2017/10/14

有機野菜の品質の高さにビックリ、三軒茶屋「つけ麺竹川」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
世田谷区太子堂2−1−1
2017/10/09

この日は、世田谷パン祭りでパンを買いに三軒茶屋に行った。並んで買って3時間費やし、もうクタクタ。元気を取り戻すため、ちょっと遅いお昼を食べにこの店に直行。「特製竹川つけ麺」 1,150 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、サツマイモ、紅シグレ大根、ニンジン、モロッコインゲン、小松菜。特製になるとチャーシュー、鶏増し、味玉付き。自慢の有機野菜だけあって、ひとつひとつの野菜の品質が高い。柔らかい甘さ。勿体無くて半分以上は塩だけで食べた。チャーシューは、2枚分ぐらいの肩ロースをゴロゴロと切ったものと写真でわかるように、生ハム状のものの二種類。ハムの方は塩味、ゴロゴロと切ったほうはもう少し強い味付けだな。どっちも美味しい。それから鶏のつくねが4個。味玉もそれだけ食べたほうが良いぐらい。しっとりした黄身は文句のつけようのない好みのもの。

麺は、大中小(50g刻み)同料金。大で250g。断面が正方形の太麺。写真の通り凄く綺麗に盛ってある。ところどころに小麦の粒が確認できる。最近は250gでもちょっと多く感じて良い感じ。

スープは、濃厚鶏(だけじゃないと思うけど鶏の味が強い)白湯。大蒜の香りがする。変に動物臭くない上品なスープ。上品さには鰹節も一役買っているか。これだけでも十分だったが最後に備え付けのカレールーを溶かしてみた。美味しいけど、そんなことしなくても、十分美味しい。

店内には8席しかない。店主一人で切り盛りしているので、これが限界かな。価格設定はちょっと高め。今回特製を注文しちゃったけど、野菜が嫌いな人は普通のつけ麺を薦める。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ