2018/10/12

フランス宮廷の磁器 セーヴル展181010  

「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」


静岡市美術館で「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が開催されていて小6有志だけで観て来ました。
ヨーロッパ磁器の最高峰の一つであるフランスのセーヴル磁器、300年に及ぶ伝統と創造の軌跡を、セーヴル陶磁都市の優品約130件で紹介する日本初の大規模展だそうです。
色合いは九谷焼に似ている。


クリックすると元のサイズで表示します
観覧料:
一般 1,200(1,000)円、大高生・70歳以上 800(600)円、中学生以下無料


クリックすると元のサイズで表示します
壺「クロディオン」
ポプリ壺「エベール」 1757年 セーヴル陶磁都市所蔵
同上現物


クリックすると元のサイズで表示します
同上説明


クリックすると元のサイズで表示します
大きな庭師


クリックすると元のサイズで表示します
同上説明


クリックすると元のサイズで表示します
鳥の意匠のカップとソーサー
「リトロン」、ローズの地に小石模様


クリックすると元のサイズで表示します
同上説明


クリックすると元のサイズで表示します
「雄山羊のついた楕円壺」と「雄山羊の頭部のついた壺」
濃紺が綺麗で深い。 


クリックすると元のサイズで表示します
同上説明


クリックすると元のサイズで表示します
壺「シプレ・フェルタド」一対


クリックすると元のサイズで表示します
同上説明


クリックすると元のサイズで表示します
花瓶「花瓶AB」


クリックすると元のサイズで表示します
同上説明


クリックすると元のサイズで表示します
壺「ロドス」と壺「クロディオン」


クリックすると元のサイズで表示します
壺「ロドス」


クリックすると元のサイズで表示します
壺「クロディオン」


クリックすると元のサイズで表示します
美術館内
写真撮影可能な磁器の中で気に入った磁器だけ撮りました。

青葉の百姓 2018.10.12記



ネット仲間からのコメントです。

----------------------------------------------------
マイビオラさん
2018年10月12日 22:40
豪華な装飾ですね。
色目が九谷焼似ていますね。
美しいものを同級生と共有。
良い思い出がまた増えましたね。

青百
2018年10月13日 08:12
マイビオラさん、
確かに九谷焼に似ています。
磁器が始まった年代もセーヴルも九谷もほとんど同じ時期でどちらからも影響があるのだろうか?
フランスの貴族が愛用しているのも良く判りますね。
静岡は年に3〜4回行きますが、このような会があるとお墓参り方々会えて良いです。



ももっちさん
2018年10月13日 17:17
ゆっくりゆったりと見られる美術館のようですね。
上野にある国立博物館や都美術館に時々行きますが、特別展などは大変混んでいて落ち着いてゆっくりと見ることができなかったりしますね。
地方の美術館でゆったり見られたのに味をしめて時々旅先で見たりしています。
間近で見たら緻密で素晴らしいでしょうね。

青百
2018年10月13日 19:10
ももっちさん、
上野にある国立博物館や都美術館と違って、静岡市美術館では特別展なのに落ち着いてゆっくりと観れました。
やはり地方の美術館の方が間近で見れて良かったですよ。
この後は小6同級生と別れて、高校の同級生とゆっくり一杯やりました。


青葉の百姓 2018.10.13追記






4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ