2008/9/22

2008 セントライト記念、ローズS回顧  

先週は、東西で牡牝クラシックのトライアルがありました


まずはセントライト記念

馬場の影響もありますが、このレースは基本的に上がりが掛かる展開になりやすい。
条件戦の緩いペースで、勝ちきれないような馬が台頭することがしばしば。

今年はそんな感じのレースになりましたね。

このレースは、重賞らしい流れになりますが、本番とはほとんど直結しない。
何故でしょう?出走馬がほとんど関東馬だから、毎回レベルに問題があるのかな?
関西でこういうレースがあれば、結構菊とつながるとは思うのですが・・・

今年の上位3頭も、本番ではあまり強調できなさそうです。

勝ったダイワワイルドボアは、2走前がいかにも切れ負け。
ここは内枠の北村だし、面白そうと思ってたら・・・
やっぱり勝ちましたね。
ただここがピークの感じがするし、タキオンが京都3000ってのは・・・

2着マイネルチャールズは、早目勝負をしたものの、勝ち馬に巧く乗られてしまいました。
見た目は、負けて強し。に見えますが、ラップを見ると・・・
大したことない感が強い
早熟だと思いますが、中山なら侮っちゃダメなんですね。
姉が中山巧者のマイネヌーヴェルだし。
本番は、危険な人気馬だと思います。

3着ノットアローンは、外好位からジワジワ伸びて3着
基本は逃げてこそ。の馬でしょうが、こんな競馬もできるんですね。
そこそこスタミナはありそうですが、この馬の血統じゃ、菊なんてとんでもないな。

4着ダイバーシティは、1角で故障馬のアオリを受けましたが、よく伸びてきましたね。
ただ、この4着は大きな4着。今年の牡馬は900万じゃ抽選にも入りそうにないからなぁ
条件戦なら確勝でしょう。能力は重賞級

5着ナリタダイコクも、1角で不利受けたのが痛かった。
この馬の走りは、血統に反するけどバリバリのステイヤー。
菊での走りがみたかった。

7着キングスエンブレムは、4角で前が詰まる不利。
ミスプロだけに、馬群割るのは難しいんでしょうね。
っていうか、早くダート使ってください。

14着クリスタルウイングは、ダービーでそこそこ内容あったので、今回どんな走りするのか注目していましたが・・・
これは完全にリズムを崩しましたね。しばらく静観でしょう。



ローズSは、先行馬が揃っていたので、牝馬トライアルらしからぬ展開に。
雨でインが悪くなったようで、外を回った馬の1〜3着

勝ったのは重巧者が多いステイ産駒のマイネレーツェル。
2着はダンス産駒のムードインディゴで、先週の朝日CCと同じ産駒が1.2着。

ただこの1.2着は展開向いて、次も巧く行くか疑問がかなり残る。


マイネレーツェルは、フィリーズレビューに続き重賞2勝目
2勝とも阪神のトライアルで、嵌った感じ
春は×だったが、秋は?
ステイ産駒、04念ステイの全妹レクレドールは、秋華賞では結果出てないし、本番は厳しいとみます。
そんなに人気になるタイプではないですが・・・

2着ムードインディゴも、嵌った感じ強い。
そういえば、クイーンSではなかなかの競馬してたし、湿った馬場は忘れな草賞で経験済み。
クイーンSで小差だった、メショウベルーガとのオッズを考えるとこっちを拾わないといかんね。
ここはマイナス18キロで激走しちゃったし、本番の上積みは考えにくい。

3着レジネッタは、本命馬の競馬して3着。
タイプは全く違うけど、04年のスイープトウショウのような負け方でした。
内容も悪くないし、本番で切るのは危険か?

4着オディールは、回った位置が悪かった。
悪くない競馬だが、なかなか取捨選択が難しい

5着メイショウベルーガは、生きっぷり悪く、勝負処の手応えもなかったが、よく5着に来たもんだ。
結構使い詰めだし、そろそろ消耗してきたのかも?

6着トールポピーは、余裕残し。
本番にしか本気出さない池添ですし、この内容は悲観するものではない。
今回は回った位置も悪かった。

8着ハートオブクィーンは、4角いい感じでしたが、直線は伸びず。
距離明らかに長いですね。短距離替わりで狙いましょう。
0

2008/9/19

4重賞回顧  

まずはエルムS

まぁまぁのメンバーは揃いましたが・・・
自分の中では、OP特別大将なイメージの2頭が1.2着

レースのラップは、ずっと同じぐらいのラップを刻んでましたし
底力は問われないレースになったかもしれません。

実際、1.2着馬は非常に巧くレースしたな〜という印象がありました。


そんななか、
3着のエアアドニスは、掛かり気味に先団につけ、4角で早めに勝ち馬に捕まりながらよく粘ってたんではないかと思います。
今までは、短距離中心に使われてきましたが、適性は中距離の方が高い筈

4着メイショウトウコンは、平均した流れでマクリ失敗。
スローペースの方がマクリ易いですね。

5着マコトスパルビエロは、ワンパンチ足りない馬ですが、人気が落ちた途端に一発やりそうな感じ。

6着ドラゴンファイヤーは、掴みづらい馬ですね。こちらも人気落ちで要注意でしょうか?

7着アドマイヤスバルは、右回りより左回りの方がスムーズですが、今は調子が今一歩という印象を受けます。
東京開催まで静観です。

11着コンゴウリキシオーは、何故か行かず。全く競馬になってなかったですね。
今回のレースはノーカウントでしょう。



続いて京成杯

このレースは
ノーザンテーストやダンチヒの血をもった馬が強い。
開幕週の中山マイルらしく、内枠有利

という感じですが、今年はテン4F44.0の超Hペースとなり
さすがの開幕週でも、大外の差し馬が届きました。

それでも、昨年と同様
1着 父SS系、母父ノーザンテースト
2着 父ノーザンテースト系
でした。
今年は3着もダンチヒ系のステキシンスケクンだったので、血統で買ってる人にとっては、簡単な馬券だったのかも?
自分はもちろん取ってません。。。


1着キストゥヘヴンは、いかにもハマったときのアドベガ産駒らしい末脚。
今回は展開に尽きます。小回りHペース向き

2着レッツゴーキリシマは、朝日杯と同様の条件だったのに10人気でしたか〜
もうひとつ隣の人気薄がいなければ、間違いなく本命にしていましたが
とりあえず、インを捌くのが巧い馬なので、内枠巧者でしょう。

3着ステキシンスケクンは、近走の実績とオッズとのバランスが合わない感じでしたが・・・
出遅れが幸いして、しっかり好走してきました。
さすが、一昨年の覇者ですな。

4着ヤマニンエマイユは、内を巧く回って早め勝負。
結構見せ場を作りましたね。
上がりが速い競馬だと、切れ負けする印象ですが、平均ペースより速い競馬なら、重賞でも活躍できるかも?

6着リザーブカードは、勝負処で反応なくなって伸びず。
2走ボケでしょうか?
この馬の成績表を眺めると・・・連続連対は1度もないんですね
基本好走後は、嫌って妙味な馬なんですね。

13着アイルラヴァゲインは、大分行きっぷりが良くなってた。
次走スプリンターなら面白そうって思ってたら
ここ1年で、収得賞金を全く稼いでいない。ってことは除外か?



セントウルSは

休み明けのGT馬VS夏に使った馬の構図でしたが
このレースは、休み明け不振
それを象徴するような結果に。

あとは、開幕週でテンもそんなに速いレースではなかったので、外を回った差し馬は全く用なしのレースに。

勝ったカノヤザクラは、この勝利でサマースプリントの王者に。
サマースプリントの最終戦ということで、今後もこういう馬には警戒しなければダメですね。
レースは内目好位から、アッサリ抜け出して快勝。
巧くスタートを決め、安定したレース振り。
レースをみると、次走嫌う理由はあまりないが・・・
バクシンオーとなると、シーイズトウショウとダブるんですよね。
タイプは違いますが。

2着シンボリグランは、穴要素がこれでもか!というぐらい揃ってました。
凡走後、人気薄外枠のダンチヒ。しかも福永替わりと。
スンナリ走れれば、いい走りしますね。

3着スプリングソングは、気負って走りながらよく粘りました。
キャリアはまだ浅いし、上積みありそう。素質はかなり高いと思います。

4着ジョリーダンスは、外目回りながらいい脚使って4着。
ダンスのスプリンターって、ピンと来ませんが・・・
レース振りをみると、次走は上積み大きそう。

8着スズカフェニックスは、出遅れて早めにまくり直線伸びず。
敗因はハッキリしてますし、人気はあまり落ちはしなさそう。
自分はこの馬、冬馬だと思うんですよね。
だから、次走は嫌います。

9着ファイングレインは、いかにも休み明けという競馬。
ひと叩きで何処まで変わるのか?ちょっと厳しい感じもしますが。




朝日CCは、微妙なメンバーでしたが
ドリームジャーニーの貫禄勝ちでした。

レースはややスローのロングスパートレース。
小倉記念と同じような流れになって、ドリームジャーニーにはお誂えのレースに
特に強調できるレースではないような・・・

ドリームジャーニーは、夏に上昇のステイ。
典型的なマクリ屋で、東京の天皇賞は向かない感じ。

2着トーホウアランは、器用なダンス。トライアル向き

3着キャプテンベガは、4角抜群の手応えながら伸び切れず。
併せ馬でだらしない面。相手なりに走る感じは、母父トニービンが強く出てるのでは?
ということは、天皇賞に出走なら結構面白い馬なのか。

4着ニルヴァーナは、小回り平坦1800向きの印象。

9着エリモハリアーは、この年齢だと洋芝でしか走れないんだな。
0

2008/9/12

久しぶりの更新  

私情で、ブログを更新する気になりませんでした。
が、秋競馬も始まるし、そろそろ再開しなければ^^;

観てくれてる方は、あまりいないと思いますが・・・
まぁ、自分の為にやってるので


新潟2歳Sは・・・


やはり完成度の高さがモノを言うレースだなと
外回り芝1600になってからの、過去3着以内馬のその後を見ると・・・
古馬になってOP勝ちしたのはマイネルレーニアぐらい

さて今年の勝ち馬はどうか?

メンバーはまずまず揃ってたが、新潟の新馬・未勝利を勝った素質馬が何頭か出走してなかった
レースはまずまずのペースで流れて、差し馬の展開に
先行馬はほとんど失速。
勝ちタイム的にはどうでしょうか?
馬場状態が微妙なだけに・・・そこそこのレベルにあるかと

このレースは・・・
ロベルト系がよく来ますが、ブライアンズタイムは不振。(というかタニノギムレットとグラスワンダーだけのような)
フジキセキがなかなか好調。
前走新潟芝1800組は、ほぼ全滅の大不振。
距離延長してきた馬の成績がいい。(適性云々より完成度)
っていう感じの傾向ですね。

各馬のコメント

セイウンワンダー
この馬、西山牧場の『セイウン』じゃないんですね^^;
現時点での完成度は高そう。2歳戦では無視出来ないですね。

ツクバホクトオー
インの中団から、巧く捌く。
レースセンスがあるから、侮れない。

バンガロール
坂のあるコース向き(終い1Fが掛かる展開)だと思う。
今回は好位につけ、直線詰まりながらも伸びてきた。

エイシンタイガー
パワー型で、血統的にダを走らせてみたい。

カヴァリエ
デビュー戦とは違う競馬。
距離延長や遠征、それに展開不利な条件を考えると、良く粘ってる。
ただ、兄のサブジェクトが使ってだんだん悪くなっていった馬だからなぁ。

マッハベロシティ
自分のリズムで走れなかった。不良馬場は良くなさそう。良馬場で。

ダイワバーガンディ
直線不利あったが、それ以上に伸び切れてない。
次走も人気になりそうだが、過信禁物では?

ガンズオブナバロン
スペシャル×サンダーガルチの血統をを考えると、重はかなり走りそうだが・・・
スピードある分、ダメなのか?
良馬場ならある程度巻き返してくるだろうが、食わせ物の予感も。



小倉2歳S

こちらも仕上がりの早さがモノをいったレースに。
ただ、新潟に比べるとメンバー小粒だし、タイムも平凡。

レースは、テンが速かったが外差しは、不利なレースでした。
1〜5着までは、3〜4角内目を回った馬たちで決着。

各馬のコメント

デグラーディア
フジキセキ×デヒアらしく、仕上がり早い。
今回は、この血統らしく器用な面を見せた。
しかし、終いの脚はなかなかのモノだったので、2歳戦では要注意か?

コウエイハート
回った位置が良く、2着に粘る。
バブル×アフリートで、ダート向きの血統。
パワー向きの、レースの流れも良かった。

ツルマルジャパン
新馬戦でセイウンワンダーを破ってる素質馬。
スピードはあるが、1200は忙しいか?
現状は、1400を一気に押し切る競馬が合ってそう。

シルクナデシコ
前半はやや置かれ気味。
4角インを回って、終いいい脚。
1200は忙しそうな印象。距離延長なら、前半楽に追走できるのでは?

メイクデュース
未勝利を好タイム勝ちするも、今回は4角で圏外に。
上位馬に比べると、外を回った不利もあるが・・・それでも負け過ぎ。
未勝利と重賞では違うということか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ