2021/12/26

Neal Adamsの表紙がカッチョ良い、1970年のTHOR 179号〜181号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します


地球に逃げ延びたLokiの罠に落ちたTHORの話を読み終えたので早速レビュー。1970年に出版されたTHOR179号〜181号。

筋書をStan Lee、179号の画をJack Kirby、インクをVince Colleta、180号、181号の画をNeal AdamsがインクをJoe Sinnotがそれぞれ担当。添付画像はNeal Adamsが描いた180号の表紙。この表紙は光文社版Mighty THORの2号の表紙に採用されたもの。日本語版のこの単行本に今回紹介する話は載っていなかった。Adamsの画を載せて欲しいというその当時の読者の要望が多かったと察するに余りある。しかし、編集側の載せたい話は別にあるわけで、妥協の産物か。

続いて粗筋。Lokiは魔術師に作らせたマスクを使い、THORと自分自身の顔を入れ替える。BalderとSif はTHORの危機を察知し地球に向かった。Lokiは地球で暴れまくる一方、THORはOdinの手によってMephistoの支配する世界に追放される。

次に気に入ったシーン、台詞等を紹介。まずは最初の1ページ。丸々1ページを使ったSplash Page、THOR率いるAsgard軍の凱旋シーン。Asgardの石の門がそもそも芸術。その下に小さいTHORの軍団が行進している。ダイナミックな画を得意とするKirbyはこういう細かな細工も上手だ。

Lokiの顔のTHORがLokiの魔術を使い、ビルの電飾看板から電気を引き出し、Balderに放ったシーンは179号の中で一番迫力がある。Balderは気を失うのだが、息を吹き返した後の彼の台詞。”Loki would have slain and fled.”ロキだったらBalderを殺して逃げるはずだ。ここで、THORは罠にかかり顔を入れ替えられたという話がマンザラ嘘でないことに気付く。物語の序章としてはまずまずか。

180号でいきなり画がAdamsに代わるのは、ちょうどKirbyがMarvelに不満を持ち辞めた時期だからか。Adamsが立派なのはKirbyが地固めしたAsgardの景観やOdinら住人の衣装を忠実に守っているところ。SifなんかはAdamsが描いた方が素晴らしかったりする。あとMephistoなんかもAdamsが描いたからこその素晴らしさだ。

THOR の姿をしたLokiの台詞。”Whatever I may do, the blame will fall on THOR.”この台詞は後半のページの予言となってしまうのが印象的。しかし、Odin。全能の神でありながら、Lokiの姿をしたTHORの真の姿を見破られないとは…。一方Mephistoはしっかりと本来の姿を見破れるのだから笑ってしまう。

181号での解決篇は何か不思議な展開。まずは、Mephistoを破った技。自分自身の身体を小さくする魔法によって、魂がより鮮明に見えるらしい。THORの魂はMephistoは手に負えないらしい。この魂ってやつ西洋的でオイラの理解を超えている。

Lokiと戦闘中のBalderの台詞。”Loki hath stolen the power...中略 The skill is THOR’s and not thine!” こういう話の時不満なのは、相手の力を奪ったら始めから自分のもののように使えちゃう話ってよくあるけど、それは違うよねって冷めちゃう。今回はその逆。

次にTHORの力を持ったLokiを打ち負かした技。これは初期のTHORの設定を踏襲している点で興味深い。Mjolnirを手放して60秒経過するとLokiは本来の姿に戻り、Lokiの姿をしたTHORはDr. Blakeの姿に戻る。成程ね。こちらの方が納得感ある。

一つ一つの台詞を追うというより、話の展開そのものに気が行ってしまった。山あり谷ありで面白く、三話完結のこのArcを非常に楽しめた。

前述のようにKirbyは、相当不満が溜まっていた時期でもありながら、画の品質は非常に高かった。
0

2021/12/25

日本酒にも合うに違いない低温調理された肩ロースが美味しい「麵屋翔」西新宿本店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区西新宿7−22−34
2021/12/17

この日は午後から自宅勤務。移動の途中のお昼ご飯は当然のラーメン。4年半以上振りでこの店を訪問することにした。その間メニューを更新したらしい。券売機の位置から「塩」推しなので、「軍鶏塩ラーメン」1,000 yenを注文した。

具は、メンマ、青葱、チャーシュー×2枚。結構シンプル。チャーシューは茨城「常陸の輝き」を使用しているとのこと。スープがアッサリしているので、チャーシューの味付けも濃くなく健康的。バラ肉も悪くない。しかし、スモークされた低温調理肩ロースがもっと美味しかった。日本酒のような繊細なお酒にも合うに違いない。

麺は、断面が長方形のストレート平打ち麺。ツルッとした舌触り。「春よ恋」を使用しているとのこと。見た目にも名店の麺。

スープは、軍鶏の他、鶏、豚使用。アッサリしているが、鶏の旨味が凝縮されているのがわかる。シツコクないで完飲してしまった。(メニュー変更前も飲み干しちゃったことあったけどね。)


0

2021/12/19

Art Adamsの表紙が非常に良いぞ、Amazing SPIDER-MAN 879号、880号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今月はAmazing SPIDER-MAN (ASM)が2冊しか来なかった。しまった。ASM 78BEYがない。Nick Spencerが担当から離れたら、ちょっとASMへの熱い思いが薄れているからかな買い忘れた。ま兎に角ASM 879 (78)号、880 (79)号をレビュー。

879号の筋書をKelly Thompson、画をSara Pichelli、Jim Toweが、880号の筋書をCody Ziglar、画をMichael Dowlingが、担当。添付画像は、Art Adamsが描いた879号通常版の表紙。Variantを買うことが多いのだが、この通常版の表紙は非常に良くてこちらを選んだ。

次に粗筋。Morbiusに噛まれたBen Reilly。その毒に苦しむ彼は自宅の警備装置で敵を退散させる。Beyond Corporation によりBenとチームを組まされたColleenとMistyは逆にBeyondを探る。880号ではBeyondの取締役の家でKravenがSPIDER-MANを待ち伏せ。

いつものように、好きなシーンや台詞等を紹介。まずは、Pichelliの画。前回も書いたが良いね。Black Catの登場シーンが無茶苦茶良い。一方のTowe、後半の数ページを描いているがもう一歩。ASM 880号のDowlingはMike Mayhewみたいに緻密な画を描く人だな。結構良いぞ。特に良かったのはBenがSPIDER-MANのマスクを被ろうとしているコマ。下から上に見上げているアングルからBenを描いている。相当上手くないとこんな画を描けない。

前述のCATのシーン。彼女が訪れたことでPeterが目を覚ます。それに気付いたMary Janeは、彼女が立ち去るのを引き留める。このシーン良いな。過去CATに対し良い思いは持ってないMJ。そうでありながらの彼女の対応。Peterの回復に一縷の望むを見出したいのか、余裕なのか。

Morbiusの攻撃に今にも気を失いそうなBenの台詞。”Oh God. Don’t faint, Reilly. Even if Morbius doesn’t kill you, the embarrassment will.” Benの冗談はPeterのものより落ちると思うのだが、気恥ずかしさで死ぬわけはないがこの台詞は好き。

続いてASM 880号。BenがPeterの病室に立ち寄り悩みを打ち明けるシーンは面白い。”Am I going about this SPIDER-MAN thing the right way?” BeyondがSPIDER-MANの権利を手に入れ、Benがそのコスチュームを着ているが、Ben自信が自らの存在意義に疑問を持っている。

後半はKravenとの戦いとなる。Kravenに苦戦している意図的なのだろう。長年SPIDER-MANを続けているPeterとクローンのBenとでは経験が違う。Beyondの優れた技術を詰め込んだコスチュームだけでは足りないのは頷ける。
1

2021/12/18

鰹の香るスープと控えめな背脂が印象的、京都三条「らーめん鱗」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

京都市中京区朝倉町527−4
2021/12/10

この日は京都で仕事。その前に当然のラーメン屋さんでの腹拵え。この店の近くに気になる店があったのだが、12時開店のためこのお店を選択。お薦めの「味玉塩らーめん」900 yenを注文した。

具は、白葱、貝割れ大根、削節、チャーシュー×3枚、味付玉子。最近あまり注文しない味玉。ここのは、かなり淡い味付け。流石京都だ。東京のラーメンだともっと自己主張しているのに。そして、肩ロースのチャーシューは噛み応え十分。大きさもそこそこで3枚は気前が良いな。

麺は、平べったい断面が長方形の太めの麺。モッチリした感じは最近のオイラの好みだ。

スープは、動物系プラス鰹。挽いた胡椒が気が利いている。柚子を後から胡椒を加えるとかなり印象が変わる。しかしだ、ここは胡椒の辛みにとどめておくべきだったか。控えめな背脂も良いな。

この店、京都の発祥のラーメン屋さんかと思いきや、大阪の行列店らしい。前半流石京都だと書いてしまったのが恥ずかしい。美味いものは美味いのだから幸せ感は変わらない。
0

2021/12/12

コミックブックならではの表現方法が効果的、1982年のDAREDEVIL 185号、186号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

この本が発売された1982年当時はX-MENを中心に買っていたのでDAREDEVIL(“DD”)まで手が出なかったけど、買っておけば良かったなとFrank Miller時代のDDを買い漁りながら後悔。今回は185号、186号をレビュー。

筋書をFrank Miller、画をKlaus Jansonがそれぞれ担当。添付画像は186号の表紙。Millerの作品。デザインが素敵だな。この当時はSienkiewiczも非常に良い表紙を描いていたが、コミックブックの表紙という意味ではMillerのデザインも非常に良い。

粗筋から。185号。DDの正体Matt Murdockの恋人Heatherが所有する会社の役員が爆弾を製造した。彼女はMattではなく同僚のFoggy Nelsonに助けを乞う。186号ではMattは検事局がその会社を訴追する手助けをする。

次に気に入ったシーンや台詞を順不同で。185号から。Foggyを頼るHeatherの気持ち。結局Mattは彼女と付き合いながらHeatherに家業を辞めさせることしか考えてないように彼女には見えるからなんだね。また彼女に正体を知らせていないし関係は浅い。

Mattは最初の1ページで彼の能力を説明している。その後はFoggyの主役回。その中でちょっと気になったのが、彼は聴覚だけでなくて、嗅覚や味覚も人並み外れていることが書かれている。自らをCrimefighterと名乗っているが、料理人になっても良かったんじゃないか。

Foggyが胡散臭い連中の集まる場所で、聴き込みをしている時、腕力自慢の男から言われた言葉とFoggyの返事(途中)。”Hey your shoes untied.” “But I’m wearing loaf…(ローファーと言おうとした。)”下を向かせてアッパーカットを仕掛ける手口。子供の頃こんな悪戯が流行ったな。(勿論アッパーカットはしないが。)

Turkなるヤクザに慕われ付き纏われるが、彼を飛行機に乗せてシカゴまで飛ばしちゃうラストは面白い。頼りない彼ではあるが、案外周りに喧伝していたようにタフガイなのかもしれない。

このTurk、186号ではStiltmanのスーツを奪っちゃう。盗まれたスーツの件を警察に届けたのも笑えるが、彼が我を忘れて自分自身のスーツの弱点をDDに教えちゃったのはもっと面白い。

KingpinがTurkに厳しい言葉を投げた。”You are an idiot.” I don’t employ idiots.” この言葉が後半の結論に繋がる。

見開き2ページ8コマで、FoggyがHeatherの会社の訴追準備を進めるMattを怒るシーン。Foggyの声がドンドン大きくなる様をフォントを大きくしていくことで表現したのは効果的だな。コミックブックならではだ。
1

2021/12/11

ここのパイカ(豚バラ軟骨)ワインにも合うはず、経堂「ウチデノコヅチ」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

世田谷区経堂2−3−8
2021/12/04

久々に経堂に遠征してラーメン食べるかという意気込みでこの店を訪問。近くの好きな店も選択肢にあったのだが、まずは新規開拓を優先した。えびす(旨辛魚介豚骨ラーメン)小を注文した。900 yen也。それからパイカ250 yenを注文した。

具は、玉葱、キャベツ、モヤシ、紅つくね、チャーシュー×1枚、パイカ×1個。パイカはアバラの軟骨を指すことを初めて知った。甘く味付けがしてあってかなり好みのもの。じっくりと時間をかけて煮ないと軟骨がニュルっとならないはず。牛スジのような状態になっていて好き。これワインにも合う。この店の自慢の紅つくね(紅ショウガを混ぜた鶏のつくね)やバラ肉のチャーシューも美味しいが、パイカの印象が強烈。

麺は、三河屋製麺。小で150gぐらいか。断面が太麺。つけ麺と同じ麺を使用しているね。小だとちょっと少ないかなとも思ったが年齢的にこれぐらいにしとけって感じ。

スープは、魚介豚骨なんでしょう。丼到着と共に鰹の香りが漂う素敵なスープ。魚粉も使っている。それ程辛くなくて良かった。この店を選んで良かった。

この店に入った途端、店内が暗いなと思ったのだが、出来上がった写真を見てこれ蛍光灯を受けた色だなと感じた。暖色の照明にした方が良いのに。(もっと美味しく見える。)
0

2021/12/5

Peter Davidの話は楽しい、Symbiote SPIDER-MAN Crossroad 1号から3号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Peter DavidのSymbiote SPIDER-MANの新シリーズがまた始まった。大歓迎。その1〜3号を読み終えたので早速レビュー。

筋書きをPeter David、画をGreg Land、インクをJay Leistenがそれぞれ担当。添付画像の表紙は、2号の表紙。1号はErnanda Souzaのvariantを買ったのだが、もう一歩だったのでLandの表紙。

粗筋。1984年に発表されたThe Incredible HULK 301号から始まるArc (一続きの話)で語られたCrossroads Dimension (“CD”)に飛ばされたSPIDER-MAN。そこでHULKと遭遇。2号では取り残されたBLACK CATがDOCTOR STRANGEの助力を得る。3号では異形のHULKとSPIDER-MANがさらに別のやつらに攫われる。

Davidは長い間HULKを担当していたが、1984年当時の担当者はBill Mantlo。結構名作みたいだな。

気に入った台詞やシーンを紹介。最初の山場は大統領に扮したChameleon。それを防いだばかりか、大統領の居場所まで突き止めたSPIDER-MANはなかなか楽しい。PUNISHERがライフルで狙っていると思い込ませるため、遠くからBLACK CATにレーザーポインターを照射させたのはナイス。

ところでLandが描いたChameleonのマスクは結構カッチョ良いな。今後色々なアーティストがこのデザインを使うこと間違いなし。

BLACK CATにわざわざ博物館襲撃の時間を教えたMoondarkなる悪人。これがSPIDER-MANをおびき寄せる罠なのも良い。SPIDER-MANも襲撃時間について “That’s exact.”と彼女に怪しいことを伝える。彼女も”I was thinking the same thing.”と答えるのだが、それだったら最初から怪しいことを最初に伝えるべきでは。

2号はDevil Dinosaurが出現。そもそもこれ存在は知っていても良く知らないキャラなんで感動が少ない。相棒はMoon Girlじゃないんだ。

そもそもHULKがこの次元に飛ばされたのはDOCTOR STRANGEのお陰ってことで、彼を登場させたのは上手い演出。

Moondarkなる悪人が狙っていた石がSPIDER-MANやHULKに力を与える設定も面白い。昔このブログでレビューしたAmazing SPIDER-MAN #328号でのシーンを思い出す。この時もCAPTAIN UNIVERSEの力をSPIDER-MANが一時的に得たんだったよね。

この石のお陰なのか、Bruce Bannerが変身したのは前述の通り異形の姿、Guilt HULK。流石にHULKをこれまであまり読んでないのでわからん。

SPIDER-MANのマスクをBLACK CATが持ち歩いているのはちょっと変態チックで面白いな。変だと思っているかどうかを散々DOCTOR STRANGEに尋ねる件も良し。流石Davidだ。

Sarcastic (皮肉)に関するSPIDER-MANとMoon Boyの会話もDavidが紡ぐ話の面白いところだね。それを説明すると全然面白くなくなるんだけど。
0

2021/12/4

さっぱりした馬スジ肉がスープの中に沢山、乃木坂「馬ラーメン うち田」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

うち田 港区南青山1−19−14
2021/11/26

開店する日が週によって違って、行く日を調整するのが大変だったが、漸く訪問することができた馬ラーメンうち日。馬油たっぷりがキャッチコピーのうますじらーめん 990 yenを注文した。

具は、白葱、玉葱、サニーレタス、紫蘇の葉、生姜をおろしたもの、大蒜、馬の筋スジ肉、それから卵の黄身。写真だと馬スジが全然見当たらないので、豪華さが伝わらないが、しっかりスープの中に馬スジ肉が入っているから大丈夫。牛スジよりアッサリしている印象。美味しい。

麺は、断面がほぼ正方形の細いもの。確かに茹で時間は短いからせっかちなオイラにはピッタリなんだが、太い麺の方が良いな。

スープは、おそらく馬でしょう。若干甘め。量は多くないので飲み干しちゃった。馬油をタップリ体に補給。言われた通り玉子を途中からスープに溶かして食べるとさらにスープがマイルドになった気がする。

夜は、お洒落な馬肉屋さん、桜詩うちだとして営業していて、店内は明るくなく写真を撮るのが難しいかなと思ったが、出来上がりは良い感じ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ