父の日プレゼント170618  

父の日プレゼント

2017.6.16
少し早めだが長男夫婦より父の日プレゼントが届きました。
私の好きな焼酎だがまだ飲んだことのない鹿児島の伊佐美と屋久島の三岳2本セットです。

最初にもらったのは歩きが好きなことを知っていて、GPSロガーを贈ってくれた。
これは結構楽しい機器で、あれから3個目を使用している。



クリックすると元のサイズで表示します
長男夫婦より戴いた焼酎
鹿児島の伊佐美と屋久島の三岳の2本セット

頂いた焼酎は子供たち夫婦が揃って集まる日まで開けないで残しておこう。

青葉の百姓 2017.6.16記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
小野小町さん
2017年06月18日 16:41
父の日おめでとうございます。
息子さん夫婦の贈り物素敵です。

青百
2017年06月18日 16:46
小野小町さん コメントありがとう!
ちょっとしたことだけど嬉しい贈り物だね。


青葉の百姓 2017.6.18追記


--------------------------------------------------
セレスさん
2017年06月18日 22:20
良かったですね!
息子さんもお父さんの好物を良く知ってらっしゃいますね!
うちは孫が20日で二歳になり、誕生会兼ねて娘宅に集まり、さっき帰ってきました。

青百
2017年06月19日 05:27
セレスさん、お早う!
息子(長男)は結構遠くへの出張が多いので宅急便で届けてくれたが嬉しいものだね。
父のプレゼントは息子というよりしっかりしている嫁さんの影響だと思うが、飲んだことも無い焼酎なので楽しみです。
セレスさんのお孫さんは20日で二歳ですか?
あっという間で早いものですね。
こちらは昨日子供の国へ連れて行ったが、広いので靴を履かせるとあちこちへ歩いて行ってしまうし、ベビーカーには乗らないし、目的地の方向へ行くには時間がかかり無理やり乗せて移動。
孫は動物にはそんなに興味がなく、いくつかの滑り台に夢中だった。
幅の広い大きな滑り台は特に気に入ったのか、肘にあざをつけながらも気にせず20回くらい登ったり滑ったり。
良く歩いたので疲れたのだろうね。



ゆうまさん
2017年06月19日 02:23
親孝行な息子さん達がいて良かったですね。
ゆっくりと味わって下さい。

青百
2017年06月19日 05:36
ゆうまさん、コメントありがとう。
息子(長男)は結婚する前まではそんな感じではなかったが、結婚すると変わりますね。
子供は親の好きなものは親の背中を見てわかるのか、お酒類の好きなものも知っているし、初めて戴いたGPSロガーには嬉しかった。
変わった焼酎は皆が集まった時でも飲むようにします。


青葉の百姓 2017.6.19追記


---------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年06月21日 14:09
何よりのプレゼントですね。
飲むたびに、息子さん達の気持ちが伝わってきて、美味しいものだろうねえ^

青百
2017年06月21日 14:18
さぬきふじ・2さん、コメントありがとう。
父の日だからといってプレゼントを欲しがるのではなくて、その気持ちが本当に嬉しい。
頂いたものは家族全員で会食をする時に飲みたいと思います。


青葉の百姓 2017.6.21追記




3

花の尾瀬ヶ原ハイキング170608  

花の尾瀬ヶ原ハイキング

2017.6.8
早朝、バスツアーで町田(集合場所)から園央道相模原IC〜関越道鶴ヶ島JCT〜関越沼田IC〜戸倉。
戸倉〜路線バス鳩待峠までバス利用。

鳩待峠休憩所(標高1591m)からスタートして雄大な尾瀬(標高1400m前後)の景色と山の鼻ビジセンターから尾瀬ヶ原木道コースを歩くハイキングをしてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
戸倉バス停


クリックすると元のサイズで表示します
専用路線バス道
戸倉バス停から鳩待峠までは、マイカー規制によりここから鳩待峠休憩所までは専用路線バスに乗って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鳩待峠休憩所
ここからハイキングスタートです。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原ハイキング往路(1)
新緑の尾瀬道を歩く。
スタートしてすぐに急下りの石畳を下りて行く。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原ハイキング往路(2)
至仏山(しぶつさん)標高2、228m
尾瀬ヶ原へ向かって降りて行くと左側に残雪の至仏山が見えて来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原ハイキング往路(3)
緩い下り坂の木道。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原ハイキング往路(4)
ミズバショウが咲いているところを歩く。
更に下り坂を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原ハイキング往路(5)
巨石のある木道。
ここは右側通行であり右側を通り、帰りは反対側と通ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
山の鼻ビジターセンター
ここでトイレ休憩。
ここはトイレ使用料を100円取られます。
毎年富士山へ登っている時はトイレの使用料は300円を思うと安い。
これから先へ行くと尾瀬ヶ原に入ります。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原歩き(1)
これから尾瀬ヶ原へ行くというのに戻って来た別の人たちもいました。
何処かへ泊まった方たちだと思う。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原歩き(2)
ミズバショウが本当に綺麗でした。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原歩き(3)
雲にかかった燧ヶ岳と雄大な尾瀬ヶ原。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原歩き(4)
燧ヶ岳と木道橋と木道。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原歩き(5)
水たまりに映った樹木が綺麗。
ところどころでカエルが鳴いている。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原歩き(6)
振り返って至仏山(しぶつさん)標高2、228mを撮る。
至仏山は尾瀬ヶ原の西端に位置し、東の燧ヶ岳とともに尾瀬を代表する日本百名山の一つ。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原牛首分岐点
今回のハイキングコースの標準としてはここまでです。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原牛首分岐点からヨッピ吊り橋へ
時間がありもう少し先のヨッピ吊り橋まで行こうと思い分岐点から1キロ以上先まで行ったが、帰りの集合時間に間に合わず迷惑をかけると思い引き返すことにした。


クリックすると元のサイズで表示します
往路で見た燧ヶ岳(ひうちがたけ)
福島県にある火山。
尾瀬国立公園内にあり、至仏山とともに尾瀬を代表する山でもある。
燧ヶ岳は東北地方最高峰(標高2356m)であり日本百名山に選定されている。
残念でしたが頭は雲で見えなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原復路(1)
復路で見た残雪の至仏山
群生しているミズバショウも満開でした。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原復路(2)
川と木道橋。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原復路(3)
雄大な尾瀬ヶ原と100名山の至仏山。


クリックすると元のサイズで表示します
尾瀬ヶ原復路(4)
尾瀬ヶ原の木道脇のミズバショウ。


クリックすると元のサイズで表示します
山の鼻から鳩待峠休憩所までの復路(1)
ミズバショウが満開。


クリックすると元のサイズで表示します
山の鼻から鳩待峠休憩所までの復路(2)
ミズバショウが綺麗。


クリックすると元のサイズで表示します
山の鼻から鳩待峠休憩所までの復路(3)
だらだら坂道を登って行く。


クリックすると元のサイズで表示します
山の鼻から鳩待峠休憩所までの復路(4)
雪がまだ残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
山の鼻から鳩待峠休憩所までの復路(5)
尾瀬はこれからが新緑の季節です。
標準では往路(下り)の所要時間は60分、復路(登り)の所要時間は90分となっている。
往路は標高差約200mの下りでらくちんだが、帰りの復路は同じく標高差約200mの登りになります。


クリックすると元のサイズで表示します
鳩待峠休憩所(標高1591m)
無地に時間通り往路も復路も10〜15分短縮して早く戻って来ました。
その分、予定より1km以上も牛首分岐点から先まで歩いてきました。
参加者は長い長い尾瀬ヶ原の木道を歩いた後に、復路の登りはきつかったと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
記念に一枚。
歩いた歩数:自宅から自宅まで 24,540歩(約16.0km)

今回は西から梅雨宣言も出ており、雨に当たられると覚悟して雨具や傘まで用意したが、一度パラパラ雨が降っただけで問題なくハイキングが出来ました。
しいて言うなら尾瀬ヶ原から見える残雪のある二つの百名山を観たかったと思うの欲が深いとあきらめました。

青葉の百姓 2017.6.9記


ネット仲間のコメントです。
-----------------------------------------------
投稿者:みやちゃん
投稿日:2017年 6月 9日(金)15時38分15秒
尾瀬は何十年か前に行った事が有りますが、それ以来行ってません。
ミズバショウが満開でしたか?
清楚で可憐な花ですよね。
綺麗な水辺に咲いていて、私も好きな花です。

青百
尾瀬へ行ったのは何十年も前ですか?
私も行ったことはなかったが、地元の仲間達と奥鬼怒沼湿原(標高2020m)まで登った時は最高の眺めでした。
遠くに尾瀬ヶ原湿原と燧ヶ岳がはっきり見えました。



けーさん
2017年06月09日 21:45
水芭蕉きれいですね
雨に降られなくてよかった ^^v
雨降ったら 周りの景色も見えなくなっているし・・・
以前行ったとき 8月だったかな・・
至仏山も燧ケ岳もきれいに見えましたけど
水芭蕉はもちろんありませんでした
グロテスクな水芭蕉の葉っぱでしたよ
最後の写真 同じところで私も写真撮りました
ツアーの出発時間は何時だったのですか?

青百
2017年06月10日 06:41
けーさん、コメントありがとう。
東西の対峙している百名山の姿は頭に雲がかかったものの残雪も見えて良かったです。
8月は水芭蕉は見れないのでこの時期としては良かったかなと思っている。
最後の写真とは尾瀬ヶ原から鳩待峠へ戻る時に群生しているミズバショウですね。
ここもかなり群生していました。
日帰りツアーは町田出発7:00で帰りは町田着20:30です。
本当は山小屋に一泊してゆっくりと尾瀬湿原を一回りしたいものですね。



セレスさん
2017年06月09日 23:43
雨もぱらつく程度で、お天気に恵まれましたね!
尾瀬はまだ行ったことがなく、一度行きたいのですが、日帰りも可能なのですね!

青百
2017年06月10日 06:46
セレスさん、ミズバショウの咲く時期としては雨もぱらつく程度の薄曇り天気で良かったです。
尾瀬は遠いがミズバショウの咲く時期には是非行かれてみて下さい。
日帰りも可能ですよ!



名前:ふぅさん
日付:2017年06月10日(土) 03時32分
尾瀬のミズバショウの写真ありがとう。
ずいぶん前に行ったきりですので、見せていただいて、なんか、懐かしい気がしました。
皆さん健脚な方ばかりですね(^◇^)
良いグループがあって、良いですね。

青百
日付:2017年06月10日(土) 07時57分
ふぅさん、コメントありがとう。
良いグループというかこれはバスツアーを利用して家内と参加して来ました。
16キロ歩くと言っても尾瀬へ着いてからは約14キロくらいです。
家内も頑張りました。
鳩待峠をスタートしてから尾瀬ヶ原へ行くのには往路が下りで、復路が登りとなりきついです。
その標高差約200mだが、最後の登りはきつかったです。
ツア―客の一人は靴が木道を歩くつもりで普通のシューズを履いてきた女性(驚き!)が居て、最後の登りで集合時間に30分近くも遅れて消防隊へも依頼したりして全員が待たされてしまいました。
この時期としてはミズバショウも満開だったし、雲はあったものの山も見えて良いハイキングが出来ました。


青葉の百姓 2017.6.10追記


名前:ふぅさん
日付:2017年06月11日(日) 01時04分
募集のツアーでしたか?
それなりに山歩きに自信のある方ばかりだったでしょう。
そんな中、一人でも落伍者があると、みんなが迷惑しますね。
内容をよく見て、応募しないと・・・・
奥様もご一緒だったのですね。 お二人そろってお元気で羨ましいです。
木道の写真ありがとう。 見晴らしが良くて素敵ですね。

青葉の百姓 2017.6.12追記


--------------------------------------------------
けーさん
2017年06月10日 21:42
青百さん、
最後の写真は 尾瀬の看板のところの青百さんですよ(^_-)-☆

青百
2017年06月11日 06:26
けーさん、お早う!
ああ あの鳩待峠休憩所にある看板で撮った疲れ切った姿の写真でしたか?
あまり撮らないが一枚撮っておきました。



小野小町さん
2017年06月11日 08:07
水芭蕉とてもきれいなところなんですね。
まだ行ったことないので、一度行ってみたいものです。
小町をお気に入りに入れてくださってありがとうございます。
私も早速お気に入りに入れさせていただきました。

青百
2017年06月11日 09:25
小野小町さん、
尾瀬は遠いですが行って見る価値のある自然国立公園で、水芭蕉の群生は見事です。
是非一度は行かれた方が良いです。
ただそこへたどり着くまでに長いアップダウンの道を歩かなければならないですよ。
お気に入りに入れていただき有難う!
たまには大阪からの情報も知らせて下さい。
ではまた



♪ S. ♪さん
2017年06月11日 08:45
すてき・・・でも歩きたくないから写真で大満足

青百
2017年06月11日 09:33
♪ S. ♪さん、コメントありがとう。
白馬村へ行かれて数日間静養したのですか?
白馬は素晴らしいね、その後膝の具合はいかがですか?
あざみ野太陽ガーデンへも行ったことがあります。
当時はまだバラを植えたばかりで綺麗ではなかったが、狭いですが今は人気のある場所らしいね。


青葉の百姓 2017.6.11追記


---------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年06月12日 08:31
6年も前、燧ケ岳に登った時は7月だったので、水芭蕉はもう終わってました。
あの時、花を見れるかと期待して尾瀬を歩きましたよ・・・・
ところが、花の終わった後のあの大きな葉ばかり・・・でも、あの大きな葉が水芭蕉とは思ってもいなかったので、驚いた記憶が今でも鮮明に残ってます。  
あれには驚きましたねえ〜!!!!もう、ビックリですよ。

青百
2017年06月12日 08:47
さぬきふじ・2さん、
燧ケ岳に登ったのですか? あの百名山へ! 羨ましい。
1〜2泊したのですね。
尾瀬の水芭蕉は6月上旬頃が見頃ですからね。



さぬきふじ・2さん
2017年06月12日 08:58
青百さん、
写真を拝見しまして、鳩待峠から山小屋までの木道・・・・遠かったなあ〜  
何時間歩いたのか?
歩くの止めたい!  と思いましたよ。
でも、お風呂の時間が決められてて、最後は速足・・・忘れられませんよ!
あの長〜い!  木道歩きは。

青百
2017年06月12日 09:06
さぬきふじ・2さん、
鳩待峠から山小屋までの下り路は最初が石畳みの急下りで、そのあとゆるい坂道の木道も遠く感じましたね。
この区間は往路の下りが60分、復路の登りが90分となっていましたね。  
近いと思うと尚更遠く感じますね。
それからあの雄大な尾瀬ヶ原木道歩きだからね・・・。
それから燧ヶ岳に登られたようで羨ましいです。


青葉の百姓 2017.6.12追記





3




AutoPage最新お知らせ