静工創立100周年記念行事171112  

静工創立100周年記念行事


2017年11月12日にホテルセンチュリー静岡で静工創立100周年記念行事があり出席して来ました。
いつもは新幹線か東名高速バスで静岡まで行くが、会場には17時迄に行けば良いので、時間もあり始めて鈍行で乗り継ぎ乗り継ぎして吉田駅で下車してゆっくりと富士周辺をぶらり歩きをしてきました。

今回は田子の浦港と富士山を観る事と、生シラスを食べる目的で自宅から東急田園都市線で中央林間駅→小田急線で相模大野駅→小田急線で小田原駅→小田原駅から熱海駅→又乗り継いで東海道線→吉原駅で下車。
乗り換え時間も合わなく何んと約3時間もかかってしまった。



クリックすると元のサイズで表示します
田子の浦港
港湾の突端へ行くと田子の浦の奥に富士山が見える絶景ポイントがあると聞き、時間をかけて現地まで行ったが残念ながら雲がかかって観ることが出来なかった。


クリックすると元のサイズで表示します
田子の浦漁協
しらす街道
地元の人に聞くとしらす街道のシラス丼は生でも釜揚げでも美味しいと聞き、港湾の突端まで歩いて行ったが漁港の店が全てが休みでした。


クリックすると元のサイズで表示します
田子の浦漁港
止むを得ずシラス漁の漁船を撮って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
静岡駅前呉服町通り
更に東海道線に乗り静岡駅に着いたのは16時頃でした。
いつものわさび屋(田尻屋)へ立ち寄り宿泊するホテルでチェックインし会場へ。


クリックすると元のサイズで表示します
会場のホテルセンチュリー静岡(右側)
静岡の街をぶらり歩きしながらホテルへ着いた時は既に始まっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(1)
挨拶


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(2)
記念講演 講師 望月将悟氏(H19年機械科卒)
限界に挑む(応援の力)
トランス・ジャパン・アルプス・レース4連覇中


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(3)
宴会出席者は関係者含み約600人を超えていると言っていた。


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(4)
科学技術工業高の女性応援団
昔は女性は少なかったが、今では技術工業高にも若い女性の新入生も多くなり、何と応援団があるとは驚きました。


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(5)
同上


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(6)
宴会


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(7)
宴会


クリックすると元のサイズで表示します
静工創立100周年記念行事(8)
静工応援団OBによる校歌、応援歌合唱


クリックすると元のサイズで表示します
青葉通りのイルミネーション
ホテルを出てから酔いさましに青葉通りを歩いてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
頂いた記念品のDVD他

この日も夜遅くまで飲んだが午前様にならないで就寝。
翌日は静岡駿府城跡天守台発掘調査がどのくらい進んでいるか確認のため駿府城公園へ。

この日に歩いた歩数: 29,670歩(約19.3km)

青葉の百姓 2017.11.14記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
名前:ふぅさん
日付:2017年11月16日(木) 03時55分
秋は行事が沢山ありますね。
創立100周年おめでとうございます。
盛大な記念行事に出席出来て良かったですね。
写真有難う。
お天気が悪かったですか?
私も生シラス、食べたいです(^◇^)

名前:青百
日付:2017年11月16日(木) 06時28分
富士吉田、田子の浦漁港へ行ったが、店の全て休みで生シラスを食べられなかったが、翌日用宗漁港へ行ってシ生シラスを食べて来ました。
この日水揚げした生シラスは大きいシラスで大味でした。


名前:ふぅ
日付:2017年11月16日(木) 08時59分
お店がお休みでは仕方ないですね(^◇^)
翌日、水揚げしたての生シラスに出会えて良かったです。
美味しいだろうな・・・(笑)
あれこれ、想像しています。

青葉の百姓 2017.11.16追記





2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ