2022/1/30

表紙はこうでなくっちゃなR. B. Silvaのデザイン、Amazing SPIDER-MAN 78BEY号、881号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカからの1ヶ月分のアメコミが2週間弱遅れ漸く到着したため、週末はアメコミ三昧。まずはAmazing SPIDER-MAN (ASM)78BEYと881(80)号から。

78BEY号の筋書をJed McKay、画をElenora Carliniが、881号の筋書をCody Ziglar、画をMichael Dowlingが、それぞれ担当。Dowlingの画は良いな。全ての人物が丁寧に描かれている。表情が特に良く描き込まれている。それに対しBeyondのMaxineは無表情。ワザとだね。添付画像は、R. B. Silvaが描いた881号のvariant cover。今回の881号の表紙の中では間違いなくピカイチ。SPIDER-MANの表紙はこうでなくっちゃなデザインだな。

次に粗筋。78BEY号ではBen Reillyの為の訓練のシミュレーションの世界に迷い込んだMisty KnightとColleen Wingが宇宙怪物と戦う。881号では、前号で毒を盛られたBenがKravenと対決。

いつものように、好きなシーンや台詞等を紹介。まずは、シミュレーションの世界を称してBenが使った言葉。”Isn’t that an X-MEN thing?” X-MENのDanger Roomのことを指しているね。え、それは公然の秘密なのか。

宇宙怪物Obsidian Star。その身体を解剖しエネルギー源を探そうとしたMisty。Colleenが手を貸そうと提案するのに対するMistyの返事。”You got to be hands on.” 外資系の企業で働いていたらhands onという言葉をしょっちゅう聞く。部下に任せるのではなく自分で動いて物事を解決することを指すのだが、Mistyはそのhands onと文字通り手で解剖することを掛けて使っている。

最後のサゲ(オチ)はBeyond CorpをMisty達が裏で裏切っているのがわかって楽しい。しかしだ、SPIDER-MANの活躍はなく、買わなくても良かったか。この結論は買わないとわからなかったのが残念。

Beyond社のMarcusとBenの彼女の会話が面白いか。”Beyond’s best and brightest are on it, Janine.” “That’s what I’m afraid of.” JanineのBeyond社への不信感が顕著に出ている。

Kravenの毒を化学的に調合された頭痛薬で無害化するのが少しだけ面白いか。

Kaine(かな?)の活動をCease and Desist Order(業務停止命令 昔勤めた会社で喰らったことある)を抑えようとするのが現代的。Kaineには屁でもないけどね。

何か、意外とアッサリKravenが自殺して終わっちゃうのはどうかな。Benのシリーズが始まってから、お終いが雑でドキドキ感を感じられないのが非常に残念。複数の作家で話を担当しているので、無理矢理話を終わらせている感がある。

誤植発見。いつもオイラが使っているLegacy Number。この号は881号。ところが、このvariantの裏面に印刷されていた番号は781号。あまりに単純な誤植で笑う。
0

2022/1/29

鯛はありがたいが低温調理のチャーシューが好き、渋谷「真鯛らーめん麺魚」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷区渋谷3−15−6
2022/01/20

錦糸町にある人気店「真鯛らーめん麺魚」の支店が渋谷に出来たらしいので満を持して訪問した。場所は渋谷駅から恵比寿の方に歩いて5分ぐらいのところ。ラーメン食べたさに歩いたが位置的には丁度渋谷と恵比寿の中間あたりか。ちょっと遠い。あっさりなものは、例えば四谷三丁目の「鯛塩ラーメン灯花」で食べることが出来るので、この店では「真鯛濃厚らーめん」980 yenを注文した。

具は、青葱、玉葱、小松菜(?)、柚子を削ったもの、鯛をほぐしたもの、チャーシュー×4枚。小松菜がしっとり仕上がっていて好き。確かに鯛の魚肉はありがたい。しかしだこの低温調理されたチャーシューが結構優れもの。スモークされているのか芳ばしい香りがオシャレ。

麺は、断面が長方形のちょっと太い平打ち麺。全粒粉。個人的にはこれだけでも結構お腹いっぱい。これにご飯を投入して雑炊みたいのが人気らしいが無理だな。

スープは、鯛ベースなのでしょう。鍋物の最後雑炊にする前の濃いー状態。山葵を追加で注文すべきだったか。

最初に声をかければチャーシューを炙り真鯛に変えられる。低温調理のチャーシューが美味しいので最初に食べる人は絶対チャーシューのままにすべき。
0

2022/1/23

ワルなCarrionの画が良いぞ、1989年のSpectacular SPIDER-MAN 149号、150号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します


最近は昔のSPIDER-MANをお休みしてTHORやDAREDEVILを読んでいるのだが、今回は買っておいたSpectacular SPIDER-MAN (Spec)を読むことにした。1989年の、Spec 149号と150号についてレビュー。読み始めると結構伏線を含め面白くて御用達から続きを仕入れないとなと思い始めた。そろそろ昔の話も底をつき始めたしね。それから新刊が先月終わりにアメリカから送られたはずなのに未だに届かない。新刊も底を尽きた。

筋書をGerry Conway、画をSal Buscemaがそれぞれ担当。添付画像は149号の表紙を採用。今回の悪人Carrion。強いんだか強いんだかわからない変な悪人なのだがBuscemaが凄く悪(ワル)に描いていて非常に良い。

次に粗筋。複数の話が同時進行。まずは謎の狼がKingpinのギャングを殺す。そして、Daily Bugle新聞社の編集長Joe Robertsonが裁判にかけられている。そして149号では、JackalことMiles Warren教授が残したウィルスを偶然見つけた学生がそのウィルスに伝染しCarrionになりSPIDER-MANを襲う。150号ではRobertsonの裁判が中心。

気に入ったシーンや台詞等を紹介。日本でも導入されて大分経つ陪審員制度が重要な役割を果たす。裁判官が信じるか信じないかではなく、陪審員が信じるかどうかで評決か決定する。149号ではTombstoneが嘘でRobertsonを有罪へと仕向ける流れが面白いかな。

Buscemaの画も相変わらず良いな。彼の画風はSPIDER-MANに向いていると思う。Spec 150号の裁判所外のJ Jonah Jameson (“JJJ”)が葉巻に火をつけるシーンが非常に良い。

前述の通り何も知らない学生がCarrionになる。だから、どうしてSPIDER-MANやGwenに関する記憶を持っているのか謎。それとSPIDER-MANを窮地に追い込む戦術なんかも不思議だ。

不思議と言えば、Spider-senseがおかしいな。それを使ってWarren教授の遺した本を見つけるなんておかしい。Peterの後をつけてきた学生の存在に気が付かないのもおかしい。(命の危険までないからなのか。)

一方、150号ではJJJ に近づくとそれが警告をだしている。これからの話の伏線なので、判断はこれから。

アメリカの司法制度がどうなっているかよくわからないが、Robertsonが20年前の犯罪を届け出なかったことに関し、時効を理由に無罪を主張しなかったのは男らしいか。しかし、その結果3年投獄されるのはな。そもそもこの罪、懲役に値するの?

JJJの秘書Gloria Grantに近づくKingpinの部下Eduardo Loboが狼男の正体。これからKingpinの組織内の紛争に発生しそうで楽しみ。

Daily Bugleの記者Joy MercadoのモノローグでGloriaのアパートに狼男が侵入するシーンを説明するのは良いな。誰のアパートか画だけじゃわからないもの。
0

2022/1/22

利尻昆布のスープにレンゲが止まらない、虎ノ門「利尻昆布ラーメンくろおび」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

港区西新橋1−20−11
2022/01/12

新橋駅を通る用事があったので、近くの虎ノ門で人気の「利尻昆布ラーメンくろおび」さんを訪問することにした。メニューは「くろおびラーメン」1,100 yenで決まっていたが、「塩」か「醤油」で迷ったのでお店の人の推しを聞いた上、「塩」を選択した。

具は、メンマ、白葱、髭唐辛子、わからない野菜、エビワンタン×2個、チャーシュー×2枚、味付玉子×2/2個。「くろおびラーメン」を注文したのは、二種類のチャーシューがのっているから。炙った香りを楽しめるバラ肉も悪くなかったが、味の沁み方はロースの方が良かった。

麺は、断面が細い麺。細いながら量は結構ある。満腹になった。

スープは、利尻昆布使用。無化調。美味いな。レンゲの動きが止まらない。ドンドン飲めちゃう。完飲。こういうスープが身体に悪いわけはない。

うぶすな茶なるお茶が出てきたのだが、これが結構イケる。もっと脂っこいスープでも、このお茶を飲むと口の中が爽やかになる気がする。

店内が新橋というより虎ノ門ヒルズっぽくお洒落。虎ノ門ヒルズは後付けで本当はこの店のある通りはオイラが西新橋ラーメンストリートと名付けていたんだけどね。
0

2022/1/16

BLACK WIDOWが毒を盛られた、1982年のDAREDEVIL 187号、188号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します


Frank Miller時代のDAREDEVIL(“DD”)探求の旅はまだ続く。今回は187号、188号のレビュー。

筋書をその Miller、画をKlaus Jansonがそれぞれ担当。添付画像は188号の表紙。Millerの作品。187号の表紙はシンプル過ぎてつまらないので、消去法でこちらを選んだ。BLACK WIDOW (“BW”)の柔らかい外見が非常に良い。

粗筋から。一週間前に浴びた放射線の影響からか、ただでさえ敏感な知覚がさらに過敏になり、ちょっとした周りの音や臭い押し潰されそうなDD。それを制御する術を知るStickの助力を得ようとする。一方Handの忍者に毒を盛られたBWはDDの行方を追う。

気に入ったシーンや台詞を紹介。187号で一番良いのは、いつもと違って調子の出ないDDに気が付き悪人が彼に反撃する。そんな彼を助けたタクシーの運転手。名前もわからないが、乗せていた客を降ろしてまで、DDに手を貸す姿勢に心動かされる。

この時代のNick Furyは白人というのも知ってはいるが、今じゃ違和感がある。凄いなMarvel Cinematic Universeの力は。そのNickがBWの病魔を告知しようとする表情が良い。

安酒場の店主がDDに店を無茶苦茶にされなかったとほっと息を継ぐ。だが、悪人にぼこぼこにされたDDが店から道路に放り出され、店の窓が壊される。このシーンは可哀そうなのだが、面白い。

188号。この号で一番印象に残るのは、Millerの描いた1ページ目のデザインとJansonが描いた完成された画とを比較できる粋な計らい。Millerと比べ名のしれてなかったJansonを読者に印象付ける意図。どっちの画も良いな。

SHIELDがBWを助けるべく手を差し伸べるがそれを拒んだ彼女の台詞。”I’ll find my own way out of this.” 彼女らしいカッチョより台詞。

もう一つ紹介するのはStickの台詞。”If only his (DDのこと) head wasn’t such a snake pit.” 最期のsnake pitは混乱って訳が一番ピッタリくるかな。 DDを助けようとするStickが頑なにタンクの中に閉じ籠り外に出ることを拒む彼を批判しているもの。面白い表現で好き。

さて、4人の命を犠牲にして蘇らせた伝説の忍者Kirigiがアッサリと仕留められたのはなぜなのか。それとも死んだのはKirigiではないのか。次号も既に買ってあるので読むのが楽しみ。

Kirigiは桐木、それとも切木か。


0

2022/1/15

店長さんの気持ち良い挨拶が印象的、西新宿「麵屋翔みそ処」   ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


新宿区西新宿7−19−9
2022/01/07

麵屋翔グループの新店が新宿に出来たということで、早速訪問した。場所は凪よりももっと西の方に歩いたところにある。現場に着いてみたら11時半なのにも関わらず10人待ち。席数は多いのでそんなに待たなくても大丈夫と踏んだのだが、茹で時間を計算に入れていなかった。事前に決めていた「つけめん」1,000 yenを注文した。

具は、メンマ、モヤシ、チャーシュー×1枚、それとLINEで友達申請してもらった味付玉子×1個。お客さんに出すタイミングで生姜を削って麺に振りかけて完成。このサービス良いな。出してくれる。

麺は、200gって店員さんが言っていた気がする。断面が長方形の「きしめん」のような形状の麺。非常にモッチリしていて好み。もう一度食べたい麺だ。もし次回「つけめん」を注文するとしたら、大盛かな。

スープは、濃厚なもの。(つけ麺だから当たり前だけど)大豆の粒が確認できる味噌を使っている。TETSUみたいに焼いた石を出してくれるともっと良かった。これは冬に食べるもんじゃないな。わかってたけど。

開店したばかりというのもあるけど、一人一人にまた来てくださいみたなメッセージを伝えていた店長さんの印象が気持ち良かった。何時とは約束できないけどまた絶対行きます。
0

2022/1/10

これまでのSPIDER-MANの集大成、映画SPIDER-MAN No Way Home  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します


公開日からそう遅れずに今回も映画SPIDER-MAN No Way Homeを観ることができたので早速レビュー。

粗筋から。Mysterioによるイタチの最後っ屁により正体をばらされたPeter ParkerことSPIDER-MAN。そのお陰で友達のMJやNedも志望校MITに行けない。DR STRANGEの魔術により彼の正体を忘れさせようとするが、その副作用から多次元宇宙のSPIDER-MANの敵がぞろぞろPeterの目の前に現れる。

気に入ったシーン、台詞を順不同で紹介。ある程度噂で前の悪人を演じた役者が再度出演するというのは知っていたが、今回の最初の驚きは初代Green Goblin、William Defoeの登場。それも最大級の取り扱い。そして、その後にもう一つの驚き、Andrew Garfieldの出演。Toby Maguireの登場は知ってたけどね。そして彼の演技は非常に良い。特に好きなのはToby版SPIDER-MANの蜘蛛糸を手首から出すことに気持ち悪さを隠さなかったところ。初代の設定の最大の失敗だよね。

驚きはそれだけで終わらない。Netflix版DAREDEVILを演じたCharlie CoxがMatt Murdockとして出演。暴徒が投げ込んだレンガを手で掴み取ったシーンは最高。(ファンサービスが過ぎて何事が起ったかわからなかった観客も多いと思う。)

3人のSPIDER-MANの息が合わず最初は苦戦するものの最期は協力して相手に向かっていくシーンなんかは自然で良い。Ending Creditで使われた曲The Magic Numberの歌詞に”Three, the magic number”というのが出てきてこの曲が本当にこの映画に相応しい曲だと感じた。また、アニメーションも好きだな。

今回のテーマはSecond Chance。ただ敵を倒すのがヒーローなのではなく、人々を救うのがヒーローというMay伯母さんの信条が、一本物語に筋を通したのが良いな。元の世界に悪人を戻せば死んでしまう。元の次元に送り返す前に、敵が悪人になってしまった原因を取り除くという姿勢が新しい。そして非常に好きだな。

このSecond Chanceというテーマは色々な場面で具現化される。以下箇条書きしていく。

・Garfieldが演じた SPIDER-MAN は高いところから落下したGwenを救えなかったが、MJの救出には成功した。
・Tim Holland が演じるSPIDER-MAN は最初の魔法で余計な注文を出したがために混乱を招いたが、次には自分の友達も彼のことを忘れるという魔法で多元宇宙の崩壊を救った。
・Maguireが演じたSPIDER-MANはHolland SPIDER-MANがGoblinを殺そうというのを身を挺して守った。
・MITの入学選考担当の人に直談判する際には何を言うかをリハーサルしなかったが、Peterの存在を忘れたMJと合う時には何を言うかのリハをちゃんとした。
・だけど、友達思いの彼は、自分の存在を告げずに、MJやNedにSecond Chanceを与える。

No Way Homeの意味。これはちょっと悲しい。最期にPeterは文字通り天涯孤独帰る家を持たないのだ。No Way(そりゃない)とも掛かっていると思う。

標題には集大成と書いてしまって、これで最後感タップリ。しかしだ、これは個人的な希望だが、まだ続篇をHollandに演じて欲しいな。結局ボストンには行かずにニューヨークに残ったわけだから。Venomも会いに行くと言っているし。この品質を保てばまだまだイケる。

途中で布石が置かれていたが、自由の女神がCAPT AMERICAの盾を持っているのは笑えた。最終決戦が何故自由の女神なのか。これは映画の版権はSONY (Columbia Pictures)が持っているんだぞという強い意思表示に他ならない。Columbia Picturesのロゴは自由の女神だからね。

With great power comes with great responsibility. という普遍のテーマがAunt Mayの口からでたのはHolland版の特徴だな。結局Ben伯父さんの存在はないんだね。多元宇宙の面白さかな。

ファンサービスは最期のDR STRANGEの予告編まで続く。Scarlet WitchがSTRANGEの出現の理由がWestview(彼女のドラマの舞台)の件だと言う台詞あり。それからか今回の敵は悪に陥った彼自身なのは、同じくDisney+のWhat Ifからの引用。

素直に面白かった。長い時間が気にならない。勝手格付けA。


1

2022/1/9

映画ETERNALSの宣伝?、Symbiote SPIDER-MAN Crossroad 4号、5号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Peter DavidのSymbiote SPIDER-MANの新シリーズがまた始まった。大歓迎。その1〜3号を読み終えたので早速レビュー。

筋書きをPeter David、画をGreg Land、インクをJay Leistenがそれぞれ担当。添付画像の表紙は、4号の表紙。SPIDER-MAN のコスチュームに注目してほしい。そうETERNALSのIkarisのものを一部借用している。Landの手によるもの。

次に粗筋。3号の最期に異形のHULKとSPIDER-MAN を攫ったのはETERNALS の宿敵Deviants。そしてHULKの額にあったNorn Stoneと呼ばれる石を奪いに来たのはNornの女王Karnilla。5号ではHULK、ETERNALS のIkaris、SPIDER-MAN が彼女と戦う。

David、Land、Leistenの制作陣が前回担当したKing in Blackと連携した話はそれ程ワクワク感がなかったが、今回はよりDavidが主導権を持って作られたんじゃないかな。話が面白い。唯一Marvelが介入したように思えるのが、ETERNALSの登場か。ちょうどこの号が発売したタイミングは映画ETERNALSの公開時期。正直ETERNALSが出て来なくても話は成り立つと思うが、映画の宣伝だからしょうがない。

気に入った台詞をいくつか紹介。まずはHULKとKarnillaの会話。”No one can separate it from me.” “How fortunate that I am not no one.” 中学で習う単語で全て構成されているような台詞なのだが、HULKの自信やKarnillaの唯我独尊的な言葉が好き。

Karnillaの暴走を止めようとしている3人に対するKarnillaの台詞とそれに対するHULKのコメント。全然相手の言っている皮肉が通じてないのが良い。”A human, an eternal and a thing of some sort.” “Not thing. Thing is stupid orange rock guy.” HULKは当然FANTASTIC FOURのThe THINGのことを言っている。

ことが全て片付き、落ち着いたところでのIkarisとHULKの2コマ。HULKが突然Ikarisを横に突き飛ばすシーンあり。これは映画AVENGERSでTHORを突き飛ばしたHULKのシーンへのHomage。前にも書いたが映画のこのシーンは唐突過ぎてあまり好きじゃないが、この話の中ではIkarisにちょっといらついているHULKが説明されているので腑に落ちる。単純に作者が面白いなと思って入れるのと、どうしてそういうシーンになるのかが考えられているのとで全然違う。

その他全能の神ODINに対するIkarisの皮肉とそれに対するODINの応えも面白いが、書くほどでもないか。
0

2022/1/8

ここのスープは飲み干しても良いやつ、人形町「駄目な隣人」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

中央区日本橋人形町3−7−13
2021/12/29

人形町で、最近できたばかりなのに一躍有名店にのし上がった「駄目な隣人」を訪問した。ちょうどこの日は、正月休みに入った当日で、人形町で買い物に行ったついでにね。Regular (醤油ラーメン)850 yenを注文した。

具は、メンマ、青葱、紫貝割れ大根、チャーシュー×5枚ぐらい。メンマは馬芹(クミン)と醤で味付けしてあるとのこと。チャーシューはトロっとしたバラ肉、薄く切られている桃色の低温調理されたロース肉の二種類が入っている。両方とも柔らかくて美味しい。今回は両方とも甲乙つけ難い。スープにピッタリの味付け。

麺は、菅野製麺製。断面が長方形。プリっとした仕上がり。麺の中に小麦が確認できる。細麺も選べたのだが、断然こっちだね。

スープは、ブイヨンドレギューム(野菜出汁らしい。こんなお洒落な言葉知らない。)、生姜のコンフィ。丼からは生姜の香りが押し寄せ凄い。入口が開けっ放しになっていて店内は寒かったが、スープを啜るうちに体が温まり始め、最期はポッカポカ。このスープは全部飲み干しても良いやつでしょう。

この店は、卵かけご飯が売りだが、ダブル炭水化物は趣味じゃないのでパス。現金先払いは珍しい。店内には、ニラ胡椒なるものが瓶に入って自由に取って良いのだが、今回は生姜だけで十分堪能できた。次回かな。
0

2022/1/2

冬はやっぱり、味噌ラーメンで身体を温めたい、赤坂見附「北海道らーめん みそ熊」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

港区赤坂3−15−4
2021/12/22

新年一発目は、年末赤坂見附にオープンした新店「北海道らーめん みそ熊」。自由が丘や王子に既にある店が赤坂に進出したようだ。味噌ラーメンにチャーシューがのっていないラーメンは悲しいので、「厚切りチャーシュー味噌らーめん」980 yenを注文した。丼が到着した時にわかったが、デフォルトでチャーシューは1枚のっていた。

具は、メンマ、白葱、モヤシ、ワカメ、チャーシュー×1枚+1塊。チャーシューは甘めに味付けされていて、八角の香りもする。しかし、塩がちょっとスープの味に負けている。単体で食べると結構美味しくて、ご飯にも合うんだけどね。(想像)

麺は、麻生製麺。断面が長方形のやや太い卵麺。大盛も無料だったが、量的に普通盛りで十分。

スープは、豚ガラ、鶏ガラ、白味噌。スープを最初にすすると「胡麻」の香りがする。甘めなものに唐辛子でアクセント。挽肉入り。(これ北海道ラーメンの特徴なのかな。)

店員さんが多いわりに、機能的に人が回ってない感じがした。オープンしたばかりなので仕方がないけどね。

それにしても、年末の追い込みで多忙なためあまり遠くのラーメン屋さんに行けない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ