだったんだよね。

Salazarの画は、流石X-MENの主要タイトルUncannyで描くに値する程のレベル。上手い。

一方UX 17号。面白かったんだけど、標題の通りでもっとも怖い話だな。例えばVampirellaとかを出していたWarren Publishingの恐怖漫画のようだ。Vampirellaと言えば、Monetには吸血ミュータントの兄だか弟が憑依しているので、吸血鬼状態。

最後のオチが凄い。SabretoothはInhuman族の一人を救うのだが、その目的はMonetに与えるため。そして、最後のSabretoothのモノローグも良いな。”I’ll tell the truth. The Inhuman didn’t survive the wilds of limbo. The demons got him.”この場合の複数形のdemonsとはSabretoothとMonetに他ならない。

Sabretoothの心の葛藤や殺し合いを楽しむ心情の描写は良かったな。”The blood…the adrenaline..the pain. God..help me..I’m enjoing this!” Bunnの台詞一つ一つが今回の話を盛り上げている。

MonetのRachelに対する当て擦りも好き。”Little miss always the hound never the phoenix is with you too?” その昔(別の未来)ミュータントを探す猟犬だったRachelが今回も行方不明のInhuman族を探していることからこの言葉を使っている。
0

2017/3/4

大阪の人はこんな美味しいラーメンを食べれて羨ましい、「桜蘭」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
大阪市北区梅田1−2−2
2017/02/25

この日は、プライベートで大阪に遊びに行った。そんなお昼ご飯はいつものように、ラーメン。行ってみたいラーメン屋さんはいくつもあったが、人気店のこのお店を訪問。「柚子塩ラー麺 味玉入り」850 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、湯葉、ホウレン草、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚、味玉×2/2個。湯葉が珍しい。アッサリしたスープに香りの良い湯葉はピッタリ。味玉が甘くて美味しいな。漸く固まったか固まらない状態の黄身はこれまたオイラの好み。肩ロースのチャーシューは歯応え重視系。

麺は、断面が正方形のストレート麺。お店の人は茹でるのをちらっと横目で見たが、丁寧にほぐしていて、麺に対する愛が感じられる。大阪のラーメン屋さんもやるな。

スープは、豚かなの半透明なスープ。それに写真中央の柚子の欠片。大人向けの胃に優しいスープ。若い衆にはこの美味しさがわかるまい。

添付写真を間違えました。申し訳ありません。正しいものをつけました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ