藤が丘〜青葉台ぶらり歩き211110  

藤が丘〜青葉台ぶらり歩き


2021.11.10
藤が丘に所用があり、青葉台から藤が丘まで電車に乗り、帰りはぶらり歩きしながら公園に立ち寄ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
もえぎ野公園(1)


クリックすると元のサイズで表示します
もえぎ野公園(2)


クリックすると元のサイズで表示します
もえぎ野公園(3)


クリックすると元のサイズで表示します
桜並木通り
桜の紅葉も終わり落葉が始まっている。


クリックすると元のサイズで表示します
桜台公園(1)


クリックすると元のサイズで表示します
桜台公園(2)


クリックすると元のサイズで表示します
桜台公園(3)


もえぎ野公園より我が家の近くにある桜台公園の方が紅葉が進んでいました。

歩いた歩数: 10,920歩(約7.1km)




青葉の百姓 2021.11.10記






2

目白不動尊&中野不動尊211028  

目白不動尊&中野不動尊


2021.10.28
コロナ渦蔓延で2年間も巡礼出来なかった関東36不動尊霊場巡りの再開です。
本日は14番目白不動尊15番中野不動尊の2ヵ所に巡礼して来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
14番目白不動尊(1)
金乗院入り口


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(2)
金乗院本堂


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(3)
金乗院鐔塚
何で鐔塚があるかは分かりません。


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(4)
弘法大師像と金乗院本堂


クリックすると元のサイズで表示します
目白不動尊(5)
目白不動堂
目白不動尊は、今は真言宗・金乗院の境内にあります。
弘法大師が出羽・湯殿山(一説には羽黒山)で刻んだと伝えられる秘仏の不動明王像を本尊とする不動堂で、元は新長谷寺という真言宗豊山派の寺院で祀られていたそうです。
新長谷寺が戦災で大きな被害を受けて廃寺となったため、現在の神霊山金乗院(慈眼寺)の境内に移ったとそうです。



次は中野不動尊へ。

クリックすると元のサイズで表示します
15番中野不動尊(1)
仁王門
阿・吽一対の仁王像が納められた山門。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(2)
仁王(1)


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(3)
仁王(2)


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(4)
三重塔と本堂
関東三十六不動第15番霊場の明王山宝仙寺は、平安後期の寛治年間(1087年〜1094年)に源義家によって創建された真言宗豊山派の寺院。
建造物が全て新しく建てたものです。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(5)
三重塔
再建された飛鳥様式の純木造建築の塔。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(6)
本堂
鎌倉期の不動明王を中心に五大明王像が安置されている。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(7)
御影堂
弘法大師の尊像が安置されているお堂。


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(8)
弘法大師と本堂


クリックすると元のサイズで表示します
中野不動尊(9)
石臼塚
供養のため噴水として積み上げた石臼、頂上のものは昔し甘酒をすったもの。


クリックすると元のサイズで表示します
大師像
教化活動のお堂。


この日は14番目白不動尊15番中野不動尊の2ヵ所を巡礼して来ましたが、その後気になっていた国立競技場がどうなっているのか見に行きました。


青葉の百姓 2021.10.28記


ネット仲間からのコメント
-----------------------------------------
甲斐犬さん
2021年10月28日 20:01
おごんとだぼらは無信心ですが楽しそう

青百
2021年10月28日 20:08
甲斐犬さん、
青百も無信心と言う事ではないが、興味のあるのは寺社仏閣の建造物なのです。
都内の物は余り良い建造物はないが、地方へ行くと1000年以上の古刹は参道も素晴らしいし寺社仏閣も凄いです!


青葉の百姓 2021.10.28追記


セレスさん
2021年10月28日 22:52
今日はお天気良く、暖かで、絶好のお出かけ日和でしたね!
今日は都心へお出かけでしたか?
これからはお天気のいい日には、外に出て太陽の光を浴びた方が健康にいいですね。

青百
2021年10月29日 06:20
セレスさん、
昨日は天気良く、快適な霊場巡りでしたが、行くまでにJRと地下鉄電車の乗り継ぎ・乗り換えでかなり歩きます。
ただ都心の電車は待ち時間がなく2〜3分で来るので意外とスムーズに行ける。
これからは少しずつ行動範囲を広げて行こうと思います。
このあとはオリンピック後の国立競技場はどうなっているかを確認に行きました。


青葉の百姓 2021.10.29追記






2

L新国立競技場建設工事現場を追って(最終)191130  

L新国立競技場建設工事現場を追って(最終)

2019.11.30
いよいよ2020年東京オリンピック開催があと残り8ヵ月を切りました。
第32回東京オリンピックは2020年の7月24日から8月9日までオリンピックが開催され、パラリンピックは8月25日から9月6日に開催される予定です。

昨日は大嘗宮一般参観を見たあと、新国立競技場が2019年11日30日完成となりどうような姿になっているか見に行って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
北東側より撮る
地下鉄信濃町より出て競技場へ向かう。
ここからは逆光なので良くは撮れなかった。
残念なことに工事完成だと言うのに競技場の全周に仮囲いが残っていました。
これからオープンまで色々な準備もあるのだろう・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
仮囲いの上から囲いの中を撮る。


クリックすると元のサイズで表示します
競技場入口
スッカリ完成している。


クリックすると元のサイズで表示します
樹木も多く植えられている。


クリックすると元のサイズで表示します
東側から撮る


クリックすると元のサイズで表示します
青山門(1)


クリックすると元のサイズで表示します
青山門(2)


クリックすると元のサイズで表示します
青山門(3)


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
ここは通路なのか?


クリックすると元のサイズで表示します
仙寿院交差点付近から撮る


クリックすると元のサイズで表示します
外苑西通りと外苑橋


クリックすると元のサイズで表示します
新国立競技場駅付近
信濃町駅から新国立競技場駅現場を時計回りに回り、元の位置まで戻って来ました。
約2kmくらいあります。


クリックすると元のサイズで表示します
渋谷駅
渋谷交差点はあい変わらず込んでいたが、自宅へは16時頃には帰宅しました。

この日に歩いた歩数: 20,440歩(約13.3km)


新国立競技場工事現場を追って
https://ameblo.jp/aohyaku/entry-12493010291.html

新国立競技場工事現場を追ってシリーズは
@新国立競技場、安倍首相A案了承、決定151222から、L新国立競技場建設工事現場を追って(最終)の今日まで約4年の歳月がかかりました。

新国立競技場建設のごたごた劇から工期は短縮されて、昼夜を問わずの突貫工事になり工事関係者・作業員もかなりの苦難もあったと思うが無事に完成して良かった。
東京オリンピックが終わった後も価値のあるレガシーとして残り、スポーツの殿堂としてあらゆるスポーツで活用されることを祈るのみです。

青葉の百姓2019.12.01記



完成した新国立競技場


クリックすると元のサイズで表示します
完成した新国立競技場(NHKテレビより)

夜空に浮かび上がる新国立競技場はまさしく天空の城みたいだ。
青葉の百姓2020.1.02追記



ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
甲斐犬さん
2019年12月01日 10:12
見事な建築!

青百
2019年12月01日 10:17
甲斐犬さん、
やっと完成してホッとしています。
新国立競技場オープニングイベントが12/21に開催。
短距離100mの世界記録保持者、ウサイン・ボルトが来るってよ!



ごんたさん
2019年12月01日 10:17
39年、東京オリンピックの雨の国立競技場へ行事で中学1年時観戦応援へ。
競技も選手も小さくて何をしているのかよく分かりませんでした。
ガラガラでしたね、白黒写真1枚だけあります。
後に市川崑の総天然色記録映画を見て、、、、あぁ、、この競技が行われたのかと。
開会式で我が家屋根からF86が大空に描いた五輪旗が今でも想い出されます。

青百
2019年12月01日 10:34
ごんたさん、コメントありがとう!
39年東京オリンピックの国立競技場で中学1年時観戦応援されたのですか?
青百はその時に賠償役務でインドネシアへ行きホテル建設で赴任していました。
当時の仲間達が日本から持参して来る3〜4日遅れのオリンピック新聞を見ていました。
懐かしいです。
ごんたさんは39年の競技場では選手も小さくて何をしているのかよく分かりませんでしたか?
新国立競技場は当時の競技場より一回りも二回りも大きいですよ!



理央さん
2019年12月01日 10:37
完成してるのですね
それにしても、青百さんはアクティブですよね(*^^*)
出不精の私はきっとオリンピックも自宅で観戦になりそうです(^^;
でもきっと実際に観るのは大違いだろな
見習って少しは出掛けようかなぁと思いました^_^

青百
2019年12月01日 10:51
理央さん、
新国立競技場は見事に完成していました。
まだ仮囲いがあるのはオープンイベントが終わるまでは仕事にならなくなるので撤去はしないでしょう。
青百も同じように選手も小さくて何をしているのかよく分からないしオリンピックはテレビ観戦ですよ。
来年からは坂東33ヶ所観音霊場巡りの残り2霊場と残っている関東36不動尊霊場巡りの残り半分が目標です。


青葉の百姓2019.12.01追記


--------------------------------------------------
うみさん
2019年12月01日 12:45
えっ!
ここにウサイン・ボルトが来る?
関係ないけど ドキドキ。

青百
2019年12月01日 13:05
うみさん、
新国立競技場オープニングイベントにはウサイン・ボルトが来るらしいよ。
日本の短距離走者の桐生 祥秀、多田 修平、小池 祐貴…等々も参加。
DATE:2019/12/21 (SAT)
開場16:30、開演18:30、終演21:30頃まで



かおるこさん
2019年12月01日 20:58
素晴らしい競技場が出来ましたね。
一時はどうなるのか、間に合うのかと気になりましたが
素晴らしいです。
オリンピックはテレビ観戦になりますが(^^♪

青百
2019年12月02日 08:13
かおるこさん、お早う!
もたもたした新競技場建設のプロジェクトが決まり、2015年12月に受注してから、かけられた時間は設計に1年、建設に3年。
五輪の開幕を控え、遅れは許されないなかを良く完成で来たと思う。
東京オリンピックもあともう少しですね。


青葉の百姓2019.12.02追記


--------------------------------------------------
けーさん
2019年12月03日 21:07
新国立競技場建設現場を追って
4年以上にも及ぶ記録・報告 お疲れさまでした
そして ありがとうございます。
小中高生だったら 何か賞を贈りたいです
大河「いだてん」も盛り上がってきて
新国立競技場も完成して いよいよ来年はオリンピックイヤーですね

青百
2019年12月04日 08:21
けーさん、お早う!
4年前に新国立競技場が日本の隈研吾氏の設計が採用され、施工が元居た会社が請け負う事になり旧国立競技場建設地の更地から建設現場を追って来ました。
あっという間の4年でしたが、建設中の現場は何かの用事に合わせて12回も脚を運びました。
行くたびに出来上がっていく姿に感動しました。
大河ドラマ「いだてん」も盛り上がって来たし、2020年の東京オリンピックに合わせて製作されたリメイク版「東京五輪音頭-2020-」が石川さゆり・加山雄三・竹原ピストルの歌で発表された。
原曲を元に歌詞の一部を変更して、さらにオリンピックとパラリンピックを歌った5番も追加したそうだね。
いよいよ来年はオリンピックイヤーです。


青葉の百姓2019.12.03追記


--------------------------------------------------
L新国立競技場建設工事現場を追って(最終)191130に
いいねと言ってくれました。

青百
更地から4年間も12回に渡って工事現場を見て来ましたが、工事は見事に完成しました。 
あとは来年の東京オリンピック2020を待つのみです。


新国立競技場建設工事を追って
https://ameblo.jp/aohyaku/entry-12493010291.html

青葉の百姓2019.12.08追記
青葉の百姓2021.6.14 工事現場を追ってリンク追加


完成した新国立競技場

@新国立競技場&神田明神200109



青葉の百姓 2020.1.11記

2

静工同期交流会(浜名湖舘山寺温泉)2日目191122   

静工同期交流会
(浜名湖舘山寺温泉)2日目


2019.11.21〜22
静工同期交流会秋の旅行は
JR浜松駅改札口12:00集合で、楽器博物館浜松城を見て、舘山寺温泉へ1泊する。
翌日は臨済宗方広寺派の大本山方広寺、井伊直虎で有名になった次郎法師、井伊直虎が眠る遠州の古刹龍潭寺井伊谷宮を巡る旅でした。
参加者:男性7名、女性5名、計11名。


2日目:
ホテル9:00〜方広寺龍潭寺井伊谷宮〜浜松駅12:45頃解散〜昼食後〜帰宅。

出発は9:00なので予定に入っていない舘山寺まで一人歩きで5時半頃ホテルを出て1時間ばかり早朝散歩をして来ました。
あいにく小雨交じりでしたが、ホテルで用意してくれたマイクロバスで9:00出発。
臨済宗方広寺派の大本山方広寺へ行き、そのあと井伊直虎で有名になった遠州の古刹、井伊直虎が眠る寺龍潭寺を巡拝して来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
愛宕神社鳥居
舘山寺温泉街に石の鳥居が見えて鳥居をくぐり石段を上がると八百万の神を祀った歴史を感じる愛宕神社があります。
舘山寺温泉街まで着いたがまだうす暗く少し待ってから参道階段を上がる。


クリックすると元のサイズで表示します
愛宕神社本殿
浜松市西区舘山寺町2234にある神社は、浜名湖の北東、観光地として有名な舘山寺の北の外れに鎮座している。


クリックすると元のサイズで表示します
秋葉山舘山寺(舘山寺)
本堂
曹洞宗のお寺で舘山寺という寺号は、舘山(たてやま)に開かれた寺であることから舘山の寺という意で名付けられたものだと言う。


クリックすると元のサイズで表示します
秋葉山舘山寺(舘山寺)
810年に空海(弘法大師)によって創建されたと伝えられる古刹で、秋葉山秋葉寺末寺です。


クリックすると元のサイズで表示します
舘山寺から見た浜名湖内浦


クリックすると元のサイズで表示します
箔まったホテルさざなみ館
5時半頃にホテルを出て舘山寺まで往復4kmを1時間余で廻って来ました。
朝食後、9:00発ホテル送迎バスにて方広寺龍潭寺へ。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(1)
三重塔
方広寺玄関口にある三重の塔は倒産よけの塔と言われ、京都の篤志家山口玄洞氏が寄付し、建立したもの。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(2)
三重塔から大本堂で行く参道から撮った伽藍群。
もみじが色ついている。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(3)
勅使門
切妻造り銅板葺、正面背面唐破風。
両袖は築地塀になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(4)
奥山半僧坊大権現真殿
禅宗臨済宗方広寺派の大本山「方広寺」の鎮守の神様。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(5)
大本堂(1)
本尊:釈迦如来。
正式名称は深奥山方廣萬寿禅寺という。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(6)
大本堂(2)
建徳2年(1371)後醍醐天皇の皇子無文禅師の開山による臨済宗の寺院で方広寺派の大本山。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(7)
鐘楼


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(8)
宝物展入口


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(9)
大本堂内部


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(10)


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(11)
羅漢の庭


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(12)
羅漢の庭の裏側から撮った方広寺の建物。
遠くに三重塔が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
深奥山(じんのうざん)方広寺(13)
上り龍下り龍
権現造りの奥山半僧坊真殿・向拝の上り龍下り龍の一木彫の彫刻は、工匠岩五郎の作。


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(1)
入口
静岡県 浜松市 北区にある臨済宗妙心寺派の寺院。
本尊は虚空蔵菩薩。


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(2)
拝観受付所


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(3)
東橋斎旭英の『龍虎襖絵』龍


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(4)
東橋斎旭英の『龍虎襖絵』虎


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(5)
庭園(1)
小堀遠州作で江戸時代初期に本堂北庭として築かれた 池泉鑑賞式庭園である。
中央に守護石、左右に仁王石、正面に礼拝石(坐禅石)が配され、更に池の型が心字池となっていて寺院庭園として代表的な庭です。


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(6)
庭園(2)
本堂の裏にあり本堂の縁から眺めると、池泉は左右に細長くのび、池の後に築山がひろがる。


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(7)
右から本堂、萬松稲荷、開山堂


クリックすると元のサイズで表示します
万松山龍潭(りょうたん)寺(8)
井伊家墓所


クリックすると元のサイズで表示します
井伊谷宮
静岡県浜松市北区の井伊谷にある神社。
後醍醐天皇の第四皇子で南北朝時代に征東将軍として関東各地を転戦した宗良親王を祀る。


クリックすると元のサイズで表示します
うなぎ八百徳(1)
浜松市のうなぎ専門料理店(本店)。


クリックすると元のサイズで表示します
うなぎ八百徳(2)
日本のピアニスト中村紘子が来店した時の色紙がありました。
「浜松一のうなぎは日本一…という事は世界一!」
と記されている。


クリックすると元のサイズで表示します
うなぎ八百徳(3)
名物「お櫃うなぎ茶漬」は昆布だしのお茶と美味しいうなぎをあわせた人気の一品だそうだが、私はうな重にしました。
JR浜松駅北口側の板屋町本店、新幹線南口前の駅南店の直営2店舗あり本店で食べました。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松駅南口

浜松駅で全員で昼食をとり解散という事だったが、皆食事がばらばらになり駅で解散になった。
食事後静岡組は普通電車で帰路へ、東京・横浜組は新幹線で帰路へ着く。
二日間で浜松城、楽器博物館、舘山寺温泉、翌日は方広寺、龍潭寺の交流の旅はあっという間に終わってしまいました。
2日目に歩いた歩数: 15,180歩(約9.9km)

次回は来年5月の連休後に東京・横浜組が幹事をします。
行先は東京と静岡のほぼ中間の箱根強羅温泉を予定している。
箱根も何回か来ているが、年々脚も弱くなっているし、歩きを止めてゆっくりと温泉に浸かり、宴会をして、カラオケが出来る施設で再会し親睦会優先にしたいと思っている。

青葉の百姓 2019.11.24記


ネット仲間からのコメントです。

---------------------------------------------------
甲斐犬さん
2019年11月24日 14:24
雨の風情も素晴らしいですわね

青百
2019年11月24日 15:12
甲斐犬さん、
雨の風情も素晴らしいが、アジサイ鑑賞なら別としてやはり写真の写りも良い天気の方が良いなあ〜〜。



セレスさん
2019年11月24日 15:26
綺麗な紅葉、銀杏の黄葉も見れて良かったですね。

青百
2019年11月24日 15:38
セレスさん、
雨が降りそうな天気でしたが何んとか綺麗な紅葉、銀杏の黄葉も見れました。
方広寺の巡拝は下の参道入り口から入り、総門から登って行きたかったが、今回は時間の関係上、高い方から伽藍群を巡拝して来ました。



ふーこさん
2019年11月24日 15:32
お寺も紅葉の景色とともにきれいですね!
にしても、うな重美味しそうですね!
食べたくなりました😊

青百
2019年11月24日 15:44
ふーこさん、
お寺も紅葉の景色も良かったが、何といっても八百徳のうな重が美味しかった。
値段も東京よりはるかに安く、うな重が確か税込みで3,750円だったですよ😊


青葉の百姓 2019.11.24追記


------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2019年11月28日 08:41
山深くにあるお寺さんのようで、紅葉も一番いい時期ですね。

青百
2019年11月28日 09:03
さぬきふじ・2さん、
この日はホテルの送迎バスに乗って来たが、小雨も降って来たし上の入口から歩いたが、本当は下の参道から自分で歩き本堂まで行けば良かったが、それは出来なかったです。
紅葉は徐々に進んで来ました。
交通の不便な所だが素晴らしいお寺ですね。



さぬきふじ・2さん
2019年11月28日 09:11
青百さん、
最近、出掛けることが少なくなりなりましたので、写真で楽しみます。

青百
2019年11月28日 09:19
さぬきふじ・2さん、
それにしても少しでも歩いていないと脚が弱くなりますよ。
新規のパソコンが入荷して慣れましたか?


青葉の百姓 2019.11.28追記





4

静工同期交流会(浜名湖舘山寺温泉)1日目191121  

静工同期交流会
(浜名湖舘山寺温泉)1日目


2019.11.21〜22
静工同期交流会秋の旅行は
JR浜松駅改札口12:00集合で、楽器博物館浜松城を見て、舘山寺温泉へ1泊する。
翌日は臨済宗方広寺派の大本山方広寺、井伊直虎で有名になった次郎法師、井伊直虎が眠る遠州の古刹龍潭寺井伊谷宮を巡る旅でした。
参加者:男性7名、女性5名、計11名。

1日目: 
集合場所、JR浜松駅12:00〜楽器博物館浜松城〜浜松駅シャトルバス〜ホテルさざなみ館16:00 (泊)


クリックすると元のサイズで表示します
浜松駅北口前
花と緑の街

★浜松へは早めに着き、浜松市内は歩いたことも無かったので市内にある寺社仏閣を訪ねて2時間ばかりぶらり歩きして来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
松尾神社(まつのを神社)鳥居
浜松市街地中央にある神社の中では歴史が古く、和銅年間(708〜715年)の創建で、当初は浜松神社と呼ばれていた。


クリックすると元のサイズで表示します
松尾神社本殿
1,577年に徳川家康が浜松城築城のとき、旧城内(現在市役所西隣り)にあった浜松城守護神の松尾社と合祀して元魚町へ移転し、松尾神社(まつのをじんじゃ)と改称したそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
本称寺
静岡県浜松市中区にあるお寺。
浄土真宗本願寺派。


クリックすると元のサイズで表示します
甲江山鴨江寺(1)
仁王門
静岡県浜松市中区鴨江にある高野山真言宗の寺院。


クリックすると元のサイズで表示します
甲江山鴨江寺(2)
仁王(A)


クリックすると元のサイズで表示します
甲江山鴨江寺(3)
仁王(B)


クリックすると元のサイズで表示します
甲江山鴨江寺(4)
拝殿と不動堂


クリックすると元のサイズで表示します
甲江山鴨江寺(5)
大師堂
本堂横の石畳に沿って東門に抜ける小道の左手が大師堂です。
真言宗の宗祖・弘法大師が祀られています。


クリックすると元のサイズで表示します
秋葉神社(1)
鳥居


クリックすると元のサイズで表示します
秋葉神社(2)
本殿
徳川家康公が浜松城入城の際に勧請した歴史ある神社で、火の神様として有名。


クリックすると元のサイズで表示します
浄土寺
静岡県浜松市中区広沢にある曹洞宗のお寺。


クリックすると元のサイズで表示します
宝蔵山宗源院(1)
入口


クリックすると元のサイズで表示します
宝蔵山宗源院(2)
本堂
普済寺壱参派のうちに数えられる歴史の古い曹洞宗の寺院。


クリックすると元のサイズで表示します
西来院(1)
入口


クリックすると元のサイズで表示します
西来院(2)
本堂
正長元年(1428年)、月窓義運禅師が浜松に開山した曹洞宗のお寺、
本尊は釈迦牟尼仏。
境内には徳川家康の正室・築山御前、瀬名姫の廟堂(月窟廟)の墓がある。


クリックすると元のサイズで表示します
普済寺(1)
山門
境内に普済寺幼稚園もあります。


クリックすると元のサイズで表示します
普済寺(2)
浜松市中区広沢に境内を構えている曹洞宗の寺院。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松市美術館
昭和46年7月に市制60周年を記念し、全国8番目、静岡県では初の公立美術館として浜松城公園内に開館した。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松城(1)
浜松市中区にある日本の城跡。
野面積み石垣で有名。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松城(2)
歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」といわれている。


クリックすると元のサイズで表示します
陶板レリーフ(浜松駅地下道)
アルミキャスト、ガラス「伸びゆく浜松
原画・監修:ルイ・フランセン
浜松駅改札口で仲間達とは12:00に合流し、午後から浜松市内見物です。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松市楽器博物館(1)
世界から収集した楽器を公開展示し、多様な関連事業を展開している世界的にも大規模な、日本で唯一の公立楽器博物館です。
本年度で開館25年目だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松市楽器博物館(2)
色々な楽器がありますね。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松市楽器博物館(3)
インドネシアバリ島の楽器。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松城(3)
浜松城天守閣から浜松の街並みを撮る。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松城(4)
若き日の徳川家康公像


クリックすると元のサイズで表示します
浜松市茶室 松韻亭(1)
緑あふれる憩いの場として、市民のみなさまに親しまれている浜松城公園の一角に平成9年11月に開席された本格的な茶室です。


クリックすると元のサイズで表示します
浜松市茶室 松韻亭(2)
杉、栗などの銘木を使用して建てられた棟内には、第一広間(十畳)、第二広間(十畳)、離れの小間「萩庵」(四畳半台目)を備えている。
ここで抹茶を飲んで来ました。
一人400円。
浜松市内見物を済ませ、15:00発シャトルバスに乗り、舘山寺温泉へ着いた。


クリックすると元のサイズで表示します
宿泊したホテル客室から浜名湖内浦を見る。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルさざなみ館(1)
静岡組幹事さんからホテルでお風呂へ入る前に今夜と明日のスケジュールの説明があった。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルさざなみ館(2)
夕食宴会前の記念写真。


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルさざなみ館(3)
宴会


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルさざなみ館(4)
宴会・カラオケ


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルさざなみ館(5)
宴会・カラオケ


クリックすると元のサイズで表示します
ホテルさざなみ館(6)
宴会が終わり特別室でゆったりと23:00頃まで歓談する。

明日は臨済宗方広寺派の大本山方広寺へ行き、そのあと井伊直虎で有名になった遠州の古刹。
井伊直虎が眠る寺龍潭寺へ行きます。
この日に歩いた歩数: 23,610歩(約15.3km)

静工同期交流会(舘山寺温泉)2日目:
https://green.ap.teacup.com/aoba_aoba/201.html


青葉の百姓 2019.11.23記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
甲斐犬さん
2019年11月23日 20:41
こんばんわ 立派な御城と懐かしいお顔がそろって素敵!

青百
2019年11月23日 21:04
甲斐犬さん、1日目は快晴だったしお城が映えました。
恒例の年に2回ある夫婦同伴旅行会はいつまでも元気にと再会する事を楽しみにしている。
もう20年近くもやっているので奥様方も同級生のような仲間達ですよ。



理央さん
2019年11月23日 22:00
こんばんは
ご夫婦でお出掛け仲良くていいですね(^^)
まだまだ先ですが、そんな風になっていきたいです(^^)

青百
2019年11月23日 22:14
理央さん、こんばんは。 コメントありがとう!
定年になる前は男同士で集まっていましたが、10数年前から夫婦同伴で同期旅行をやろうという事になりました。
楽しみですよ!
奥様同士と男性達とに分かれて泊まるが、部屋では奥様達は旦那達のうっぷん晴らし会になるみたいだね。


青葉の百姓 2019.11.23追記


--------------------------------------------------
ふーこさん
2019年11月23日 23:19
夫婦同伴なんて、ステキですね!
たくさんお寺をまわられたんですね。

青百
2019年11月24日 06:33
ふーこさん、お早う! 暖かいコメントありがとう。
夫婦同伴旅行は男同士で旅行をしている時期はほんの数年で、あとは皆で一杯飲んでいる時に同伴でやろうという事になったのです。
たくさんお寺をまわったのは浜松市街は歩いたことも無かったので、早めに来て2時間ばかりぶらり歩きをして仲間達と合流しました。
寺社仏閣巡り(特に建築物)が好きですが、中には数ヶ所良いお寺もありましたよ。



ももっちさん
2019年11月24日 04:07
20年近く夫婦同伴の旅行会・・しかも年に2回もですか?
素晴らしいです。 本当に気のあった方ばかりなんですね。
奥様方も楽しみにしているでしょうね。
写真の中に青百さんはいらっしゃるのかな・・なんて思って見ていましたよ。

青百
2019年11月24日 06:49
ももっちさん、お早う!
もう男同士で会った時からかれこれ20年近くになります。
学校を出てから年に2回、静岡に残った仲間と東京・横浜へ出て行った仲間と交互に幹事をしています。
気のあった仲間は良いし、奥様方たちも楽しみにしています。
以前は元気があったが歳をとって来たしアチコチ歩きまわることがきつくなって来ました。
これからは温泉で一泊する交流会となって行くと思うが、それはそれで楽しみにしています。
写真の中に青百が居る? 
私のTOPのHPにはしっかりと写っています居ますよ。
特に富士山登頂Blogには・・・。
歳をととり毎年登っていた富士山登頂も卒業したし、脚の丈夫な時まではぶらり歩きも続けていきたいと思っています。


プー太郎さん
2019年11月24日 08:29
舘山寺温泉には、独身時代の40数年前に一度だけ泊ったことがあります。
その後も、行く計画はあったのですが、実現しませんでした。

青百
2019年11月24日 10:28
プー太郎さん、
私も浜松には何回か立ち寄っているが舘山寺温泉へは初めてです。
いい温泉だったね。
舘山寺へは計画で行く予定がなかったので、私だけ内浦沿いを早朝一人ぶらり歩きで参拝して来ました。


青葉の百姓 2019.11.24追記


------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2019年11月28日 08:30
夫婦同伴旅行はいいものです。
同窓生との1泊は、なかなかできませんのでいいなあ〜!!!
野面積みの石垣、この様なのを見るたびに先人の知恵、労力に関心してます。
不規則な石を上手く積んでますよね。

青百
2019年11月28日 08:54
さぬきふじ・2さん、
同窓生との1泊、夫婦同伴旅行は良いものです。
浜松城の不規則な野面積みの石垣はあまり見かけないし、これでは敵に登って来られてしまいますね。


青葉の百姓 2019.11.28追記





2




AutoPage最新お知らせ