目白不動尊&中野不動尊211028  

目白不動尊&中野不動尊


2021.10.28
コロナ渦蔓延で2年間も巡礼出来なかった関東36不動尊霊場巡りの再開です。
本日は14番目白不動尊15番中野不動尊の2ヵ所に巡礼して来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
14番目白不動尊(1)
金乗院入り口


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(2)
金乗院本堂


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(3)
金乗院鐔塚
何で鐔塚があるかは分かりません。


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(4)
弘法大師像と金乗院本堂


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(5)
目白不動堂
目白不動尊は、今は真言宗・金乗院の境内にあります。
弘法大師が出羽・湯殿山(一説には羽黒山)で刻んだと伝えられる秘仏の不動明王像を本尊とする不動堂で、元は新長谷寺という真言宗豊山派の寺院で祀られていたそうです。
新長谷寺が戦災で大きな被害を受けて廃寺となったため、現在の神霊山金乗院(慈眼寺)の境内に移ったとそうです。



次は中野不動尊へ。

クリックすると元のサイズで表示します
15番中野不動尊(1)
仁王門
阿・吽一対の仁王像が納められた山門。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(2)
仁王(1)


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(3)
仁王(2)


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(4)
三重塔と本堂
関東三十六不動第15番霊場の明王山宝仙寺は、平安後期の寛治年間(1087年〜1094年)に源義家によって創建された真言宗豊山派の寺院。
建造物が全て新しく建てたものです。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(5)
三重塔
再建された飛鳥様式の純木造建築の塔。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(6)
本堂
鎌倉期の不動明王を中心に五大明王像が安置されている。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(7)
御影堂
弘法大師の尊像が安置されているお堂。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(8)
弘法大師と本堂


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(9)
石臼塚
供養のため噴水として積み上げた石臼、頂上のものは昔し甘酒をすったもの。


クリックすると元のサイズで表示します
大師像
教化活動のお堂。


この日は14番目白不動尊15番中野不動尊の2ヵ所を巡礼して来ましたが、その後気になっていた国立競技場がどうなっているのか見に行きました。


青葉の百姓 2021.10.28記


ネット仲間からのコメント
-----------------------------------------
甲斐犬さん
2021年10月28日 20:01
おごんとだぼらは無信心ですが楽しそう

青百
2021年10月28日 20:08
甲斐犬さん、
青百も無信心と言う事ではないが、興味のあるのは寺社仏閣の建造物なのです。
都内の物は余り良い建造物はないが、地方へ行くと1000年以上の古刹は参道も素晴らしいし寺社仏閣も凄いです!


青葉の百姓 2021.10.28追記


セレスさん
2021年10月28日 22:52
今日はお天気良く、暖かで、絶好のお出かけ日和でしたね!
今日は都心へお出かけでしたか?
これからはお天気のいい日には、外に出て太陽の光を浴びた方が健康にいいですね。

青百
2021年10月29日 06:20
セレスさん、
昨日は天気良く、快適な霊場巡りでしたが、行くまでにJRと地下鉄電車の乗り継ぎ・乗り換えでかなり歩きます。
ただ都心の電車は待ち時間がなく2〜3分で来るので意外とスムーズに行ける。
これからは少しずつ行動範囲を広げて行こうと思います。
このあとはオリンピック後の国立競技場はどうなっているかを確認に行きました。


青葉の百姓 2021.10.29追記






2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ