2021/9/26

日本人のヒーローが表紙、X-MEN 1号、2号   アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Jonathan Hickmanが担当から離れX-MENがヒーローとしての活動を再開した。それに合わせまたもや号数を1号に戻した。そのX-MEN 1号、2号を読み終えたのでレビュー。

筋書をGerry Dugan、画をPepe Larrazがそれぞれ担当。添付画像は2号のInhyuk Leeが描いたArmor。非常に良い。中々日本人のヒーローが目立たない中の堂々のヒロインだ。1号で言えばNick Bradshawのvariantは、まずまずか。Larrazの描いた普通の表紙も良いし、Peach MomokoのSUNFIREの表紙も良いな。

まずは粗筋。突如X-MENの基地がニューヨークのセントラルパークの一角に現れた。引越し荷物をほどかぬうちに(キャンディーズの微笑みがえしへのhomage)、宇宙から怪物が出現した。迎え撃つX-MEN。そして、2号でもさらに宇宙からの怪物が飛来。

どうも宇宙から送られた怪物は、地球人を気に喰わない宇宙人のようだ。その中にHigh Evolutionaryみたい奴がいるが、別人か。笑っちゃうのはこいつらがそれを賭けの対象にしていること。

ニューヨークの家に到着したPOLARIS。荷物が沢山あって大変な彼女の一言。”We don’t have, you know, a sidekick or something?” Sidekickは荷物運びをするのが役目なのか。

POLARIS “I need to confess something.” CYCLOPS “If you killed Wanda, please don’t.” Trial of Magnetoの発端となったWandaの死亡に絡めての台詞なのだが、珍しくCYCLOPSが冗談を言っている?。Hickmanの作った設定がわからんが、WandaとPOLARIS姉妹は仲が悪いのか。

これからの伏線として、Feilongなる金持ちが登場。この話はちょっと面白い。折角火星に行ったのに、ミュータントに先を越されてしまった。誰かが屈辱の代価を払わなければいけないらしい。当然ミュータントだと思うけど。

もう一つ気になる伏線。Oblivion研究所のDr. Stasisもミュータントみたいな力を使っている。

2号の怪物はカンザス州に出現した。その怪物になる前の宇宙からの刺客は何やらSUPERMANのよう。カンザス繋がり。

POLARISの作った電磁波のドームに怪物の仲間が侵入したのを受けたX-23の台詞。”Some of bugs are under dome.” X-23 “Not for long.”当然彼女が始末すると言う意味。カッチョ良い。

もう一つPOLARISとJeanの二人の力が合わさると医療のMRIみたいなことが出来ること。面白すぎ。MRIはそもそも磁力による断面図だから説得力あり。

前述のようにHickmanが制作陣から抜けたみたいだが、どうせだったら、彼が作った世界観をチャラにしてほしい。ワクワク感が希薄になる。
0

2021/9/25

無農薬野菜が沢山入っててインスタ映えするね、渋谷「麺処竹川」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷区円山町7−2
2021/09/14

この日は夜遅くに会議があるため、お昼ご飯を食べに渋谷経由して帰宅。メニューは当然のラーメン。見た目にインパクトのあった「無添加つけ麺 有機野菜添え」1,000 yenを注文した。

具は、メンマ、玉葱の他、トマト、紫大根、カボチャ、ジャガイモ、等山口県産の有機野菜使用。チャーシューは肩ロースがサイコロ状に切られたものが5個。それに鶏のツクネが2個。ラーメン食べて野菜も取れるとは思わなかった。野菜の中には名前を知らないものもあり、ひとつひとつが美味しい。お値段以上の満足度。見ての通りカラフルでインスタ映えする。

麺は大中小同額。日曜日に食べ過ぎて体重がまずい状態なので敢えて中200gにした。大は250g。

スープは、鶏ベース。結構濃厚、それでいて動物臭くない。そこに鰹節が削られているものが入っていてバランスが良い。

この店夜は水炊き波田野という料理屋さんで、昼間に営業している店。波多野さんがラーメン屋さんとして営業しているのか、間借りで営業しているのいかはわからない。スープや鶏のツクネなんてもろ水炊きだもんね。昔は三軒茶屋にあったラーメン屋さんだけにドッチでもありだな。

しかし、この店の場所は凄い、周りは完全にラブホテル街。ちょっと奥まったところに入口があるので場所がわかり辛いのが難点。
0

2021/9/20

なんちゃってコミコン2021 番外編 ASMバリアント祭り2  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、短め。シルバーウィーク特別企画。Amazing SPIDER-MAN (ASM)のバリアントを2冊紹介。

一冊目。ASM 850 (49) 号のバリアント。子供の頃光文社版のスパイダーマンで読んだディスコで踊るMary Jane(1968年に出版されたASM 59が転載されている)のシーンへのHomage。Bruce Timmの作品。Timmの味にノックアウトされた感じ。ずーっと欲しかったのだが、御用達で売り切れて、今回初めて使ったアメコミ屋さんから調達。余談だがこの号ではMJは悪人に知らずに利用される。実際にはGwendolyn StacyはMJを嫉妬していない。


クリックすると元のサイズで表示します
二冊目。ASM 872 (71)号のバリアント。飛ぶ鳥を落とす勢いのPeach Momokoの作品。彼女の描いたバリアントカバーでこれが一番良いと思う。(あくまで筆者の美的感覚基準。)Spider-Gwenはビジュアル先行で引手数多。アニメにも出てきたし。なによりもデザインが良いんだよね。

1

2021/9/19

徐々に謎が明らかになってきた、Amazing SPIDER-MAN 872号、Sinister War 2号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

御用達Mycomicbookshop.comからアメコミが到着。Sinister War (SW)2号を読み終えたので、その前に読んだAmazing SPIDER-MAN (ASM) 872 (71)号と一緒にレビュー。

筋書をNick Spencer、Ed Brisson、ASMの画をFederico VicentiniとFederico Sabatini、 SWの画をMark Bagley他がそれぞれ担当。添付画像は、David Baldeonの描くSW 2号のHandbook Variant。今回はRhino。ASM 872号のHandbook Variantの方はLizard。迷ったがRhinoの方の構図が良いのでそちらを選択。

粗筋から。ASMではMysterioが映画のお披露目会から連れだしたMary Janeと彼の会話が中心。HarryとCarrie Cooperは幽閉されていると思いきや扉は開けっ放し。そしてMJの目の前にKindred登場。SWではKindredがSinister Sixを始めとする悪人軍団をけしかけSPIDER-MANを襲わせる。

唐突感はあるが、いきなりMendel Strommが出てきてNormanに遺産を残すのは面白い。元々のGoblin Serumの発明者は彼だから。その遺書。”To my old friend, Norman, who stole my legacy from me. I leave his.” Legacyとは前述の通りGoblin Serumのこと。そして複雑な形をした鍵がNormanに渡されるのだが、Normanの遺産とは何なのか。さらなる謎か。それが、Kindredの言うところのNormanの罪と関係する。その罪こそがLegacyなのか。

MysterioのMJへの述懐はretcon (retro continuity)だな。MJのカウンセラーがMysterioが扮装した精神科医なんて。その中で腑に落ちないのは、地獄で出会ったのがNormanなのかHarryなのか。Normanは死んでいないことになっているから、Harryなのか。KindredはHarryの振りしたMephistoか?頭がこんがらがる。

SW 2号。最初のページからアクションまたアクション。Foreigner率いるWild Pack、Boomerangの率いるSuperior Foes of SPIDER-MAN、そしてSinister Syndicate。間にどうしてKindredの命令を聞かなければならないかの経緯が入る。一筋縄でいかないのが、それぞれのチームがSPIDER-MANを先に倒したいこと。チーム間の戦いがあるので、なかなかSPIDER-MANを倒せない。Kindredにとってどれだけ時間がかかるかは問題ではないのだろう。

Kindredの正体は、”It’s Deady McDeaderson of Massachusetts McDeadersons.”と答えたTask Master。これ何だかわからない。

しかし、$4.99支払って、この進捗状況はないな。もしかして、SWを読まなくてもASMだけ読んでいれば話は理解できるのかもしれない。そう考えると全号予約しているから、(そして代金支払い済みなので、)非常に悔しい。

ASM、SWに共通する難点。一つの号の中で複数のアーティストが担当するのは気持ちが悪いな。SWの方のメインはあくまでBagleyなんでこちらの方がまともかな。しかし、キャラの数が半端ないので、1枚の原稿を描く時間も半端ないだろうな。だから複数のアーティストが必要。
0

2021/9/18

厚めにカットされた肩ロースチャーシューが魅力、渋谷「らぁ麺田じま」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷区宇田川町31−9ハナテイビル1F
2021/09/08


この日はちょっと渋谷に立ち寄りラーメンを食べた。本当は行きたかった店があったのだが、土日限定営業らしく諦め、もう一店行きたかったこの店に向かった。「特製煮干しそば」1,000 yenを注文した。

具は、青葱、紫玉葱、メンマ、チャーシュー×2枚、味付玉子×1個。メンマは甘めの味付け。太いのが沢山入っている。味玉の卵は「マキシマムこいたまご」なるものを使っているとのこと。確かに黄身の色は濃厚だった。チャーシューは低温調理された薄いピンクの肩ロース。厚めにカットされていて、熱にも強く、噛み応え抜群。好印象。

麺は、菅野製麺所製。断面が正方形の細めの麺の中に小麦の粒が沢山。見た目も良いね。

スープは、鯵、平子、白口煮干し等季節の煮干しを使用しているとのこと。この日に使用されたのは何の煮干しかはわからないけど、濃厚。香りも良いな。ウットリする。味はちょっと塩っぱめ。玉葱が結構その塩っぱさを和らげてくれた。
0

2021/9/12

祝生誕100周年のJack Kirby、1968年のTHOR 154号 155号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します


昔のTHORを読みたくなってMycomicbookshop.com、Milehighから手に入れた1968年に出版されたTHOR154号、155号をレビュー。もうちょっと待てばMilehighの60%引きセールを使えたのに残念。アメリカでは昔のコミックブックが結構引っ張りダコらしいので、ここまで割り引くとは思わなかった。

筋書をStan Lee、画をJack Kirby、インクをVince Colletaがそれぞれ担当。

Kirbyは8月で生きていたら100歳らしい。今読み返してみるとAsgardの人々が細かく描かれていて感心する。それでいて月に1度出版されて、かつ他の作品も描いている可能性があるんだよな。この時代のKirbyの画はアクションの始まりと終わりの間にコマがない。テンポが速い気がするね。もう一つ、155号の1ページ目、1ページを使ってTHORが描かれている所謂Splash PageはKirbyの力が存分に発揮されている良いページだな。眼福。

添付画像はKirbyの描いた154号の表紙。彩色が単調なのが玉に瑕だが、THORの背景に描かれているのものは、古代エジプトの絵巻もののようだ。

粗筋から。邪神Lokiとの死闘の結果、Sifは大怪我を負い地球の病院に入院。Odinも眠りについている。一方Asgardには新たなる脅威が近づいている。止められるのはTHOR 、Loki、そしてBolder。

154号は何となく時間稼ぎの話が多かった。今のアメコミと変わらん。

その時間稼ぎの話の中で、高校だか大学だかを中退したヒッピー3人組に意見するTHORが面白いな。彼の言葉を借りてこの時代の若者にメッセージを送っていたんだね。言葉は違うけど、スラムダンクの諦めたら試合終了みたいな感じ。

“Let no living being disturb what lies within by order of imperial Odin.”と書かれている忠告を無視して封印を解くトロールのUlik。洋の東西を問わずこういう馬鹿チンが問題を引き起こす。無責任にも逃げ出しちゃうんだよねこいつは。

Ragnalok(神々の黄昏)が軽々しく使われ過ぎなTHOR。今回そのRagnalokを招くのはMangokなる怪物。それが何かカッチョ悪い。牛の顔とHULKの身体みたいなイメージ。しかしえらく強い。山をミサイルで崩して生き埋めにされたのに、意にも介さない。

155号の最後のコマのCliff Hungerは効果的だ。Mangogの3つの爪に首を掴まれ身動きできないTHORの図。

怪我の傷も癒えぬ内にTHORに呼ばれたSIFの台詞。”Whatever awaits us, Sif shall face it with thee.”勇ましいな。ところがだ、いざMangogの元へ一緒に向かうと思いきやTHORはAsgardに置いてっちゃう。そんなんだったら、地球に残しておけば良いのに。

0

2021/9/11

ウニが入っている幸せ、「乃木坂まる彦らーめん」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


港区南青山1−15−19
2021/09/02

ネットでラーメンの新店を調べていたら、去年まで「楽観」が入っていた場所に、「乃木坂まる彦」なる店が入居していることがわかった。早速行くしかないでしょう。噂になっていた「ウニつけ麺」1,000 yenを注文した。

具は、ホウレン草、ノリ×1枚、生ウニ×1欠片。ウニのスープに力が入っていて、具はちょっと寂しい。まー「ウニを楽しんでね」って意図なんだろうな。

麺は、断面が長方形の太いきしめんのような麺。小麦の粒が確認できる麺でモッチリ。結構良いじゃん。300 gは小さなご飯も付いているのでちょっと多かった印象。

スープは、恐らくこの店自慢の白味噌にウニの瓶詰め。ウニの鮮やかなイエロー・オレンジ色がつけ麺のスープとしては斬新。そして、ウニが嬉しいな。

この店、乃木坂46の聖地らしい。店内にはメンバー(?)の写真が沢山貼られていた。ビックリ。オジサンには縁がないな。ごめんなさい。

玉に瑕はチャーシューが入っていないこと。麺の量を減らしてチャーシューのトッピングをのるのが王道だろう。
0

2021/9/5

名曲ホテルカリフォルニアが上手く使われていた、映画Shang Chi  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

先週の土曜日に映画Shang Chi and the Legend of the Ten Ringsを見たので早速レビュー。コロナ禍でも映画が徐々に公開され始めたのは良いことだな。心から嬉しい。

父親に刺客として育て上げられたShang Chi。14歳で実際に人を殺したことへの自己嫌悪からアメリカ逃げ出した。20歳になった彼は、サンフランシスコで父親の刺客に狙われた。そして妹の命の危機を知りマカオに向かった。

まずは、アメリカで名乗っていた偽名Sean。Shangの名前と発音が似ていることを友達(彼女?)Katyからからかわれているシーン良かったな。父親から逃げていたのなら、確かにこんな名前にしないわな。結構Shangという名前の発音をKatyでさえ苦労しているのは興味深い。

伏線と言えばKatyがShangが昔暴漢に襲われたときに咄嗟にEaglesの名曲Hotel Californiaを歌ったと友達に話したシーン。この伏線、中盤とEnding Creditの途中のオマケシーンへ繋がっていく。面白い。また、実際ShangとKatyがカリフォルニア州のホテルで勤めていたことに引っ掛けていることはご愛嬌。(実際この名曲が収められたアルバムのジャケットはロスアンゼルスのBeverly Hills Hotel。)

Katyの中国名をShangの父親(今回の悪人で本物のMandarin)に尋ねられたシーン。名前は祖先から受け継がれたみたいな説明をKatyにする。実はこれは後半のシーンの伏線で、名前同様、Shangは両親から力を受け継いでいることが伯母から説明されるシーンあり。

IRON MAN 3がつまらなかった一つの理由。Mandarinがしょぼい役者だったこと。しかしこれが今回ちゃんと受け継がれていて、実は本物のMandarinはShangの父親でしたって設定。(最近オイラが使いまくっているRetro Continuityだけどね。)これはこれで良いかな。また役者の方がしっかりここで使われたのも良し。

一番の見どころは、最初の方のバスで襲撃を受けたシーン。ブレーキを壊され暴走バスなっている中、ShangがRazor Fistらと戦うわけだが、個人的にはこのシーンが一番楽しかった。後半はCGいっぱいでMaster of Kung Fuとは言えない。そう言えばShangはSPIDER-MANにカンフーの手ほどきをしたことがあったな。


そのRazor Fist。彼の車(Shang等が盗んでTa Lo村へ向かうのに使った)のナンバープレートは彼の名前を略したRZRFST(だったはず)。(Ta Loは桃源郷(Taouan)から来ているのかな。)

マカオのFight Club的な店。そこで、戦っていたのがDR. STRANGEの仲間WongとHULKが昔戦ったAbominationなのは笑った。そして、このWongの出演は、このシーンだけで終わらないのが良いね。

アクションシーン次に好きなのは、そのクラブのビルの外でのアクションシーン。昔香港に住んでいた時高層ビルの足場が竹で出来ていることに驚いたのだが、その竹の足場を使ったシーンは如何にも東洋的で好き。

Shangの妹Xialing。彼女が一筋縄でいかぬBad-assなのは良いな。3日で帰ってくる言っておきながら6年間も音信不通の兄のことを恨んでいたのが可愛いね。また、男女が同様に扱われないことに不満を持っていて最後にその習慣をなくすシーンは、まさに今時だな。このシーンも結構好き。Ending Creditの後というのはいただけないけど。

2点気に入らないこと。父と子の争いがテーマ。悪人が父親ってのが、一つの話としてあるのは良いとして、もう使い古されまくってるじゃん。肉親同士の戦いに広げればもっとある。悪人はどうしようもなく悪人であって欲しい。妙にソフトな部分があったり、そんなのいらない。

もう一つはThe Ten Ringsってのが凄い力なのはわかったけど、もう一歩何が凄いのか伝わらなかった。昔読んだMandarinの指輪はInfinity Stonesみたいに魔法の力を持っていた。あまりにも同じような設定はまずいからかな。

評価B-。
0

2021/9/4

間借り営業ながらお昼前には行列、赤坂「夢を語れ」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

東京赤坂店 港区赤坂3−13−14
2021/08/24

8月末までの限定営業との情報を入手し、早速訪問してみたこの店。「人類みな麺類Red」という店を間借りしての営業。ラーメン900 yenを注文した。お昼休みに訪問したのでニンニクはなし。それ程二郎系のファンではないので知らなかったけど、かなりの人気店らしい。

具は、モヤシ、チャーシュー×1個、背脂。背脂はモリモリ食べられる。悪くない。塊のチャーシューはスープに負けない味付け。赤坂でこの価格でこの肉の量は凄い。シンプルな具だから回転は速いはず。

麺は150 gを選択。それ以上でも同料金らしいが、熱いラーメンで150gでも結構な量。茹で時間は長い。太いきしめんのようなイメージ。この手の麺はブチブチ切れ勝ちだが、意外とモッチリ感があって好印象。店内の客席数は多いのだが、店長が一人で調理しているので、配膳までには時間がかかる。(頑張ってやっているのを目の当たりにしているので文句があるわけじゃないですよ。)

スープは、豚。返しが甘めで飲みやすかった。流石に完飲までは出来ないけどね。ツイートをちょっと見てみたが、他の人もスープを褒めてた。ツイートで言えばチーズをトッピングするというのが出ていた。

流石に客層が若いな。お昼前から外まで行列が出ていてビックリ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ