2020/11/29

目玉はKindredの正体、しかし腑に落ちぬ、ASM 851(50)号、50LR号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

新しいSPIDER-MAN が沢山読めて楽しい。Amazing SPIDER-MAN (“ASM”)851(50)号、50LR号を読み終えたのでレビュー。(Legacy Numberとカッコ内はSpencer後の号数。)前号が$9.99に対し、851号は$5.99とかなりお高め。コスパは低いな。1,000円を超えるラーメンを食べ、その値段だったらもっとのせろと思ってしまうようなもんだ。

851号の筋書をNick Spencer、画をPatrick Gleason、50LR号の筋書をSpencerとMatthew Rosenberg、画をFederico Vincentiがそれぞれ担当。Gleasonが漸く中身の画を描いてくれた。待ってました。添付画像は851号のvariant。Arthur Adamsのもの。彼が描くGreen Goblinは良いがSPIDER-MANはオイラの趣味じゃない。

粗筋。Kindredは用済みのSin-eaterを始末し、次なる刺客を送り込んだ。何と蜘蛛の力を持つ仲間たちが悪魔化した化け物だ。SPIDER-MANは、DR. STRANGEに助力を乞う。

気に入ったシーンや台詞等を紹介。まず、Gleason。悪のNorman OsbornとSin-eaterに撃たれて毒気を抜かれたNormanを描き分ける技はなかなかのもの。それを見るだけでも買って良かった。(コスパが悪いと言った舌の根も乾かぬうちに。)

Sin-eaterを始末した後のKindredの台詞。”Those sins. They are someone else’s to carry on.”この台詞最初はよくわからなかった。これまでsin-eaterが始末してきた悪人の罪が蜘蛛仲間(The Order of the Webというらしい)に纏わせ、悪魔化させたらしい。どんだけKindredは強い魔力を持ってるんだ。というより、蜘蛛仲間が介入することをKindredは仕組んでいたのか。

前半で、George Staceyの遺体をKindredが掘り起こしたシーン。またまた、ここでオイラは騙された。正体はGwenなのかとね。騙されたこと自体快感。

正体がHarryであればKindredという名前がピンと来るので合点はいく。一方、どうやってそんな力を持つことができたんだ。腑に落ちぬ。しかし、疑問が解決しても、新たなる疑問が出て来る展開は嫌いじゃないね。

価格の他に気に入らない点。851号の進行が時系列的になっていなく、ちょっと話が掴み辛いところかな。その掴み辛い話が補足されているのが、50LR号。

襲われて川底の潜水艦から放り出されたSPIDER-MANがもう一度戻って仲間を助け出すシーンは彼らしくて良いな。一方潜水艦に取り残された罪に憑依された蜘蛛仲間は何をやってたんだ。生存本能はゼロなのか。

Dr. KafkaのNorman(この時点では完全に昔の彼ではない)に対する疑問。”Ask yourself who might intercede on your behalf.” Normanと息子Harryの間を取り持つことのできるのは誰かという意味だが、そのページの2ページ後に現れたのが、Mary Jane Watson。2回目の待ってましただな。そして、画を担当しているVincentiの画が一番光っているページでもある。
0

2020/11/28

製氷皿から出してきたような背脂、新宿ゴールデン街「麵屋我論」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区歌舞伎町1−1−5
2020/11/20


この日も午後は自宅で勤務。移動中の昼食は計画通りのラーメン。新宿は西口の新店と迷ったが、1か月前ぐらいにテレビで見た、ゴールデン街の飲み屋がラーメン屋さんとして営業している、この店を訪問。基本の淡麗ラーメンを差し置き、「背脂煮干しラーメン」1,000 yenを注文した。(最近ちょっと高いメニューを注文し過ぎ。)

具は、メンマ、青葱、玉葱、唐辛子、味変用に別皿にのせられた葉唐辛子、背脂、チャーシュー×3枚分ぐらい。最後の方に唐辛子を齧ってみたが辛かった。当たり前。葉唐辛子もスープに投入したらかなり辛くなってスープを飲み干せなかった。チャーシューはどっちだか自信ない。柔らかくなるまで煮込まれて噛みちぎる必要なし。大量の背脂は製氷皿で作った氷のように形がしっかりしている。こんな状態の背脂初めて。(写真だとスープの外側に漂ってる白い塊が背脂)

麺は、国産小麦使用。断面がほぼ正方形の細い麺。細い麺なのは、バーだけに茹で時間を短縮したかったんだろうな。

スープは、煮干し。無化調に拘っている。炭酸水使用とのこと。もともと5 gallonsというバーが営業しているラーメン屋さんなので炭酸水は沢山あるらしい。煮干しだけどこれでもかってくらい煮干しではない。また塩っぱくないので誰でも食べられる。そこが良いな。
0

2020/11/23

Chaykinが描く良質な大人の読み物、Marvels Snapshots SPIDER-MAN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今回は短くMarvels Snapshots SPIDER-MANを紹介。SPIDER-MANのアクションを期待する方はがっかりするので買わないこと。良質な大人な読み物を楽しみたい人向け。そうであれば、SPIDER-MANと名の付くコミックブックを、否コミックブックを読むのかと自問する。

筋書、画と共にHoward Chaykinが担当。もうこれだけで、良質な作品が保障されている。このブログでも何作か彼の作品を紹介したはず。STAR WARSやMichael MoorcockのErekose等を手掛けた巨匠。圧倒的な筆使いに読んでいると引き込まれるな。

粗筋。ニューヨークで暮らす仇名がDutchと呼ばれるケチな悪党の視点を通し、スーパーヒーローやその敵が跋扈するニューヨークを描いている。

元々Marvelsはカメラマンの眼を通したスーパーヒーロー達の姿なのだが、今回はもっと市井の人の生活がクローズアップされているように感じる。悪党が力を付けた結果、Dutchのような小悪党はどうも居心地が悪い一方で、彼の相棒RonnieはTinkererやOwlといった大悪党のおこぼれを狙っている対比が面白い。

ニューヨークにいるヒーロー達が背景に描かれているのが微笑ましい。PUNISHERなんて小型のバンにロゴが描かれているだけだ。その一方悪党はコマの中央に描かれているのは味噌。

最後のコマのDutchの台詞が笑える。
0

2020/11/22

X of Swords祭りが進行中、X-MEN 12号、13号   アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

前回のMarvel祭りに続いて今度はX-MENの姉妹誌縦断のお祭り、X of Swordsが開始。

筋書をJonathan Hickman、12号の画をLeinil Francis Yu、13号の画をMahmud Asrar、彩色を Sunny Ghoがそれぞれ担当。Yuが担当を外れてAsrarが登板。現在のX姉妹誌を牽引するX-MENの担当アーティストにしてはAsrarは経験不足かな。もっともYuだって本人が昔担当していた時は力不足って認めてたからな。

添付画像は13号の表紙。Alex Rossによるvariant cover。CYCLOPSの図。Rossはこの月Marvelの各誌で同じように白の背景にheadshotやbustの画を描いている。CYCLOPSの他SPIDER-MANも注文している。到着したらこのブログで紹介予定。残念なのは丁寧に読んだのに左端がちょっと裂けていること。チョー悲しい。

まずは粗筋から。X-MEN 12号は、X of Swordsの前日譚。Apocalypseが孫らしいのだが、キモイミュータントSummonerに過去の歴史を聞くという設定で、これまでの異星人のミュータントの一族Aarakkoと悪魔チックな敵Amenthとの戦いが語られる。13号ではその歴史の続きを現在のApocalypseが語る。

聞き慣れない固有名詞ばかりで、12号を理解するのに時間かった。その後のX of Swords Creationを読んで段々わかってきたかなと思ったら、その続きは姉妹誌を読まないとわからん展開。X-MENの設定が変って1年。初めて面白い話だなと思ったのは事実。

序盤のこのX-MEN 13号までは10振の刀が集まる展開がゆっくり進む。これ全部読んでる人いるんだろうな。お疲れさまです。

上手いなと思ったのはSummonerが無敵なのだが、眼が弱点ということ。何をSummonするのかと思えば、悪魔を召喚することができるってことなのか。

これまでの設定が全てチャラになっているから、矛盾するわけじゃないが、Apocalypseがいつの間にか古代エジプト生まれじゃなくなってる? ハ?

また、X-MENのオリジナル・メンバー達が軽視されているのも気に喰わない。Apocalypseなんて全然感情移入できないよ。死にかけようがどうだろうが、どうでも良い。

それから、設定が破綻している。どんな瀕死の重傷でも、死ねば、生き返らすことができるから、全然ハラハラ・ドキドキしない。これが今回のX-MENの世界の最大の欠点だ。

何度も言うけど、X of Swordsは話としては面白いのは認める。
0

2020/11/21

ずっしりした帆立ポタージュは残さず飲んでほしい、池袋西口「Noodle Voice」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

豊島区西池袋1−3−5
2020/11/14

この日は日経で読んだ新聞紙で作った恐竜のオブジェの個展を見たくて池袋へ行った。その前の腹拵は当然のラーメン。池袋の駅から離れた店は次回に回し、ギャラリーへ行く途中にあるこの店を訪問。自販機の一番左上にある、「濃厚ホタテそば」900 yenを注文した。

具は、メンマ、紫玉葱、カイワレ大根、大根、柚子の欠片、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚。バラ肉のチャーシューがデカい。ホロホロの状態で歯は必要ない。こういうのもあり。ちょっと帆立の塊がないのは寂しかった。

麺は、断面が正方形の中太ストレート。麺の中に麦の粒が確認できる。つけ麺もこれと同じものなんだろうな。並で200g。ラーメンとしてはちょっと多いかな。しかし軽く食べてしまった。胃が拡張している疑惑。

スープは、ホタテなんでしょう。海産物の香りが凄い。「濃厚」のメニュー名に偽りなし。底にホタテの小さいのが沈殿しているので、スープは残さず飲んでほしい。

0

2020/11/15

キャンベルの表紙で厚さがトレードPB、ASM 850(49)号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します


先週到着したAmazing SPIDER-MAN (“ASM”)850(49)号を読み終えたのでレビュー。(Legacy Numberとカッコ内はSpencer後の号数。)今月は嬉しいことにASMを始めアメコミが多数到着したので勿体ぶらないで読むことができる。850号という筋目の記念号なので、分厚い。久し振りに綴じ方が真ん中でホチキス留じゃないアメコミを見た。昔の記念号はこんな感じだったな。ちょっとしたトレードペーパーバッグ。(英語で言えばPaperbackに違いはない)

筋書をNick Spencer、画をRyan Ottley、Humberto Ramos、Mark Bagley、インクを多数が担当。その他にChris Bachaloが描いている短編の他、短編2作のオマケつき。添付画像はJ Scott Campbellのvariant cover。実はこの表紙のタイトルが印刷されていないもの(virgin variant)が公式サイトで$348で売られている。買わない。しかし何かバブルだな。

豪華絢爛アーティスト陣だ。その中でも特に良かったのはRamos。今まで見た彼の画の中で最高傑作じゃないかなと思える程良い。歳を経るごとに画がシンプルになっていくのだが、彼は今が円熟期なのかもしれない。特にNorman Osbornが良いな。それからBagleyも安定した画力で読んでいて何の不満もなかった。Bachaloの描くSPIDER-MANがあまりに後期アラレちゃん的仕上がりでなんだかな。

粗筋。Sin-eaterは遂に彼の持つ銃でJuggernautを撃ち抜く。Juggernautの力を吸収した彼は巨大化する。執拗にNormanの後を追う。それを止めようとSPIDER-MANは必死に努力する。

気に入ったシーンや台詞等を紹介。NormanのSin-eaterのコスチュームに対する感想。”You know I take great offense at your appropriation.” 緑と紫はGreen Goblinのトレードマーク的色使いでそれと同じSin-eaterのコスチュームにケチを付けている。

巨大化したSin-eaterと戦うSPIDER-MANのいつものwise-cracking。”But HULK needs his stretch pants back. Trust me you wouldn’t like him when he wears khaki.” これはHULKのテレビシリーズのバナー博士の決め台詞のパクリ。Sin-eaterの姿とズボンがまさにHULKと瓜二つなこととひっかけてつまらない冗談にしている。

もう一つSPIDER-Gwenの台詞。Peterのヒーローとしての姿勢についての賛辞である。”No matter who tries to stop him, he’s going to do what he believes is right.” 

この号の中で一番良かったのは、SPIDER-MANを崩れ落ちた天井だか壁だかからNomanが救うシーン。一番憎むべき相手からの借りを返済するため。一方もう借りは返したから、次にSPIDER-MANが窮地に陥っても助けない。合理的で非常に納得できる。

NormanがSPIDER-Gwenの臭いをかぎ、Gwenと看破するシーン。キモイ。しかし嫌いじゃない。と同時にそりゃわからんよねと納得出来ない気持ちもある。

これまでCarlie CooperがKindredだと言い続けてきたが、ちょっと自信がなくなってきた。Kindredの意味がCarlieだと繋がらないのが引っかかっていたが、850号の中でこれまでのNormanとの戦いで命を失って来た登場人物の回想シーンの中にHarryいる。確かにHarryだったらKindredと繋がる。こんな推理も楽しい。

蜘蛛の力を持った仲間たちの存在は余計。もしくは活かしきれていない。何か重要な役割を果たすのかと思いきや最後の最後でPeterを助ける。いやー記念号だからこそ、Peter自身の力で苦境を乗り越えてほしい。それでこそ、スーパーヒーローってやつなんじゃないかな。例えばASM 33号で巨大な重機を持ち上げるシーンなんかが、オイラの望むシーン。

OttleyはASMから担当を外れるみたいだが、残念じゃない。
0

2020/11/14

鶏挽肉が沈んでいるのでよくかき混ぜて、西新宿「鶏そばかぐら屋」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区西新宿7−16−10
2020/11/06

この日は午後から会社を休んだ。帰る途中のお昼ご飯は当然のラーメン。検索したら新店ができているので、早速試すことに。デフォルトではつまらないので「濃熟チーズそば」1,000 yenを注文した。

具は、メンマ、青葱、キャベツ、パルメザンチーズ、鶏挽肉、チャーシュー×1枚。キャベツは初めてじゃないが味噌でもないスープで珍しい。パルメザンチーズをスープに溶かすと全然別物になる。嬉しいのだが、量を増やしてほしいかな。そして鶏モモのチャーシュー。よくある甘い味付けではない。もっと肉そのものに自信がある店の味だ。そしてデカい。嬉しい。

麺は、中細、細麺から中細を選択。大成食品製造。個人的に細い麺より太めの麺が好みなのでこっちが良いな。断面が長方形の麺。

スープは、丸鶏。濃厚。鶏の挽肉が底に沈んでいるので、時々レンゲでかき混ぜて飲むと良い。丼はそれ程量が入らない形のものなので、最後に残って残念な気持ちにならないで済む。おじやにも使える濃厚なスープでそれが捨てられるのは環境に優しくない。途中から備え付けの揚げたニンニクを投入したのだが、これも良いな。休みの日じゃないとできない技だ。
0

2020/11/8

PeterのMary Janeへのプロポーズへの返事篇、1987年のAmazing SPIDER-MAN 291号、292号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

Peter Parker、Mary Jane Watson (“MJ”)の結婚前のすったもんだを確認中。1987年のAmazing SPIDER-MAN (“ASM”) 291号、292号をレビュー。この当時のアメコミは次の号を読むのを待ちきれない。まとめて買って良かった。

筋書きをDavid Michelinie、291号の画をJohn Romita Jr. (“JRJR”)、292号の画をAlex Saviuk、両号のインクをVince Collettaがそれぞれ担当。添付画像はAl Milgromが描いた291号の表紙。赤い表紙色が印象的。290号でJRJRについて書いたので、今回はSaviukについて。前にも書いたと思うけど、彼は新聞に連載されているSPIDER-MANを長く描いていた。小さなコマの中での人物描写は結構得意、

粗筋から。姉の緊急事態を助けにMJはピッツバーグへ向かった。一方、父親の遺志を継ぎSPIDER-MAN に敵意むき出しのAllister SmytheはSpider Slayer(蜘蛛殺しロボ)を操りSPIDER-MAN をつけ狙う。(父親の話は光文社版スパイダーマンにて紹介されている。)

気に入った台詞、シーン等を紹介。何と言っても前号からの宿題Peterのプロポーズに対し、MJの応えは、”No.” 上述の通り彼女は姉の問題(投獄されている)で気もそぞろ。Peterの選んだタイミングは最悪。

1ページの中で、SmytheとMJの明日に対する考えが正反対と言わなくても大分違うことが書かれている。Smytheは悪人であってもアメリカ人。超楽観的。MJは不仲な姉との再会に不安を隠せない。ここではMichelinieが良い仕事をしている。

蜘蛛殺しロボの催眠ガス攻撃に窮地のSPIDER-MANの台詞。”Gotta shake of the effects before that Spider Slayer earns its name.” この表現は英語ならでは。結構好き。

もう一つ。自分の問題を最初はPeterと共有しないMJが電話でPeterに伝えた言葉。この号のハイライト。”People do need each other. And I need you now.” 蜘蛛殺しロボとMJの選択に、PeterがMJを選ぶのは当然だ。

292号でMJの父親が登場。MJの姉Galeが拘置所に入れられているのは彼が原因。もうちょっと伏線とかでGaleと父、MJの関係を説明してほしかったな。
ASM 290号のプロポーズは何か急すぎ、かつMJの心を掴めなかったのだが、そんなPeterが、MJの心をグッと掴む言葉を伝える。”I can’t make the choice for you, pretty lady. But I swear I’ll do everything in my power to help you live with decision you make.” 

最終ページ、最終コマでのMJの返事は彼女の笑顔と共にある。このコマはSaviukでないと駄目だ。

291号、292号通じて気に入らないのは、蜘蛛殺しロボのデザイン。何とかできなかったのか。
0

2020/11/7

何か懐かしい味のラーメン、四谷の「支那そば こうや」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区四谷1−23
2020/10/30

オイラが学生だった頃にはこの店は四谷にあった。しかし、その当時ラーメンに興味がなかったから、行ったことないんじゃないかな。完全にモグリ。初めてなので、支那麺(しなそば)850 yenを注文した。メニューにある「そば」は「麺」と書いて送り仮名で「そば」と書いてあり、店名とは違うね。

具は、メンマ、青葱、白葱、ノリ×1枚、チャーシュー×2枚。(最近は支那という言葉を使わないようにしているのだが、メニュー名と店名についているので、申し訳ないけど使いました。)結構大き目のバラ肉のチャーシューが2枚なのは嬉しい。味付けに中華っぽいスパイスは使わずあくまで和風。だから、何か懐かしい。

麺は、吉田食品製。断面が長方形の平打麺。茹でる前によくほぐされてある。固めで注文する人もいて、そちらの方がオイラの好みだったね。

スープは、豚、鶏、野菜らしい。野菜が、この柔らかいスープに貢献してる。美味しいんだけど、写真の通り、多過ぎて飲み干せない。沢山残しちゃって申し訳ないし、勿体ない。デフォルトはスープ少な目にしてほしいな。
0

2020/11/3

なんちゃってコミコンが止まらない、大師匠John Byrneのサイン本  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、御用達Mycomicbookshop.comで偶然見つけたJohn Byrneのサイン本。半分怪しいサインなのだが、ちゃんと本物だという証明書(Certificate of Authenticity)がついている。

$30で購入。しかも、Chapter Oneの正式な表紙と添付画像のようなvariant coverの2冊セット。まー全部で同じようなセットが2,000部もあってその内の1つなんで価値的には$30でも安くはないかもね。

Variantの表紙はJae Leeが担当。Jae Leeのサイン本も御用達で売っているので良かったらどうぞ。

Chapter Oneは1999年の作品。Byrneの担当したコミックブックの中では極めて評判が悪い。発行部数も多く結構安く売られている。

NM(ほぼ新品)という状態で封がしてあるので、敢えて開封せずにこのままとっておくことにした。コロナ騒ぎが収束したら、CGC (Comics Guarantee Company)に鑑定書を付けてもらおうかな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ