2011/3/21

Concert for Georgeを聴いた  ミュージシャン

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前に買ったConcert for George。中学時代からの友達が先に聴いていて、そいつの話を聞いた後はずっと欲しかったのだが、なかなか廉価盤が出ずにいたため、買えず仕舞い。ようやく少し安めのものを入手したので、ここでレビュー。

最初の方のインドの音楽は、申し訳ないけど、飛ばしても良かったかな。インド料理屋さんのBGMだと思えば、晩御飯がカレーの時にかけても良い。

最初にぐぐっと来たのが、Jools Hollandが歌うHorse to the Water。この人の歌が上手い。
歌が上手いと言えばELOのJeff Lynne。Tom PettyのTaxmanも良いのだが、JeffとTomが、Traveling Wilburysの曲を仲良く歌っている姿は微笑ましい。Jeffの声は綺麗だね。

Georgeの昔馴染みRingoが元気だった。そしてコンサート会場を盛り上げるカリスマ性は他の協演者より一枚も二枚も上。(除くPaul McCartney。)
Georgeの曲の中でも一番好きなWhile My Guitar Gently WeepsをPaulとECが協演する最後の盛り上がりがこれまた良い。ECがちゃんとギターでソロをとる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ