神鳥前川神社の豆まき180203  

神鳥前川神社の豆まき


何時も行っている節分祭は横浜市青葉区みたけ台にある曹洞宗寺院祥泉院だったが、今年は初めて地元横浜市青葉区の総鎮守である神鳥前川神社豆まきを見に行って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
豆まき(1)
神事
豆まきの前に神主さんが破魔矢を使って鬼門、裏鬼門へ行き神事を行いました。


クリックすると元のサイズで表示します
豆まき(2)
巫女さんの豆まき
ここは鬼も出て来ないし、神職だけで豆まきをやっている。


クリックすると元のサイズで表示します
豆まき(3)
神主さんの豆まき
神社の境内は狭く、豆まきをする神職の方も福豆も少なくあっという間に終わってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
豆まき(4)
キャッチした福豆
それでも何とか数袋はキャッチしました。
2歳半の孫も連れて行ったが、キャッチした福豆はまだ小さく食べさせると気管に入ってしまう危険がありあげられなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
みたけ台にある祥泉院の節分祭

初めて神鳥前川神社のの節分祭へ行ったが、いつも行っているみたけ台の祥泉院の方が遥かに盛大です。
来年孫を連れて行く機会があれば、ここは鬼も出て来るし、福豆も豪華だし子供たちも多く祥泉院へ行こうと思っている。

青葉の百姓 2018.2.4記


ネット仲間からのコメントです。
-------------------------------------------------
セレスさん
2018年02月04日 18:25
お孫さんと行かれたのですね。
私は昨日は法事があり行けなかったので、来年は孫を連れて行きたいです。

青百
2018年02月04日 19:29
豆まきは幼児を連れて行っても誰かに見てもらわないと福豆もキャッチできないし、幼児は面白くないでしょうね。
もう少し大きくならないと駄目だね。


青葉の百姓 2018.2.4追記


-------------------------------------------------
けーさん
2018年02月04日 20:55
お孫ちゃんと二人でいかれたのですか?
私は 昨日久しぶりに 鶴見の総持寺に行ってきました。
行く前に調べたら 10時開場 12時節分なぎ 2000名とありました。
11時20分に到着! すでに遅しでした
大祖堂で行われる豆まきは 座ったままで豆を拾い立ってはいけないとのことでした。(マイクの声が聞こえてきました)
お堂の前にいた私たちには 封筒に入った豆が配られましたがお堂の中は一切見られませんでした
がっくりで裕次郎さんのお墓にお参りして帰ろうと・・・
そこには 大勢のファンの人がいて 軍団の人がお墓参りに来るのを待っているようでした。
俳優さんが来ていましたので・・・・
ちなみに 朝5時ごろから並び始めたそうです
以上 総持寺の情報でした 

青百
2018年02月05日 08:03
けーさん、お早う。
豆まきは一人で行くつもりの神社に次男夫婦・孫が遊びに来たので一緒に行きました。
鶴見の総持寺の節分祭は盛大だったですか?
大祖堂で行われる豆まきは座ったままで豆を拾うため立ってはいけないし、お堂の前で封筒に入った豆が配られるわけですね。
裕次郎のお墓も凄い人だったようで、混みようは上野のパンダの列と同じですね。
節分祭はやはり地元のお寺のほうが良いですね。



ゆうまさん
2018年02月04日 23:26
神社の豆まきに行った事がありません。
楽しそうですね〜(^O^)/

青百
2018年02月05日 08:09
ゆうまさん、お早う。
私も神社の豆まきは初めてでしたが、豆まきに出て来るのは神主と巫女たちだけで鬼は出て来ないのですね。
知らなかった。
チビには行く途中に鬼が出て来るよと言って話していたが期待外れでした。
やはり節分祭はお寺ですね。


青葉の百姓 2018.2.5追記


--------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2018年02月06日 17:07
豆まきには大勢の人が来るのでしょうね。
近くの神社にしか行った事ありませんので、時には大きな神社の豆まきを見に行きたいものですよ。

青百
2018年02月06日 20:04
さぬきふじ・2さん、
大勢の人が来る大きなお寺や神社の豆まきは遠くで見るだけになってしまいそう。
豆まきは地元のお寺か神社で良いですよ。


青葉の百姓 2018.2.6追記





1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ