2013/12/21

自慢のつくねは甘く、美味しい、「濃厚鶏そば武一」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


この日は、午後から赤坂方面で会議、そんな時はラーメンってことで、ちょっと遠いけど、新橋の人気店、「濃厚鶏そば武一」を訪問。この店のメニュー中では、ちょっと変わり種の「京鰹節濃厚鶏白湯そば」 780 yenを注文した。オーダーを聞いていると、お客さんがこの品を注文する率は高い。

具は、シナチク、青葱、刻み玉葱、ノリ×2枚、鶏つくね×1個、チャーシュー×2枚。鶏チャーシューは鶏ラーメンの新基準ササミで柔らかく仕上げたもの。豚の方は肩ロースかな(ちょっと自信なし。)久し振りの歯応え重視系。ここの店は、「つくね」が売りらしいのだが、甘めの味付け。ちょっと意外な味だった。良い感じ。もっとこの「つくね」を食べたかった。

麺は、正方形に近い長方形の断面を持つ若干細い麺。さらっと食べられて、適量。

スープは、その名のごとく、鶏白湯に鰹節。新橋寄りにある人気店、「京鰹節つけ麺愛宕」とのコラボスープ。しかし鰹節のパンチは弱め。やはりここの売りは鶏だからか?鶏の味がしっかり効いていて十分美味しいけどね。店名の一部「濃厚」に偽りなし。玉葱でしつこさを和らげているところも買いだな。

店に入るとBlondieの懐かしいヒット曲、 Call Meが流れていた。Blondyの中で一番好きな曲。80年代の名曲の一つだね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ