2021/1/21

稲荷前古墳群・月讀神社ぶらり歩き210121  

稲荷前古墳群・月讀神社ぶらり歩き


2021.1.21
コロナ禍感染を避けて交通機関も使わず、自宅より歩ける範囲でぶらり歩きをしてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
鶴見川


クリックすると元のサイズで表示します
稲荷前古墳群(1)
神奈川県横浜市青葉区大場町にある古墳群。
神奈川県の史跡。
狭い範囲に様々な形の古墳(前方後方墳・前方後円墳・円墳・方墳・横穴墓)が密集し『古墳の博物館』 とも呼ばれたが、現在は3基が残るだけである。


クリックすると元のサイズで表示します
稲荷前古墳群(2)
4世紀後半から7世紀にかけてこの地域の首長とそれに連なる人々の墓所と考えられる。
古墳からは管玉・ガラス小玉などの玉類、鉄刀・鉄鏃などの鉄器、耳環などの副葬品が発見されている。


クリックすると元のサイズで表示します
稲荷前古墳群(3)
稲荷前古墳から自宅のある鶴見川、青葉台方面を見渡す。


クリックすると元のサイズで表示します
月讀神社(1)
鳥居
天文3年(1534年)に麻生郷の領主・小島佐渡守が五穀豊穣を祈願して、伊勢月読神社より勧請し、創建したと記されている。


クリックすると元のサイズで表示します
月讀神社(2)
本殿
川崎市麻生区の総鎮守


クリックすると元のサイズで表示します
月讀神社(3)
参道階段を見下ろす。
帰りに参道階段の数を数えるとちょうど100段ありました。
踊り場がところどころあり何とか昇降出来ました。

帰りは途中でコンビニに立ち寄り、おにぎりとゆで卵を買い、寺家ふるさと村で昼食をして自宅に戻る。
しばらく歩いていないので疲れました。

この日に歩いた歩数: 22,460歩(14.6km)

青葉の百姓 2021.1.21記


ネット仲間からのコメント
----------------------------------------------
甲斐犬さん
2021年01月21日 15:45
こういう自然風景は無い都心暮らしではマスク必須

青百
2021年01月21日 15:50
甲斐犬さん、
確かに都心と違い人と人との接触は殆どないですが、それでもマスク着用で歩いて来ました。
早く収束して欲しいね!



セレスさん
2021年01月21日 20:47
稲荷前古墳群は知らなかったです。
どの辺にあるのですか?

青百
2021年01月21日 21:44
横浜市青葉区大場町にある古墳群で、もともとは大きな古墳群だったが土地開発されて残った小さな古墳群です。
横浜上麻生道路に面した丘の上にある古墳群で、桐蔭学園から市が尾駅に向かって約1.5kmくらい行ったところです。


青葉の百姓 2021.1.21追記


たんぽぽコーヒーさん
2021年01月22日 10:35
またまた歩いて来られましたか。
見晴らしが良い所ですね! 気分転換になりますね。
外を歩くときはあまり人には会わずマスクも要らなさそうですが、今は皆がしていますね。
仕方ないですね。

青百
2021年01月22日 13:28
たんぽぽコーヒーさん、
稲荷前古墳群のある小山の頂上から振り返って鶴見川、青葉台方面を見下すと見晴らしも良いです。
我が家の住んでいる所は古墳群から約4kmもあります。
気分転換になります。
散策は駅のほうの反対側を歩くので人には会わないがマスクは着用している。
ところで静岡も新たな新型コロナが検出されたようだが、何か不気味ですね。
気を付けてくださいね。


青葉の百姓 2021.1.22追記


投稿者:ふぅさん
投稿日:2021年 1月25日(月)05時17分48秒
お疲れ様でした。
稲荷前古墳群が歩いて行けるのですね。 ついでに月讀神社へもお参りできましたね。
いつも前向きな姿勢に感心しております。 コロナに負けないで過ごしましょう。 今週もよろしくお願いします。
街角に節分の鬼が建ちました。
クリックすると元のサイズで表示します

青百
おはよう! おおっ…! 
もう節分の巨大な鬼さんが立っている。 
昨年はコロナで始まりコロナで終わって約1年になるのかあ〜〜。
大変な1年でしたが暖かくなりコロナが終息するのを願うばかり。
ぶらり歩きは稲荷前古墳群まで自宅から約4km、約1時間で行けます。
古墳群から月讀神社へは北西方向へ約5km、約1時間余もかかったがコロナ終息を願い参拝して来ました。
神社から寺家ふるさと村へ立ち寄り昼食をして自宅まで良く歩きました。
今日は青葉台駅デパ地下までリュック担いで買い出しに行きます。 
人の往来が多いので気を付けないと・・・。


青葉の百姓 2021.1.25追記





3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ