2014/3/29

思わず日本一と宣言してしまった、豚清湯系貝汁の「不如帰」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷区幡ケ谷2丁目47ー12

2014/03/23

この日は、奥さんも子供もお出かけ。残ったおいらは、家事を済ませ幡ヶ谷の名店、「不如帰」を再訪。おー何と5年振りだ。2ヶ月前の飲み会で、ここのラーメンが日本一と、おいらが高らかに宣言したのがきっかけだな。行く機会を伺ってたんだよね、それ以来。今回は、「そば(醤油)」750 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚。チャーシューは、歯応え重視系。久し振り。しそ(かな?)の香りがのっている。爽やか。

麺は、細い平打ち麺。結構量があり、満足感ある。

スープは、石川県の、非加熱、本醸造丸大豆、白三種類の醤油が使われ、豚、乾物、蛤の出汁に合わされている。(全部お店の受け売り。ハハハ。)何と言っても、貝の苦味が秀逸。スープを残さず飲んじゃったのは久し振り。勿体無くてね。何が日本一ってこのスープだよ。透明なのに、深みがあって、かつ健康に良さそう。

ラーメンが配膳された時の、夫婦で来店したお客さんの笑顔が印象的だったな。その気持ちよくわかる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ