2019/3/31

待ってましたCYCLOPS、Uncanny X-MEN 630〜631号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Uncanny X-MENの新展開号630 (11)号と631(12)号(引き続きLegacy Number、カッコ内は2018年からの号数)について。添付の画像は懲りずに買っているVariant CoverでAlan Davisによる1960年代のCYCLOPS。Neal Adamsの描いたSentinel登場回へのHomageだね。この記事を公開したら、アメコミ仲間の書いたレビューを読むことにする。

本編筋書をMatthew Rosenberg、画を懐かしのSalvador Larroca、630号のオマケの画をJohn McCrea、Juanan Ramirezがそれぞれ担当。Larrocaの描いたIllyanaの顎を下から見上げるアングルは、非常に良い。プロでもこのアングル難しいからね。

粗筋。大多数のX-MENは死んだものと思われている。しかし、後に残されたCYCLOPSはそう思っていない。彼は再び仲間を集めるため活動を始めた。今のところ役立ちそうなのは、WOLVERINEとMadroxぐらいだ。631号では政府の施設をCYCLOPSとWOLVERINEが襲い囚われの身となっていた元NEW MUTANTS達を解放した。

いつものように気に入ったシーンや台詞等を紹介。まずは、残されたX-MENを探すため、新聞社を訪れたCYLOPS。Ben Urichに対し、彼をジャーナリストとして認めていることを示すため、同じ仲間のPhil Sheldonと対比したシーン。Sheldonってだれだっけと思い検索した。あ、BusiekとRossの出世作MARVELSに出てきたカメラマンだ。Marvelsは発刊25周年記念みたいだ。

MadroxがCYCLOPSを見つけ出し眼の前に現れた時の台詞。CYCLOPSを”It’s kinda what I do.”ファン(オイラ)に惜しまれて終わってしまったX-FACTORで彼が私立探偵だったことを示唆しているね。

彼の相棒Layla Millerの再登場も嬉しい。ただし、大人になった彼女にあまり存在価値はないかな。生意気な小娘感が好きだったんだけどね。

CYCLOPS が多額の現金を必要としていることを知ったMadroxが分身してお金も分身させたシーン(お金が分身するのはナンセンスだけど)は笑った。

テレビカメラの前で、2日後に他のミュータントに集合を呼び掛けたが、その彼の前に現れたReavers。この辺は当然だよな。すんなり腹落ちした展開。WOLVERINEが来たのは話の都合上しょうがないとし、その後二人でReaversをケチョンケチョンに倒しちゃうアクションの連続はこの号のクライマックスで好き。Larrocaは本当に上手い。631号でCYCLOPSも無傷じゃなかったことがわかったのはリアル。

今のCYCLOPSことScottの髪型はAge of Apocalypseの時の髪型みたいだ。

Callahan将軍と部下の会話。部下”I don’t know how this happened.” 将軍”It would appear X-MEN are back.” この瞬間X-MENが復活したんだ。大袈裟だがお芝居じみた台詞が非常に最終コマに似合う。そして、to be continued.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ