2022/5/7

チャーシューは珍しく腿肉、巣鴨「麺創庵砂田」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

「巣鴨」「ラーメン」で検索するとスッゴイ点数で一番上に来る「麺創庵砂田」さんを訪問した。日曜日ということもあり、店内6席。外待ち9人、店内で4人待ち。2回転しないと順番は来ないのだが、その後の用事まで時間に余裕があったので良かった。待って良かった。

最初は普通の中華そばにしようとおもったけど、へそ曲りなオイラは「塩中華そば」880yen 、ワンタン150yenを注文した。

具は、メンマ、白葱、小松菜、ナルト、ノリ×1枚、ワンタン× 3個、チャーシュー×2枚。チャーシューは珍しく腿肉。そして吊るし焼きとのこと。歯応え重視系。経堂の「はるばる亭」を思い出した。ワンタンは柔らかく仕上がっている。あくまで主役はチャーシューであり、スープであり、麺である感じ。

麺は、太めの縮れ麺。自家製麺とのこと。縮れなのでモッチリモッチリまでは行かない。だけど十分好きな部類のモッチリ度。

スープは、室町時代から醤油の代用として使われていた煎り酒を応用して作られたもの。国産ブランド鶏のガラ使用。魚介も入っているね。

ここのラーメンのジャンルは「白河ラーメン」らしい。正直美味しければジャンルは関係ないね。

豊島区巣鴨4丁目24−6
2022/04/24

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ