2014/1/11

なんだろう、このスープの粘度、「つけ麺らーめん半田庄太郎」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します


この日は朝から午後まで虎ノ門近くで会議の連続。そんな時は定石のラーメン。前から狙っていたこの店を訪問。まずは、この店の基本メニュー「濃厚魚介つけ麺 」790 yenを注文した。ちなみに、温かいラーメンも美味しそうだったのだが、この日は冬のくせにやけに温かかったので、つけ麺が正解。


具は、シナチク、白葱、玉子×1/2、チャーシュー×3個。チャーシューは角煮風。中華っぽい香り(「八角」と思われる)がする。

麺は、。断面が正方形の極太麺。自家製麺、自家製粉。(このお店、尾張製粉というところが経営しているらしい。だから、自家製粉。)300 gで並盛りと気前が良い店だ。茹でるのに、タイマーを使っているきっちりしたお店。

スープは、トロトロしている。他の店の濃厚感って、ベジポタージュや豚骨煮込んで作っていると思うけど、ここのは、麻婆豆腐の「あん」みたい。極太麺にスープがからまりまくって、麺を食べ終えた時点でスープが空になった。すごい粘度。もし、中盛り以上だったら、スープのお代わりが必要だね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ