2021/1/31

Peter DavidはJ Jonah Jamesonのことがわかっている、Symbiote SPIDER-MAN King in Black 1、2号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Peter Davidが筋書を書いているので、またまた買ったSymbiote SPIDER-MAN King in Blackを読み始めたので、レビュー。

筋書きをPeter David、画をGreg Land、インクをJay Leistenがそれぞれ担当。前回のAlien Realityと製作スタッフは同じ。安定感があるね。添付画像の表紙は、1号の表紙。今回の登場人物が一目でわかる優れもの。

粗筋。Ravencroft(精神疾患犯罪者の収容施設)にいるAlister Smythe。Mr. Eなる宇宙生物が彼を利用し宇宙からの侵略者が施設内でSymbioteを繁殖させる。一方Kang the Conquerorは宇宙を救おうと張り切っている。魔法使いMerlinはBLACK KNIGHTを使い侵略を食い止めようとする。

気に入った台詞やシーンを紹介。風船を追いかけて車道に飛び出した男の子を助けたSPIDER-MAN。母親と男の子の会話。”Who saved you?” “DAREDEVIL” この会話を聞いたSPIDER-MANは全然気にしない。筋書を担当する作家によっては、プンプン怒らせるところだが、Davidの表現はこうだな。こっちの方が全然良い。

KangがWatcherを捕まえて知識を吸収しようとするが、逆にKangの知識をWatcherが吸収すると言うシーン。これは面白い。WatcherがKangに捕まっても、何をされるのか逆に興味津々だったのも頷ける。

SPIDER-MAN とBLACK KNIGHTの会話も気が利いている。”What are you doing?” “Saving the day. It’s what we are doing.” ヒーローが当たり前のように悪人を始末する様子が良いな。

2号でも二人の会話は何かほのぼのとしていて、危機感を全然感じさせない。SPIDER-MANがBLACK KNIGHTにわざと聞こえるように言った台詞。”They let anybody into Avengers.”この台詞に彼の嫉妬を感じる。

1、2号でわかったポイント。まず、侵略者は普通誰も触ることが出来ないのに、SPIDER-MANだけは掴むことができる。同じSymbioteだからね。それから、ラスボスKnullはBLACK KNIGHTの持つEbony Bladeに弱い。2号では残念ながらそれを敵に奪い取られてしまったが…。

そのBLACK NIGHTカッチョ悪い敗北を期したが、現れたMerlinが偽物だと看破したシーンは良かった。

また、新聞社主J Jonah Jamesonの無茶苦茶な理屈も笑える。筋書を作っているDavidは本当に彼のことをわかっている気がするな。そしてもの凄く有効に利用している。日食(侵略者による仕業なのだが)を予想していなかった科学記事の編集者をクビにしちゃうしね。
1

2021/1/30

拘りが半端じゃない市ヶ谷「麺や庄の」のらーめん   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

市ヶ谷店 新宿区市谷田町1−3
2021/01/20

法律で年5日年休を取得しないとダメなので、午後半休。休みなのでちょっと歩いて市ヶ谷駅そばにあるこのお店を訪問。最近お気に入りの麺庄グループの本丸。特製ラーメン990 yenを注文した。

具は、メンマ、青葱、玉葱、ノリ×1枚、チャーシュー×4枚。勿論バラ肉のも良いのだが、生ハム上の肩ロースが柔らかくて非常に噛みやすく気に入った。特製とか肉盛じゃないとこの低温調理チャーシューはのってないので、そっちがお薦め。

麺は、濃いスープと合う麺は噛み切ることが快感になる噛みごたえ十分な麺。断面は正方形に近い長方形。太さは普通。毎日製麺しているらしい。チャーシューだけでも評価が高いのに、ここの麺は非常に美味しい。流石。このグループは拘りが半端じゃないからな。

スープは、魚介豚骨。物凄く濃厚。これでつけ麺でこ行けそう。豚骨を何度も濾しているからか臭みなし。煮干しと鰹とシイタケを使って濃厚魚介に仕上げている。川崎で食べたつけ麺のスープも良かった(忘れていたけど、記録しているものを読み返した。)が、温かいスープも品質高し。
0

2021/1/24

結局何のためにPeterの夢の中へ行ったんだ?、Amazing SPIDER-MAN 854(53)号、53LR号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今月もSPIDER-MANが多数発行されているので楽しい。今回はAmazing SPIDER-MAN (“ASM”)854(53)号と今月の53LR号をレビュー。(Legacy Numberとカッコ内はSpencer後の号数。)

854号の筋書をNick Spencer、画をMark Bagley、インクJohn Dell、53LR号の筋書をSpencerとMatthew Rosenberg、画をFederico Vicenti、Takeshi Miyazawaがそれぞれ担当。添付画像は854号のvariant coverでHumberto Ramosの作品。

粗筋から。Peterの夢の中でHarry Osbornのためのパーティーが開かれている。ワザとKindredはその夢を見せている。そして、Kindredは彼のマスクをゆっくりと外し、彼の正体を初めてPeterに見せる。53LR号ではMorlun対Sin-eater、蜘蛛の力を持つ者はPeterの夢の中を旅する。

今回も気に入ったシーンや台詞等を紹介。まずは1ページを6コマに分け徐々にマスクを外していくKindred。既にPeterは彼の正体がHarryであることに気付いている。だからこそ、彼の眼から涙がこぼれるシーンが活きてくる。このページが854号のハイライトかな。

次のページはもうASM 854号の最終ページ。”Gotcha”というGreen Goblin時代のHarryの台詞をここで、Kindredに使わせている。Spectacular SPIDER-MAN 189号(1992年に発売されたホログラムカバー作品)の1ページ目では、Mary Janeがビックリ箱を開けると”Gotcha”という台詞を人形が出す仕掛けになっているシーンが有名。

続いてASM 53LR号。強力な怪物(キモイ)Morlunを苦戦しながらも倒したSin-eater。こいつは頭がイカレテいるのか、大した戦術家なのかわからんな。一方Morlunはこの話の中では、三流悪人扱い。最初に出てきた時は久し振りのラスボス級悪人だったのに。Venomのような魅力がないのかな。容姿が普通だからか。

続いて、DR. STRANGEの台詞。Peterの夢の中の世界で蜘蛛の力を持つ者に襲いかかる怪物を倒しながら、”I’ll handle this like always.”自慢気に言っているが、簡単に倒せるんだったら最初から倒してほしい。

それからすんなりPeterの夢の世界から出たのだが、結局何のために行ったんだ?

最後にちょっと愚痴。53LR号、54LR号が、到着したら、854号、855号のvariant coverだった。2ヶ月続けてがっかり。何か御用達の書き方がお客さんをミスリーディングしている気がする。(いつもの他責)しょうがないから再注文したが、もうこの手のナンバリングは懲り懲り。
0

2021/1/23

ラーメン作りの進歩は決して止まらない、曙橋「油そば専門店GACHI」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区住吉町7−10
2021/01/14

次の週からまた繁忙期に入るため、午後半休をとりまずは四谷三丁目駅からちょっと歩く、麺庄グループのこの店を訪問した。ラム入りの油そばと「長茄子油そば」900 yenと迷ったがナスの方にした。

具は、青葱、玉葱、ナスの素揚げ、ナルト、刻みノリ、チャーシュー×4個、カレー餡。チャーシューはバラ肉。炙ってあって甘めでスパイスカレーとの相性抜群。大きさもあって粗利はそれ程ないんじゃないかな。それにしてもこの麺庄グループの味への拘りは凄いな。

麺は、並200 gと大300 g同料金。大盛を選択。断面が長方形の極太縮れ麺。配膳されたら量の多さに食べ切れるか自信がなかったが、食べ切れた。デュラムセラムとカンスイでコシの強い麺が実現されている。

スープには和歌山の醤油「角長」亜麻仁油、胡麻油を使用しているとのこと。辛さがちょうど良い。出てきた時からスープが麺に和えてあり、混ぜる面倒が少ないのも良い。麺が太くて混ぜるの大変だし。後からカレー餡を混ぜることで味変になる発想。このカレー味には、しっかりスパイスが効いていて美味しい。半年前に訪れた同じグループの「スパイスらぁめん釈迦」でも感心したけど、ラーメン作りの進歩は決して止まらない。
1

2021/1/17

Mary Janeはこの頃から戦士だった。1990年のAmazing SPIDER-MAN 338、339号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

Sinister Six篇の最終2話、1990年のAmazing SPIDER-MAN (ASM) 338号、339号をレビュー。

筋書きをDavid Michelinie、画をEric Larsen、338号のインクをMike Machlan、339号のインクをRandy Emberlin、John Romita Sr.他。どのページがRomitaかわからん。添付画像は338号のものを使用。Larsenの画にAl Gordonがインクを入れている。Sinister SixとSPIDER-MANはなかなかの迫力。因みに338号の1ページ目の構図も結構好き。真ん中にロケットをはさんで、Sinister SixとSPIDER-MANが対峙する図。

まずは粗筋。Doctor Octopus の狙いは科学目的のロケットに毒を乗せ地球全体にばら撒くこと。それを阻もうとするSPIDER-MAN。

気に入ったシーンや台詞等を順不同で紹介。今回のちょい役は、FANTASTIC FOURのReedとTHOR。ReedはMJの背景のテレビに映っているだけ。THORはもう少し活躍していた。

ASM 338号のSPIDER-MANの台詞。”I only had to face them one-on-one.” ASM Annual 1号でSinister Sixと戦ったSPIDER-MANの回想。読んでいないのだが、当時のSPIDER-MANが彼等と戦い勝てたのは1対1で戦ったから。読もうと思えばすぐにでも読めるけど、何となく紙で読みたいんだよね。因みにHobgoblinはその当時は存在していなくて、Craven the Hunterが昔はSinister Sixの一員だった。

それから、毒薬を調合しているDoc Ockの陰でちゃっかり毒をくすねているHobgoblinが楽しい。そしてそれがASM 338号の最終ページのCliff Hungerで使われているのが憎い演出。

その前から伏線はあるので先は読めたが、Sandmanの裏切りも見逃せない。

ASM 339号はどうも肩透かしだった。Doc Ockの蒔いた物質は毒じゃなかったはずだけど、結果有毒でDoc Ockの持つ解毒剤が必要みたいな中途半端な展開。

Doc Ockの長い脚との戦闘シーンは誰が描いても映えるのだが、Larsenの描くそれも結構良いな。どの足がどこにあるかさっぱりわからんが逆にそれが活きている。

物語の半分はPeterの妻Mary Janeを独り占めにしたい変態野郎Johnathan CaesarとMJの一騎打ちと思いきや伏兵が現れて一気に物語が終焉する。MJはこの頃から問題点に立ち向かう戦士だった。面白いのは結局買った拳銃は使わず、MJはメイスとハンドバッグで犯人を倒すところかな。
0

2021/1/16

攪拌された鶏豚骨スープは見た目も味もマイルド、四谷三丁目「鶏豚骨一學」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区四谷3−9
2021/01/08

この日は、午後から自宅で勤務。帰宅途中に四谷三丁目の駅そばにあるこの店を訪問した。券売機左上の「鶏豚ソバ」780 yenと餃子200 yenを注文した。

具は、メンマ、白葱、髭唐辛子、キャベツ、ノリ×1枚、チャーシュー×2枚。ちょうど季節なのかキャベツが美味しくてもっと欲しかった。メニュー通り鶏と豚(肩ロース)が1枚ずつ。好みは豚だな。

麺は、断面が長方形の麺。普通の太さ。普通にお腹が満足できる量。

スープは、鶏ガラ、モミジ、豚骨、豚足を使用。攪拌し泡を作っている。これで見た目もマイルド。豚骨だが臭みがないので、しつこくなく見た目と同じくマイルドに仕上がっている。キャベツにのっているのは味噌玉かと思ったら、魚粉玉で途中から味変が楽しめる仕掛け。結構鶏豚で完成されているので味変まではいらないかな。

餃子には大蒜を入れる入れないを選択可。この後人に会わないので入れて注文。絶対そっちの方が美味しい。

四谷三丁目を攻め続けてきたので、そろそろ他の駅へ攻撃対象を変更するかな。
0

2021/1/10

Sinister Six中盤戦、1990年のAmazing SPIDER-MAN 336、337号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

Sinister Six篇の続き1990年のAmazing SPIDER-MAN (ASM) 336号、337号をレビュー。

筋書きをDavid Michelinie、画をEric Larsen、336号のインクをMike Machlan、337号のインクをTerry Austinがそれぞれ担当。添付画像は337号のものを使用。Larsenの作品なのだが、インクは何とWalt Simonson。大好きなアーティストの一人がインクを入れているのは嬉しい。本当は鉛筆も彼が描いてくれたらもっと良いのだが。X-MEN Legendという雑誌で奥さんLouisと組んでまたX-MENを描いてくれるらしい。楽しみ。

まずは粗筋。KingpinがVultureを雇いカジノ王Traskを殺害を試みる。Kingpinと組む他のヤクザは裏でChanceを雇いその殺害計画を助ける。それを阻むSPIDER-MAN。337号ではDoctor Octopusとその指示を受けるSinister Six達の計画が始動。

気に入ったシーンや台詞等を順不同で紹介。まず、DR. STRANGEがちょい役で出演。人間そのものを称えるのではなく、その所有物を褒めることで称えるような人々を悲しむ姿が面白い。Michelinieの考えをSTRANGEに代弁させているんだね。

ASM 336号の最後は、May伯母さんが心を寄せているNathanの死で終わる。彼は自分の死期が迫っていることを知り、全財産をカジノ王の死に賭けている。結局そういう人にはお金は行かないのだが、上記のように物質的な幸せを否定する作者の考えは終始一貫している。

ASM 337号でもゲスト出演あり。NOVA。ただし、前号のSTRANGEと同じで、物語の進行とは関係なく通りすがり。

337号のクライマックスは前半の1ページ。窓を割って暴れまくるHobgoblinを襲うSPIDER-MANの図。コマのないページをSplash Pageって言うんだけど、結構こういうページにこそアーティストは心血を注ぐ。だから読者が圧倒されるような迫力が出て来る。

最終ページのDoc Ockの台詞を紹介。”And Earth will belong to Octopus alone.” 笑っちゃう。Sinister Sixを組んでも結局こいつは自分以外の奴らのこと何に考えてない。それでこそ、Doc Ock。仲間への憐憫なんてない。それから、全ての計画は彼がたてている、仲間のことなんて信用していない。彼がリーダーである間は、Sinister Sixってそもそも長続きしない宿命なんだね。

ちょっと、細部は違うけど、Dan Slottが書いたDoc Ockが衛星を使って地球の温度を上る計画もこの話と似ている。いずれも、全世界を脅迫しているしね。
0

2021/1/9

チャーシューが4枚のっていると最初に1枚食べられる、小網町「中華そば三浦」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

中央区日本橋小網町13−8
2020/12/29

年末の買い物は人形町と決めている。その前の腹拵は当然のラーメン。一度行ったことのある店とその近くのこのお店を迷ったけど、行ったことのないこの店を優先した。メニューはあまり選択肢がなく、辛くない「中華そば」800 yenを注文した。

具は、青葱、モヤシ、錦糸玉子、ナルト、チャーシュー×4枚。メンマがないのと冷やし中華でもないのに錦糸玉子がのっているのが珍しい。バラ肉のチャーシューはスープよりちょっと濃い味付けでバランスが良い。チャーシューを最後まで取って置く派だが4枚あると先に1枚食べられ嬉しい。

麺は、細い断面が正方形の麺。量は正直もうちょっと欲しい。ランチタイムはご飯付きのセットが豊富だが、そっちに誘導する作戦なのかな。ご飯がついてなければ、魅力的なランチセット多数あった。夜は飲み屋だからこそだな。

スープは、醤油豚骨。白濁したスープは、豚骨の臭さもなく、醤油が前面に出ていない。非常に飲みやすい。量もそれ程ではないので飲み干してしまった。
0

2021/1/3

Terry Austinのインク、1990年のAmazing SPIDER-MAN 334、335号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します
引き続き1990年のDavid Michelinie、Eric Larsen時代。Amazing SPIDER-MAN (ASM) 334号、335号をレビュー。

筋書きをMichelinie、画をLarsen、334号のインクをMike Machlan、335号のインクを何とTerry Austinがそれぞれ担当。添付画像は334号のものを使用。Larsenの作品なのだが、インクはAustin。Austinは1980年代にJohn Byrneとタッグを組んでX-MENのインクを担当していた彼だ。背景の仕上げ何かはX-MEN時代の彼の作品を彷彿とさせるね。

前回Larsenの画をWalt Simonsonに譬えたが、コマ割りやそもそもSPIDER-MANの描き方はそのままTodd McFarlaneの描き方を継承してるな。ASM 334号の1ページ目のElectroがコマをはみ出して描いてるところなんか、McFarlaneて言われてもおかしくない。勿論細部の描き方の個性は違うわけで、よく見りゃ違うけどね。

続いて粗筋。Dr. Octopus (Doc Ock)は再びSinister Sixを結成しようと、昔組んだゴロツキElectro、Hobgoblin、Sandman、Mysterioを勧誘。勧誘の場に居合わせたSPIDER-MANだが、警備員の命を危険に晒したDoc Ockの計略に引っかかり、彼を見逃すしかなかった。

いつものように、気に入ったシーンや台詞等を順不同で紹介。今回も、設定から。Electroは、空を時速225 kmで飛べる。つまらん知識だな。

Electroが現れた現場に居合わせたSPIDER-MANに対するElectroの台詞とそれに対するいつものSPIDER-MAN節。”You ! It’s always you.” “I’d never date a guy whose face is covered with lightning bolts.” 彼のマスクをからかっているのだが、そうだよね彼のマスクはあまりセンスが良くない。また、最初の台詞はShockerも335号で使っている。

もう一つASM 334号で笑ったシーン。IRON MANの突然の訪問と一瞬の後に去った彼に対する大学の職員、学生に対しその後現れたSPIDER-MANに対する無関心な態度。その後Peterは結構落ち込んでいるのが、同じように落ち込んだMary Janeに対する思いやりを示す独り言でわかる。

Sinister Sixに引っ掛けて6話完結。前半の4冊を読んで全然飽きない。そこが最近のアメコミとの違いだな。

Black CatがMary Jane (“MJ”)と結婚したPeterへの腹癒せにFlashとデートしていることに対する、Mary Janeのコメントとそれに対するPeterの返答。”You’re smarting a little because your ex-girl coming on to your best friend.” “I’m worried about Flash. That’s it. Well mostly all.” Smartは気分を害するみたいな意味で使っている。Peterも元カノの行動に完全には冷静じゃない様子が伝わる。

0

2021/1/2

出汁とかえしと香辛料のバランスが完璧、西池袋の「中華そば しながわ」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

豊島区西池袋4−19−14
2020/12/27

新年1回目のブログは年末に訪れたこのお店。この日は池袋で落語。その前の腹拵えは当然のラーメン。券売機に向かう前は熱いものにしようと思ったが、この店の前身がBASSO DRILLMANと思い出し、その前身の売り「つけ麺」に変更。煮干しつけそば 850yenを注文した。

具は、メンマ、白葱、玉葱、ノリ、背脂、チャーシュー×5、6個。この価格でチャーシューがスープの中にゴロゴロ入っている。嬉しい。待っていたら、チャーシューを網焼き器を使って炙っているのを発見。甘めの味付けがスープと調和している。

麺は、中盛りで350 g。ちょっと多かったと思ったのにペロリと食べられた。茹で時間が長め(6分20秒)だから列ができるのはしょうがない。断面がほぼ正方形の太麺。モッチリ感バッチリ。

スープは、動物系と煮干し。出汁とかえしと香辛料のバランスが完璧。旨いとは噂で知ってたけど、これ程までとは。

このお店池袋から立教大学を過ぎて山手通り手前にある。店内9席。日曜日お昼前から1時間並んだね。待った甲斐は絶対あった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ