久能山東照宮060127  

久能山東照宮

史跡久能山日本平と共に太古海底の隆起によって出来た山で、推古天皇の頃(600年頃)久能忠仁が初めて山を開き、久能寺を建立。
永録十一年(1568)駿府に進出した武田信玄が、久能寺を今の清水市に移し、この山頂に砦を造って久能城としたが、その後、武田氏の滅亡とともに徳川家のものとなる。
元和2年(1616年)4月17日家康公の薨後、久能城を廃止し、2代将軍秀忠の命令により家康が埋葬されてわずか1年7ヶ月の短期間で久能山東照宮は造られた・・・と記されている。
徳川家康は75歳で薨去、遺言により久能山最頂部神廟に安らかに眠っている。



クリックすると元のサイズで表示します
日本平頂上から久能山東照宮を結ぶロープウェイ


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮全景


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮説明看板


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮入り口、社務所、向こうに見えるのが山門


クリックすると元のサイズで表示します
山門から拝殿に向かって撮影


クリックすると元のサイズで表示します
梅の花と神楽殿


クリックすると元のサイズで表示します
神楽殿と鼓楼


クリックすると元のサイズで表示します
拝殿
この日(2006.1.27)は拝殿へ行く正面ルートが閉鎖され、右回りに日枝神社から本殿へ入る


クリックすると元のサイズで表示します
日枝神社


クリックすると元のサイズで表示します
日枝神社側から本殿を撮る


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮本殿(1)


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮本殿(2)


クリックすると元のサイズで表示します
神廟
元和二年(1616)家康公は75歳で薨去、遺言によりここに葬られた。


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮本殿(3)


クリックすると元のサイズで表示します
久能山東照宮本殿(4)


クリックすると元のサイズで表示します
山門脇の狛犬(1)


クリックすると元のサイズで表示します
山門脇の狛犬(2)


クリックすると元のサイズで表示します
家康公御手形
なんと苦労のないふくよかな手をしていると思った・・・。 
これは数々の戦いに明け暮れた戦国時代を生き延びてきて、ついに覇者となり天下泰平を築いた晩年の手相に違いない・・・・・・!
我が青葉の百姓の手のほうが長さは3cm程大きいような気がする。


クリックすると元のサイズで表示します
重要文化財、樓門


クリックすると元のサイズで表示します
国指定史跡、久能山説明板


0

登呂遺跡060126  

登呂遺跡

静岡へ用事があり時間に余裕があったので、久しぶりに弥生文化後期の前半、紀元前100年から200年にかけての代表的遺跡である登呂遺跡まで歩いて行ってきました。
静岡駅から距離は片道約3kmくらいで歩いて40分ほどで着きます。
登呂遺跡内は公園になっていて入場料で、奥に登呂遺跡博物館があるが、入館料は大人200円です。


クリックすると元のサイズで表示します
登呂遺跡の看板


クリックすると元のサイズで表示します
復元住居


クリックすると元のサイズで表示します
復元住居内部上部


クリックすると元のサイズで表示します
復元住居内部床部


クリックすると元のサイズで表示します
竪穴式住居集落群


クリックすると元のサイズで表示します
竪穴式住居跡


クリックすると元のサイズで表示します
高床式倉庫


クリックすると元のサイズで表示します
登呂の灯火


クリックすると元のサイズで表示します
穀物を突いている銅像


クリックすると元のサイズで表示します
火おこし


クリックすると元のサイズで表示します
土器作り


クリックすると元のサイズで表示します
登呂博物館と丸太舟


クリックすると元のサイズで表示します
森林跡


3

川崎大師060106  


川崎大師安全祈願


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


0

浅草寺初詣060103  

浅草寺初詣

昨日(1月3日)は天気も良かったし、浅草寺へ初詣でに行ってきました。
今回の祈願の一つは
1月8日(日)の谷中七福神めぐりが好天である事、そのあとの新年会・カラオケ会が盛会に終わる事を祈って来る事でした!

10時ごろ家を出て11時40分頃雷門へ着いたのはいいが、これからが大変!
これから本堂までたどり着くのに雷門をくぐり仲見世通りを人の流れに沿って歩き宝蔵門をくぐり本堂まで50分もかかってしまった。
何と参拝客の多い事かビックリした。 不景気かぜなんか吹っ飛んでしまうようだ!
帰りに駒形どじょうへ行ってどじょう鍋を食べて一杯飲んだがこれまた美味しかった。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草寺雷門前大通り
今日はこの大通りも歩行者天国でした。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草寺雷門
雷門まで近づくと参拝客が雷門の外まで溢れていた。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草寺仲見世通り



クリックすると元のサイズで表示します
浅草寺宝蔵門前


クリックすると元のサイズで表示します
浅草寺本堂


クリックすると元のサイズで表示します
浅草寺宝蔵門
宝蔵門を潜り抜け後ろを振り返ったら、頭、頭、頭・・・イモ洗いのような人出でした。


クリックすると元のサイズで表示します
本堂内へ上がるのに誘導員が人数を区切って整理している。
雷門→仲見世道り→宝蔵門→本堂前広場→本堂まで50分かかった。
やっとの事で本堂へ入りお参りして、両左右の出口へトコロテンのように出されてしまうが、青葉の百姓ちょっとの隙間をねらって本堂より参拝客の方へ向かって撮ってみた。
上から見ると足の踏み場も無いくらいの参拝客でした。


クリックすると元のサイズで表示します
浅草“駒形どじょう”
帰りに駒形どじょうでどじょう鍋を食べようと出向いたが、ここでも40分待たされたが折角来たので我慢して待つことにした。
ここのどじょう鍋は待つだけのことはあって本当に美味しい。
大きな蒸したどじょうとタレがマッチして、ネギを山盛りに乗せて一杯飲みながら食べたがこれまたとろけるように美味しかった。
昼のサービス、どじょう鍋定食は一人前2,400円でした。
浅草へ行ったら是非“駒形どじょう”を試食して下さい。 青葉の百姓


0




AutoPage最新お知らせ