2017/10/21

ほのかに甘い魚介の塩スープ、水天宮前「汐屋まる長」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

この日は、人形町で野暮用。用事の前に腹拵えは、当然のラーメン。日曜日に営業している店が少ないんだよねー。そんな一つのこの店を訪問。「塩そば 」700 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、水菜、ナルト、チャーシュー×1枚。チャーシューはシンプルな味付けで、歯応え重視(と言っても薄いので気にならない)の肩ロース。基本の塩そばに価格は決して高くないので、トッピングを1つ注文しようと思ったのだが、何があるかわからず断念。券売機がわかり辛いのは機会損失。(配られたサービスによれば、味玉、ワンタン、チャーシュー、メンマとのこと。)

麺は、「菅野製麺所」製。断面がつぶれた正方形の縮れ麺。並盛150g。大盛も無料と言われたものの、この量であれば、並で十分。

スープは、透き通る塩。魚介でなのか、ほのかに甘いスープは好印象。ほぼ完飲。もちろん塩分は気になるが、見た目も味も身体に悪そうじゃないんだよね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ