2008/10/13

西湖ヒメマス釣り081011〜12  

西湖ヒメマス釣り

2008.10.11〜12
昨日・一昨日といつもヒメマス釣りで一緒に行く釣り仲間と前日泊って翌日早朝西湖で釣りをして来ました。
釣り宿の情報でこのところアタリもほとんど無く釣果は期待できなかったが、前々から予約してあり中止する事も出来ず、久しぶりの釣りだし、釣り仲間との再会も楽しみにドライブがてら行く事にした。

5年間も通った懐かしい道志農園へ立ち寄り、山中湖を通り河口湖の脇から西湖へ17時15分頃着いた。


クリックすると元のサイズで表示します
道志農園(1)

始めた頃は村おこしのために作った道志村村営農園で非常に活況があった所だが、なにぶんにも遠すぎて、農園を借りる人も年々減ってきているらしく、この三連休だというのに私の車以外に右側に一台あっただけでした。


クリックすると元のサイズで表示します
道志農園(2)

5年間も使用していた青葉の百姓の農地も冬野菜も作っていないし、荒涼たる姿でした。
2002年4月から始まって2008年3月までの青葉の百姓の5年間の体験記のURLは下記の通りです。
http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/5_0nouen.htm


クリックすると元のサイズで表示します
夕陽の山中湖


クリックすると元のサイズで表示します
西湖

船宿から富士山は見えないので西湖の対岸まで車で寄り道をして富士山を撮った。
デジカメでは良く写らないが夕陽に当たった富士山が綺麗でした。
再度Uターンして釣り宿へ着いたのが17時15分でした。
釣り仲間と再会し一杯飲みながらの釣り談義は最高だった。


クリックすると元のサイズで表示します
翌朝5時半過ぎの西湖


クリックすると元のサイズで表示します
スタート前の釣り客
6時に釣り場に向かって一斉にスタートするが、このところ釣果が期待できず釣り人が少なかった。


クリックすると元のサイズで表示します
釣り仲間達

今朝の冷え込みは厳しかった。
7時頃1回だけ当たりが来てから帰るまで全く当たりが来ない絶不調だった。
青葉の百姓は物心がついてから何十年もやっている魚釣りで一度もボウズ(アフレ)になった事はない。
ボウズの記録を達成するのはこのヒメマス釣りだと思っていたが、その記録を免れた事は幸いでした。


クリックすると元のサイズで表示します
絶不調の西湖ヒメマス釣り

殆んどのボート釣り客も竿を出したまま寝ていた。
ヒメマス釣りは回遊してくるヒメマスタナ(深度)を設定して相手が来るのを待つだけの単調な釣りで、個人的にはあまり好きな釣りではない。
今回ブイに繋げた水深は約62mタナ約20m前後でした。
面白くも全くない釣りだが、ヒメマスは非常に美味しい魚なので釣り人は時期になると集まって来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
船宿から西湖を写す。

11時を過ぎた頃、もう粘って釣っていても駄目だと思い、釣り仲間と別れ帰る事にしました。
山梨県想い出の地で昔の仲間達も大勢いる。 その仲間に会ってから帰る事にした。


クリックすると元のサイズで表示します
道の駅「なるさわ」
もう山梨もそろそろ紅葉の時期を迎える。
今年の1年間も早いものだな…と感じながら、昨日・一昨日のヒメマス釣り釣り仲間との再会、あり日しの山梨の友人との再会等々、充実した二日間でした。

                青葉の百姓 2008.10.13記


追記:
クリックすると元のサイズで表示します
鳴沢カボチャ
道の駅「なるさわ」を出て、鳴沢付近の街道筋に面白いカボチャをゲットしました。
飛騨、高山市丹生川町で自家用野菜として栽培されている“宿儺かぼちゃ”に似ているが同族かな??

因みにスクナカボチャ(宿儺南瓜)、“両面宿儺”からきている名前です。
★調べてみると、両面宿儺(りょうめんすくな)は上古、仁徳天皇の御世に飛騨に現れたとされる両面、四手、四足の伝説上妖怪だそうだ。

★頭の前と後ろに“顔”があり、胴には“手”が四本、“足”も四本ついており、身長が三メートルもある五十人力のスーパーマンのような男だったと日本書紀は伝えている。

★元々は、飛騨、高山市丹生川町で自家用野菜として栽培されていたカボチャヘチマのような形をしており、長さは50〜80cm。重さ1個2.5kg前後で大きな物は重さ5kg程度にもなる。
表皮は淡い緑色に濃い緑色のまだら模様が入り、表面は滑らかで、果肉は鮮やな黄色である。 糖度が高く、クリのような甘味とほこほこ感がある。

★2001年(平成13年)“宿儺かぼちゃ”と命名されたと記されている(フリー百科事典ウィキぺディア資料より)。

                青葉の百姓 2008.10.14追記



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ