古都台南と台湾周遊060513  

古都台南と台湾周遊の旅4(台北)


第四日目(最終日)
台北の街散歩→忠烈祠→台北国立故宮博物院→昼食小籠包などの点心→中正国際空港→成田国際空港→帰宅

古都台南と台湾周遊の旅4日間の最終日。 
今日で終わりなので残り惜しく例のごとく6時00分から7時過ぎまで朝の散歩に出かけ、台北北部にある台北市立美術館その周辺の公園散歩(往復約5km弱)をした。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルから北へ向かってメインストリートを歩いていくと、街の交差点の角にジュディオングの大きな看板があった。
ジュディオングは歌手だけではなく板画家としても有名な方で彼女の展覧会も見たこともあり印象が深い。


クリックすると元のサイズで表示します
台北市立美術館とその周辺の公園(1)


クリックすると元のサイズで表示します
台北市立美術館とその周辺の公園(2)
台北市立美術館の前で記念に撮った。 館内には時間的に入ることが出来なかったですが建物はあまりたいした建物ではなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
台北市立美術館とその周辺の公園(3)
この手のブロンズは何を意味しているか良く判らなかったが、何処から見ても形とバランスと言いなかなか良く気に入ったのでワンカット撮ることにした。


クリックすると元のサイズで表示します
台北忠烈祠(1)大門牌門


クリックすると元のサイズで表示します
台北忠烈祠(2)
大門牌門から山門を写す。 ここでは見えないがその奥に大殿がある。


クリックすると元のサイズで表示します
台北忠烈祠(3)
台北の忠烈祠は、有名な観光スポットの一つになっており、観光旅行のツアー(日本人のツアーに限らず台湾の人のツアーも含め)には必ず組み込まれているようである。
機械のような正確さで銃剣を回し行進する姿は気持ちがいい。


クリックすると元のサイズで表示します
台北忠烈祠(4)大殿
忠烈祠は辛亥革命、抗日戦争や中共との戦いで戦死した約33万人の兵士の霊を祀っているところ。


クリックすると元のサイズで表示します
台北国立故宮博物院(1)

中国歴代皇帝がコレクションした中国5000年の歴史の貴重な文物が一堂に収蔵している。
北京の紫禁城や南京の中央博物院に所蔵されていた、歴代中国皇帝の収集した所蔵物など国宝級の精品、約66万点が収蔵されているが、現在改修工事中でその1/10くらいしか展示されていないそうです。

この台北国立故宮博物院の収蔵物は、フランスのルーブル美術館、イギリスの大英博物館に比する世界の博物館だ・・・と納得した!


クリックすると元のサイズで表示します
台北国立故宮博物院(2)

今年の1月29日(日)に東京国立博物館へ行って「書の至宝(日本と中国)展」を見に行った時に4世紀頃中国東晋時代の王義之(おうぎし)の書を見たが、ここで再び見てきましたが当時の書体を確立させた天才書家だけにさすが“芸術的書の至宝”だなと思いました。


クリックすると元のサイズで表示します
花売り娘
車を停まっていると花売り娘が寄ってきて、花を売っているが1把日本円にして20円くらいで売っている。
ガイドさんが買ってくれて頂いたが花の名前は“玉蘭”と言い本当にタマラン・・・良い香りがしました。


クリックすると元のサイズで表示します
昼食小籠包などの点心


クリックすると元のサイズで表示します
圓山大飯店

中正国際空港へ向かう車窓で変わった建物があったので、ガイドさんに聞いたら圓山大飯店と言い台北の名門ホテルだそうです。
青葉の百姓は目にも鮮やかな宮殿式の豪華ホテルの建物そのものに興味があった。


クリックすると元のサイズで表示します
中正国際空港(1)


クリックすると元のサイズで表示します
中正国際空港(2)


クリックすると元のサイズで表示します
中正国際空港(3)
中正国際空港を離陸する時になり雲行きがあやしくなり、ポツポツ雨が降って来た程度でした。


クリックすると元のサイズで表示します
台湾を離れ日本へ向かう上空で


クリックすると元のサイズで表示します
機内食
暫く中国料理しか食べていないので帰りの機内食(洋食)は美味しかった。


クリックすると元のサイズで表示します
成田国際空港到着

雨の中、無事成田国際空港へ着き何はともあれほっとした。
今回の古都台南と台湾周遊の旅4日間は出かけが雨で、帰ってくる日も雨だったが、台湾旅行期間中は天気が良く、雨も降らなかった事が幸いでした。
但し台湾は昔3年間も住んでいたインドネシアの透き通った空の青さとは違い、大陸からの黄砂のせいか? 又は自動車・バイクの排気ガスのせいか? スカッとした天気が一度もなかったのは残念でした。

食事の方は潮州料理・飲茶料理・世界のバイキング・台湾料理・上海料理・小籠包などの点心の数々等々中国料理のオンパレード、これでもか、これでもか・・・と忘れる事が出来ないほど食べさせられた。
家に帰った翌日の味噌汁刺身の美味かった事、やっぱり日本人で良かったな〜・・・と思った。
四日目(最終日)の歩行数 13,840歩(約8.3km)、四日間の計55,160歩(約33.0km)でした。


もう一つ重要な事をいい忘れましたが、台湾の街全体に交通ルールが悪い事が印象に残った。 とにかく横断歩道があっても無いようなもの、自動車・バイク最優先なのだ! 
歩行者は二の次、皆さん横断歩道を渡る時は、まず左右を確認して自動車・バイクが安全圏にいる時を狙って足早に渡って下さいね!

ともあれこの台湾4日間の旅は色々な面で収穫はあった。 
次回に再度行く機会があれば花蓮東部台湾を訪れて見たいものだ。

                      青葉の百姓 2006.05.23記


国立故宮博物院(台北)
クリックすると元のサイズで表示します


11




AutoPage最新お知らせ