2022/5/8

引越ししました  番外編

このブログの運営サイトTeacupさんがサイトを閉じることになりました。
そこで、このブログをGOOブログに引越ししました。(下記に引越先アドレス参照)

来てくださった方、ありがとうございました。
また、下記のサイトで読んでいただけると、励みになります。
よろしくお願いします。

アメコミとラーメン


http://blog.goo.ne.jp/amecomitoramen


0

2022/5/7

チャーシューは珍しく腿肉、巣鴨「麺創庵砂田」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

「巣鴨」「ラーメン」で検索するとスッゴイ点数で一番上に来る「麺創庵砂田」さんを訪問した。日曜日ということもあり、店内6席。外待ち9人、店内で4人待ち。2回転しないと順番は来ないのだが、その後の用事まで時間に余裕があったので良かった。待って良かった。

最初は普通の中華そばにしようとおもったけど、へそ曲りなオイラは「塩中華そば」880yen 、ワンタン150yenを注文した。

具は、メンマ、白葱、小松菜、ナルト、ノリ×1枚、ワンタン× 3個、チャーシュー×2枚。チャーシューは珍しく腿肉。そして吊るし焼きとのこと。歯応え重視系。経堂の「はるばる亭」を思い出した。ワンタンは柔らかく仕上がっている。あくまで主役はチャーシューであり、スープであり、麺である感じ。

麺は、太めの縮れ麺。自家製麺とのこと。縮れなのでモッチリモッチリまでは行かない。だけど十分好きな部類のモッチリ度。

スープは、室町時代から醤油の代用として使われていた煎り酒を応用して作られたもの。国産ブランド鶏のガラ使用。魚介も入っているね。

ここのラーメンのジャンルは「白河ラーメン」らしい。正直美味しければジャンルは関係ないね。

豊島区巣鴨4丁目24−6
2022/04/24

0

2022/5/1

この表紙見たらDavisが描いてると思うじゃない?、X-MEN Legends 11号、12号   アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

往年のX-MENの作家たちが交代に担当していた当時のままの設定で新しい物語を紡ぐシリーズX-MEN Legends 11号、12号を読み終えたのでレビュー。

11号の筋書をLouis Simonson、画を Walter Simonson、12号の筋書をChris Claremont、画を Scot Eatonが担当。X-MEN Ledgendsの締めは伝説の巨匠のオンパレードだ。今回は。添付画像は12号のもの。本編は描いていないがAlan DavisがNIGHT CRAWLER (“NC”)とKittyを描いた。(眼福)しかし、この表紙見たら中身もDavisが描いてると思うじゃない。

粗筋。11号はApocalypseの4騎士の最後の一人を探しにCalivanが古巣のMorlocksを訪ね大混乱。そこにNEW MUTANTS (“NM”)が助太刀にはいる。12号はEXCALIBUR結成前のNCとKittyがDestinyに無理やり依頼されMystiqueがForgeを殺すのを阻止する。

時代的にはLouisがNMをWalterがX-FACTORを担当していた1989年の作品に合わせている。NWのメンバーはオリジナルに加えBoom Boom、Rictor、Skids、Rustyが加わっている。懐かしいな。こうやって読んでみるとちょっとメンバーが多過ぎ。大勢のキャラクターをWalterが丁寧に描いているの印象的。自分でインクを入れているらしいが、非常に力強い重厚な感じがする。

Apocalypseが冷静にNMのメンバーの分析を行っているのが面白いか。

11号もそうなのだが、12号でも、無理矢理一話で物語を終わらせようとしているので、話があっけなく終わる。昔のアメコミってこんな感じだったかな。もう少しEXCALIBURの創設秘話的な話にして欲しかった。

Forgeを守るために集められたHarriersなる集団、記憶にないけど、前にX-MEN出てきた奴らみたいだ。如何にもSilvestri的なキャラだが、リーダーのHardcaseってCABLEに似てるな。

NCのアクションシーンは一見の価値があり、画を描いているEatonの技も悪くないと納得した。

Mystiqueが戦闘の末倒れたNCを助ける理由を説明した最後の台詞を書いておく。”前略 Consider it the courtesy of a nascent hero. Next time, Kurt, you can save me.” ちょっとちゃっかりしている。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ