2012/7/22

SPIDER-MANがゲストX-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
X-MENその78

今回は、形容詞のつかないX-MEN 28号、29号のレビュー。添付画像は、28号のもの。中身も描いているWill Conradの手による作品。画面上段のSkrull星人が変身したCOLOSSUSS、STORMそして、MAGIK(か?実際本編に出てこないしわかんないよ。)がかっちょ良い。構図はそれほど好きではないんだけどね。Willの画を前回(今年の1月の終わり)も褒めているな。この時と感想は同じ。基礎がしっかりとしている。味はまだまだ。

筋書きはVictor Gischlerが担当。話は地球人の子供を人質に取られ渋々Skurull星人の手先となるPIXIEとSkrull星人の悪巧みに巻き込まれるSPIDER-MANの活躍。

最近のこのBlogのパターンを踏襲して、今回も気に入っているところを書こう。まずは、今回の主人公PIXIE。最近のおいらのお気に入りのキャラの一人。どこかEXCALOBURのMegganに似てるんだよね。ちなみに名前も同じ。一番若いX-MENのメンバーである彼女が、窮地の中で、リーダーシップを発揮するところは大好き。リーダーシップは上下関係がなくても発揮できるんだよね。(難しいことだけど。)SPIDER-MANが彼女をうまく手助けしている所も見逃せない。

今回の悪役Skrull星人。変身能力を持つ宇宙人だが、今回出てくるやつらは、どこか間が抜けていて、憎めないやつら。単純に故郷に帰りたいだけ。(一人だけ本当の悪がいるのだが)確かに、FANTASTIC FOURの住んでいる基地や、SPIDER-MANことPeter Parkerの勤めているHorizon Labへ不正侵入し、盗みを働くのは悪いことなのだが。

人質に取られている小さな子供が、SPIDER-MANに対して、「あんたは社会の敵だよって、ニューヨークの市長が言ってたよ。」って叫ぶシーンは好き。信用されてないね。

結局、どこか抜けているSkrull星人は無事故郷へ帰ることができるのだが、(機転を利かせたPIXIEのお陰)彼らは、威張り散らしていた悪のSkrull星人にお仕置きしようと計画するシーンも好きだな。

一方、気に入らないのは、SPIDER-MANの現在のArc(複数話完結の話)にも出てくるような、ちっちゃなロボット(Nanobot)が全然関係ないこの話にも出てくる。マイミクの一人も書いているけど、同じような話が多過ぎだよ。

あ、忘れてた。先週のX-FACTORの回で一点、見落としていたことを追加。2個目の画像で、日本の漫画で良く使う「迫力線」(中心に向かって線が放射状に描かれているもの)を表紙を担当しているDavid Yardinも活用している。アメコミにしては、珍しい。日本人のおいらにゃあまりに普通すぎてスル―していた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ