2005/3/5

Crossover その3  アメコミ

先週、先々週とライバル会社DCとMarvelの共同出版の話をしてきたけど、今回はそういった仲良しクラブの話とは正反対に両社のライバル意識が感じられる話。

写真は、Marvel社のAmazing Spider-Man 516号の1ページ。Spider-ManことPeter Parkerと奥さんのMary Janeとの会話が続いている背景でテレビのニュースが進行してます。(小さすぎてわからないと思うけど。)こういうテレビのニュースを使った表現方法はRobocop 2と3の脚本家も書いているFrank Millerが1980年代に多用してたんだけど、結構今でも使われてるね。

話を元に戻すと、一番上のコマで、キャスターが読み上げてるニュースの内容は、(NYSE(ニューヨーク株式市場)に上場している)Time-Warnerの株価が、その出版部門(つまりDC Comics)の業績が芳しくないことから、値下がりしてますというもの。この漫画を読んでるアメリカ人は思わずにやっとするJoke。日本でこういうJokeを載せるなんてことはありえないね。日本人が同じことをするとすごく嫌味なんだよね。慣れてないから。こういうことができるアメリカ人は羨ましいな。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ