2021/4/11

生誕35周年記念号のVenom篇、1992年のAmazing SPIDER-MAN 374、375号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

1992年のAmazing SPIDER-MAN (ASM)、Venom篇をレビュー。374号、375号について。

筋書きは今回もDavid Michelinie、画をMark Bagley、インクをRandy Emberlinが担当。添付画像は当然ASM30周年記念の375号の表紙。背景は金色でキラキラしているのだがスキャナーで撮り込むと何かピンと来ない色になっちゃう。

粗筋から。子供の頃別れたPeterの両親(?)との関係が修復される中、彼らはVenomに誘拐された。SPIDER-MANは行方を探すためVenomことEddie Brockの過去を新聞社で探り彼に別れた妻がいることを知る。

気に入ったシーンや台詞等を紹介。まず、Venomの何だか凄い怖い台詞。”We could kiss his beating heart just before we devour it.” 当初は単にSPIDER-MANへの歪んだ復讐心だけだったのに、異常な殺人鬼になっちゃったVenom。

Peterの両親にスケートを誘われたMay伯母さんの応え。”I have enough trouble trying to balance household budget. 氷上で体勢を保つのと家計の収支を均衡させるを掛けている。こういう言葉のあやが英語の面白いところ。

ASM 374号の後半部分はアクションまたアクション。見せてくれた。残念なのはSPIDER-MANが戦いのイニシアチブを取れなかったところかな。

続いて375号。SPIDER-MAN誕生35周年記念号で分厚い。残念なのはオマケの話が全然面白くないところ。そりゃそうだわな。限られたページ数でぐっとくるような話作れって方が無理がある。

PeterがSPIDER-MANであることを両親(?)は知らないわけだが、それにVenomが驚くだけでも楽しいが、その後の台詞。”We won’t tell you, either. It would only break your hearts.”もうVenomにとってSPIDER-MANは悪の塊。だからこそこんな台詞が出て来る。

中盤でJ Jonah Jamesonが雇ったWild PackがVenomを倒しに来るわけだが、この辺はページ数稼ぎだな。正直SPIDER-MANとの一騎打ちのはずが興醒め。

元奥さんのEddieに対する台詞が良い。”You’re what you chose to be, Eddie.” これって別にVenomだけじゃなくて、一般的に当てはまるケースは多い。ちょっと良い言葉だな。

最後はお互い干渉しないという紳士協定を結んで終わるところは解せないな。SPIDER-MANが憎いだけで一般人には無害。しかしそれは原則で、脱獄するために看守は殺しちゃうので、放っておいたら何しでかすかわからない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ