2019/8/3

干し帆立の独特な香りが新鮮、東池袋「塩そば専門店 桑ばら」の 塩玉そば  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
桑ばら 豊島区東池袋1−27−5
2019/07/21

この日は、池袋でアメコミイベント。開始まで十分時間があるので、ラーメンで腹拵え。基本+αの「塩玉そば」900 yenを注文した。

具は、メンマ、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚、味付玉子×1個。葱なしなんだ。メンマの細切りも珍しい。味玉の黄身は固形のなったばかりのオレンジ。甘い味付けが塩スープと完璧にマッチ。チャーシューは肩ロースかな。歯応え重視系。スープに負けない塩加減は流石。

麺は、店主の言う通り固め。細い麺は博多ラーメンのそれと異なり弾力がある。これなら好き。結構麺の量はある。150g以上かな。

スープは、塩っぱいことを覚悟していたが、大したことない。普通の人が美味しいと感じる塩っぱさ。鶏スープはコクがあり、心が安らぐ。この日は結構蒸し暑かったのだが、このスープを飲んで店を出た後は、涼しささえ感じた。暑い日に熱いラーメンを食べる意味は十分あると再確認。
また、ノリの上にのった干し帆立を細かくしたものは、干した海産物独特の香りがして、新鮮だったな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ