蝉がアチコチから出てきた160724  

蝉がアチコチから出てきた

2016.7.24
我が家の周辺では蝉の鳴き声がうるさい。
庭の土の中から蝉が出てきてアチコチで抜け殻が残っている。
地中に6〜7年も居て出てきたのだろうか、地面にはあちこちに穴が開いている。
我が家の蝉の鳴き声は小さいが、いよいよ蝉のシーズンが始まりました。


クリックすると元のサイズで表示します
ノウゼンカヅラの幹によじ登った蝉


クリックすると元のサイズで表示します
ノウゼンカヅラの葉までよじ登った蝉
左側の蝉の抜け殻は黒いが何んという蝉かな?


クリックすると元のサイズで表示します
草花によじ登った蝉


クリックすると元のサイズで表示します
みょうがの葉によじ登った蝉


クリックすると元のサイズで表示します
アジサイの葉によじ登った蝉
真黒な蝉の抜け殻で小さいが何んという名の蝉かな?


クリックすると元のサイズで表示します
万両の葉によじ登った蝉

青葉の百姓 2016.7.24記



ネット仲間からのコメントです。

----------------------------------------------------
繭玉さん
2016年07月24日 21時28分
子供の頃、庭の植え込みで、蝉が羽化するのを何度か見た事が有ります。今から60年も昔の事ですが、透き通る様な薄緑色から少しずつ茶色に変わっていく様子に感動したのを、今でも思い出せます。

青百
2016年07月25日 06時11分
繭玉さん、我が家の蝉の抜け殻は毎年見ているが、残念ですが、蝉が羽化するのをまだ一度も見た事がないのです。
早朝注意してみないと分からないでしょうね。



ゆうまさん
2016年07月24日 22時04分
我が家の玄関先にも蝉の抜け殻が沢山見られます。
明日探してみようかな〜^。

青百
2016年07月25日 06時15分
ゆうまさん、やはり蝉の抜け殻だけが沢山見られましたか?
私も羽化中の蝉を探してみます。



アイテムさん
2016年07月24日 22時26分
我が家でも立木に張り付き、羽化が見られます。
今日現在ではまだ見られませんが、他所でぼつぼつ鳴き声が聞こえますので間もなくかと楽しみにしています。

青百
2016年07月25日 06時21分
アイテムさんも羽化している蝉を見ていませんか?
我が家では今回真黒な蝉の抜け殻を確認したが、真黒な抜け殻を見たのは初めてです。
それが変わった蝉なのか? 又は泥をかぶってよじ登ったのかは良く判りません。
大半が鳴き声を聞くと油蝉です。
近くにはミンミン蝉も聞こえてきます。



なっつさん
2016年07月25日 16時25分
今年は少し静かです
今も聞こえていますが 何匹もいないんですね。
網戸に良く止まっているので お腹を見ます。
抜け殻を空蝉というそうですが 風流ですね。

青百
2016年07月25日 18時54分
なっつさん、そちらは静かですか?
今こちらは蝉の大合唱が始まりました。
蝉の抜け殻を空蝉というのですか?
私は空蝉だけしか見ていませんが、脱皮するのは早朝暗い時なんだろうね。


青葉の百姓 2016.7.25追記


----------------------------------------------------
韓流大ファンさん
2016年07月26日 08時58分
本当に一杯ありますね。
しかし、6,7年も土の中にいてたったの数日で一生を終わるとは儚いですね。

青百さん
2016年07月26日 18時41分
韓流大ファンさん、蝉の一生ってホントに儚いものです。
先日はやっと地中から出てきたところを雀に食べられてしまいました。



さぬきふじさん
2016年07月26日 09時55分
セミの抜け殻、沢山見つけたようですね。
私の処も、毎年同じようなところに抜け殻がありまして、夜が明けると、近くの小さな山から、庭からと大合唱ですよ。  あの、鳴き声をたどると、一生懸命に羽を震わしてますね。
2年前には丁度、羽化してるところを見つけたので、観察して、写真に撮りましたね。
背中にポッコリ穴が開いてるので驚いたものですよ。

青百
2016年07月26日 18時47分
我が家の庭にもたくさん出て来ますが、羽化してるところを見たことはないです。
早朝まだ暗い時に羽化が始まるのかな?
空蝉の背中にポッコリ穴が開いてるところに白い紐みたいなのが出ているが、あれは臍ののようなものですかね?


青葉の百姓 2016.7.26追記






4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ