2008/11/3

2008 天皇賞・秋、スワンS回顧  

天皇賞は、例年通りグレイソヴリンとサンデー系のレースになりました。
(タニノギムレットはグレイソヴリンと考える)
やはり時計の速い中距離では、サンデー、グレイソヴリンが強い!
1〜5着まで
タニノギムレット
タキオン(父サンデー)
タキオン(父サンデー)
ミラクルアドマイヤ(父トニービン)
サンデー
でした。


展開は、前半5F58.7で平均やや速めといった感じ。
馬場を考慮すれば、Hペースとまでは言い難い。

それでも、逃げたダスカにとっては、12秒台のラップを刻めない息の入れにくい流れ。
ウオッカ、ディープスカイにとっては絶好の流れになったかな?

直線は3頭の叩き合いになり、ハナ、クビ差で1.57.2のレコード決着
最後は、後方からカンパニーが詰めて来ましたが、展開嵌った感じ。
それでも抜かせなかった3頭は立派だと思います。

時計が速くなったせいか?1〜6着までは、2000以下の重賞で良績のある馬達
ステイヤーには出番がありませんでした。

で、ここはかなりの消耗戦だったので、上位入線馬にはダメージが残るかもしれません
次走ダメだったら、ここでの反動が出た。ということになるでしょう。


ウオッカ
毎日王冠よりペースが上がって、暴走せずに追走出来ました。
自分には、それでも行きたがってるように見えましたが。
同きゅう舎のトーセンキャプテンを使って、ダスカにプレッシャーを掛けた効果も出た
それでも、2センチしか出れなかったんだから
ウオッカ<ダスカ は明らか。
ここはメイチの仕上げに見えましたし、いろんな意味で次走への上積みはない。

ダイワスカーレット
一番強い競馬をした。そういう印象。
今までスローのレースばかりでしたが、今回は絡まれて息の入らない流れ。
しかも、休み明けというハンデもありましたからね。(キッチリ仕上がってたけど)
それでも、ハナ差2着に粘るんだから凄い。
見た目のハデさは無いが、ヒシアマゾン、エアグルーヴ級・・・いやそれ以上かも?
次走は有馬記念みたいですが、反動が無ければ、好勝負必至でしょう。

ディープスカイ
叩いて上昇してきた感は、パドックで伝わりました。
まだ余裕があるとか言われてますが、かなり仕上がってた感じがしたけど?
今回も好位の競馬をしましたが、2角辺りで掛かった分、終い伸び切れなかったのか?
直線向いて、一番手応えよかったのはこの馬でしたが。
2400より、明らかに2000の方が良い。
レース振りだけ見ると、もっと距離が短くていいかもしれない。といった印象を受けました。
ただ、好位で行くより、溜めた方が持ち味が活きるのかなぁ?
JCでの取捨は難しいですね。

カンパニー
毎日王冠の馬体減から、よく立て直した。
レースも最後方から、いい流れになりましたし・・・
4角も外に回らず、インを突いて一か八かの好騎乗。
並みの一流馬だったら、アッと言わせれたかもしれないですね。
次走は何に使うのか?マイルCSでダメージが無ければ、好勝負できますね。

エアシェイディ
インの中団で、直線まではいい感じでしたが・・・
直線外に出したロスは痛い。でも、あのままインにいたら詰まって力出せなかったでしょうが・・・ついてなかったですね。
上位3頭には敵わなかったですが、この馬もかなりいい競馬はしてます
マイルCSに出走なら取捨を迷うなぁ・・・

サクラメガワンダー
グラスワンダーは、ロベルトだけどここ一番の爆発力がない。
まぁ良く頑張ってますが・・・

アサクサキングス
休み明けでもキッチリ仕上げてきた感じ。
ただ、この時計ではステイヤーのこの馬にとっては苦しかった。
距離伸びる次走は大いに楽しみだが・・・
スローの上がり勝負になると、分が悪いからなぁ
あと、内枠より外枠の方が走りやすそうではある

ドリームジャーニー
やはりここではお客さんでした。
マクリ屋ですし、東京は合わない。
インを突けないのも、今回は痛かった。

アドマイヤフジ
回った位置も微妙に悪かったですが、完全に力負けですね。
前走通りでした。

ポップロック
この時計勝負では分が悪いが、去年のデキはもう無いみたいですね。

タスカータソルテ
基本、外から差してくる馬。
それだけに、ここは苦しいと思いましたが、こんなに負けるとは・・・



スワンSは前に行った馬の1.2.3着で、前残りレース。
前半はスローではないんですが・・・これだけ時計が速いと前が止まらない。

前年に続いてポートアイランドSの勝ち馬が、このレースを制しました
阪神1600と京都1400って、そんなに繋がるのかな?
新たな王道ステップでしょうか?

このレースの上位3頭は、いかにもここが・・・という感じもしますが。さて?


マイネルレーニア
最近のレースはみてないですが、今になって上昇気配でしょうか?
ただ、ここは展開に恵まれたし、前年のスーパーホーネットよりは力強さ感じない

ローレルゲレイロ
3番手から速い上がりで連対。
休養明けですが、力落ちは無いようですね。
でも、次走はどうなんでしょう?押さえが妥当か?

ジョリーダンス
この日は、岩田のダンス産駒がよく走ってたし、ここはいかにもの穴でしたね。
阪神Cを期待しましょう。

スズカフェニックス
この日は暖かい分負けたような・・・
プラス10キロで、余裕のある体つきでしたし、展開も向いてなかった。
ただ、出遅れ癖と掛かり癖が出てきた感じはある。
しかも、ずっと内容悪くないっていう敗戦で、馬券に絡んでないという
タチの悪い馬になりつつある。(つつじゃないか?)

ファイングレイン
叩き3戦目で、ようやく復調してきた感あり。
ただ、マイルCSは厳しいか?

トウショウカレッジ
嵌れば届くが・・・スズカ同様の馬かも?

ファリダット
昇級でこの人気は・・・さすがに荷が重かった。
内容は悪くないが、このメンバーでここまで人気背負う馬ではない。
母ビリーヴは、完成が遅かったし、この馬も完成はまだ先かもしれない。

カノヤザクラ
出負け癖が出て来ましたね。冬毛も出てきたみたいで・・・
今年中の上昇は考えづらいかな。

0

2008/11/3

2008 菊花賞、富士S回顧  

菊花賞は、有力馬が次々と回避して寂しいメンバー
ペースは、前半5F58秒台→中盤5F66秒台
緩急の激しい流れでしたが、逃げ馬ノットアローンが作り出したペースですから・・・
後続はほぼワンペースのスローだったのでは?

で、その流れを勝ったオウケンブルースリが自らロングスパートに持ち込んでいました。
見た目に、オウケンブルースリの強さが目立ったレース。
ただ、相手がかなり弱かったのは否めない。

スペシャル×リアルシャダイ配合で、ステイヤーだと思うフローテーションが2着に来たってことは・・・
スタミナを問われる流れだったのかなぁ?

3着のナムラクレセントは、とてもスタミナ豊富とは言えない血統ですが^^;


ただ、近年で活躍してるミスプロ内包の馬は来れなかったんで・・・
ちょっと時計が掛かると、ミスプロの出番は無いのかなぁって印象。
あと京都外回りの実績は、やっぱり大切ですね。
それと、個々の馬の走りもよくチェックしないと・・・


馬券は、セントライト記念組は軽視。と良いながら、ノットアローンから買ってました
最近全く馬券が当たりませんが、自分を貫いてないし、レースは全然みてないから
ダメだわなぁ


オウケンブルースリ
4角自ら動いて、自分の得意な流れに。
平坦のロングスパートレースにもっとも適性があると思います。
今回は、展開バッチリでした。
しかも馬込みを避けて回れたし。
ただ、このメンバーでは力が2枚くらい上だった印象。
次走JCが試金石。
東京のラスト1Fのラップが落ちるレースは合わないと思うが?果たして・・・

フローテーション
神戸新聞杯のブログで述べた(ちょっとですが)通り、ここで変わってくれましたね。
ただし、馬券は取ってないです(T_T)/~~~
4角不利があって、最後方まで下がりましたが、そこから良く盛り返しました。
まともに追走出来たら、あの脚が使えたのかは疑問です。
とにかく長距離戦で要注意かな?

ナムラクレセント
神戸新聞杯は全く印象に無かったですし、血統背景からも完全にお客さんだろうと思いましたが・・・
やや掛かり気味に追走しながら、良く粘ってますね。
この馬の激走にはビックリ。結構力ありそう。

スマートギア
中距離で速い上がり連発。
さすがに京都3000は違うと思いましたが、そこそこ頑張ってますね。
でも本質はやっぱり中距離馬でしょう。

マイネルチャールズ
叩き3戦目。臨戦過程はバッチリ。
自分の競馬して、力負けの5着という印象。
馬が成長していないのかな?
でも、中山は堅実に走るので、中山だけは要注意。

スマイルジャック
人気は落ちてなかったし、ダービーの走りの印象から、やはり京都3000は違いました
距離短縮で狙いましょう。



富士Sは平均ペースで流れるも、インを回った馬で上位決着
重賞のメンバーとなると、実力ありますから、ちょっとやそっとのペースじゃ外からズバッ!っと飛んで来ることは無いんですね。

一昔前は、サンデーばかり来てたレースですが、サンデー亡き今はノーザンダンサーのレースなんでしょうか?
去年に続いて、ノーザンダンサーの勝利&1人気のサンデーが馬券対象になれず。
・・・って思ったら、エイシンドーバーの方が1人気だ^_^;
一昨年は、エアシェイディとスズカフェニックスのサンデー2騎が、フォーティナイナーに負けたりして・・・
確実に傾向が変わってきてるレースですね。

とりあえず、この週の東京は内がまだいいですから
来年も、内枠のノーザンダンサーの要注意ってことで。


サイレントプライド
この時期の休み明け。ッてこと以外は、マイナス材料は全くなし。
この馬自身休み明け走るし、内枠は得意ですから。
この単勝オッズは美味しいなぁ。
次走はマイルCSでしょうが、ちょっと違う気がします。

リザーブカード
前走はやはり2走ボケだったみたいですね。
しかも、凡走後はよく来てるし内枠だし・・・
後から考えれば、全く嫌う理由は無かったですね。
それでこの馬連は美味しいなぁ。
今回は好走したし、次走は疑って掛かりましょう。

バトルバニヤン
要は、人気で嫌って人気薄で拾え!ってことですかね?
と思ったら、連闘でOPのカシオペアSを1人気で勝っちゃった。
でも、カシオペアSのメンバーはかなり低調だったんで、仕方ないかな。

エイシンドーバー
相変わらずズブくて、人気じゃみてて危なっかしい馬ですね。
なかなか掴みづらい馬ですが、毎度堅実に走ってますし、人気落ちしたら要注意

レッツゴーキリシマ
内枠のノーザンダンサーってことで、こっちの方を軸にしてましたが・・・
直線前が壁になってダメでした。
まぁでも、激走後の叩き2戦目でよく走ってるんじゃなかと思います。
内枠なら要注意ですが、マイルCSは荷が重いか?
一族は京都得意だけど・・・

ショウナンアルバ
後方追走から、直線インを突いていいところまできましたね。
先行させてれば・・・って思います。

マルカシェンク
ここは絶好のカモでしたが、これほど惨敗するとは・・・
馬自体になにかあったみたいですね。
マイルCSまでに立て直すのは難しいでしょう。
0

2008/11/1

2008 秋華賞、デイリー杯2歳S、府中牝馬回顧  

秋華賞は、やや速めのペースながらも、4角で内を回った馬達が上位独占。
この週の京都芝は、サンデー系、ミスプロ系、グレイソヴリン(タニノギムレット含む)系ばかり来てたので、馬連万馬券でも順当っちゃあ順当か?

秋華賞は、サンデー系やミスプロ系が強いGTですね。
最近の連対馬は、殆どどっちかの系統。

逆にグレイソヴリン系はなかなか勝ち切れない。
サクラヴィクトリアの2着が最高で、ウオッカですら3着と連を外している。
そう考えると今年の1人気トールポピーは、トライアルで6着にも関わらず人気が上がったし、超危険な人気馬だったようだ。

あと、サンデー系でもフジキセキとステイは皆無。
でも、フジキセキはブライティアパルスが人気薄で馬券対象になりそうだったから、今後は連対馬を出してもおかしくない。
ステイは全くダメ。トライアルを勝った上り調子の馬でも2年連続掲示板外(アルコセニョーラ、今年のマイネレーツェル)

来年は、このことを頭に入れておこう。


ブラックエンブレム
トライアルは、湿った芝で惨敗。
今回は良馬場でインを回って巻き返し。
秋華賞では、トライアルで負けたミスプロの巻き返しがちょくちょく見られる。
思い返せば、この馬内枠からチョイ差しするのが得意な馬だった。
一番インパクトの強い、きんせんか賞がそういうレース。
ここは、かなりハマった感じがあるし、今後は?

ムードインディゴ
ローズSのブログでは、2番利くか疑問。と述べましたが、ちゃんと利きましたね^^;
今回も人気薄でしたし、福永が無理に勝ちに行く競馬をしなかったのが、好走の要因でしょう。
実績は全く違うけど、タイプ的にはムーンライトタンゴっぽい馬かな。
勝ちに行くと甘くなると思います。

プロヴィナージュ
1098万馬券の立役者。これは驚きました!
フレンチはみんな飛ぶと思いましたが、まさかこの馬が来るとは・・・
しかも、厳しいペースを4角先頭で粘ってましたからね。
内容は悪くないし、次走の取捨はどうすればいいんでしょう?

ブライティアパルス
夏の上がり馬。前走内容が良かったので、気になりましたがなかなかの競馬。
と思ったら、骨折判明だそうです。残念。

リトルアマポーラ
後方から大外回していい脚。
回った位置が悪かったのお、休み明けが影響したかな。終いは止まってました。
この馬も内容悪くない。が、イン差しが出来ず、外しか回れないのが弱点。
能力云々は別として、マイルCSを人気薄なら。という感じの馬。
ただ、タキオン的にこの着順は大丈夫?

レジネッタ、オディール、トールポピー
血統&回った位置が向かず。



デイリー杯2歳Sは、やはり仕上がりの早さ重視
今回はホッコータキオンが該当。
こういうタイプはキッチリ連対する重賞ですね。

今回のレースのペースはやや速め。
スタミナを問われた面があったか?1800で勝ち鞍がある馬の1〜3着でした。
1〜3着はインを回った馬ですが・・・

シェーンヴァルト
母は仕上がり早だった、シェーンクライトで、この馬も仕上がり速いのか?
行きたがる面があり、Hペースは歓迎。
今回はイン差しする器用なところも。
ジャンポケ産駒って、意外に器用な面もありますよね?
まぁ1人気じゃ結構詰めの甘いところもありますが。

ホッコータキオン
仕上がり早で、前に行けて・・・2歳戦では安定株
今回は多少オーバーペースだったか?
それでも、ラストは12.0でまとめてるし、前年までだったら朝日杯2歳Sかなり有力ですが
今年から、朝日杯は開催3週目に移行するので、そこらへんがどうか?

キングスレガリア
後方インからスルスルと3着。
いかにも人気薄好走といった感じ。
前2頭とは、差がある感じの3着でした。

ピースピース
Hペース向きの差し馬。速い時計に適性あり。
今回は狙いましたが・・・4着でした(T_T)/~~~
スローのレースでは届かなくてもノーカウントでいいでしょう。

アラシヲヨブオトコ
キャリアの浅さが出たかな?
スローの新馬戦だけしかしていない馬としては頑張った方。



府中牝馬Sは、例年通りスローでサンデー系のブルーメンブラットが勝ちました。
このレースは、たいていスローで先行馬が連対するんですが、それがカワカミプリンセスとはw
今年は上位3頭の格がちょっと違ったかな?という印象のレースでした。


ブルーメンブラット
春はマイルでも長い。内枠がいい。ってイメージでしたが・・・
1800の外枠で、出遅れてこんな競馬されてビックリ!
切れ勝負がいいのは間違いないですが、1800でこんなに切れるとは・・・
着差以上の余裕勝ちでしたし、マイルCSはやや適性外の感じもしますが、出走してきたら要注意ですね。
順張りのアドベガですし、勝てたのは大きい。

カワカミプリンセス
金鯱賞に続き先行策。スローなレースも位置取りのよさで粘って2着確保でした。
切れ勝負では、やや分が悪い。
上がりが35秒以上掛かるレース向き。そう考えれば、エリザベスに向け視界良好

ベッラレイア
不器用な面がある差し馬。今回も4角までイン。直線はやや前が詰まってしまいました
この馬も、トライアルとしてはいい走りが出来ましたが、不器用な分、人気になると・・・
プラス体重はいい傾向だし、能力はあります。

レインダンス
ようやく復活気配か?
久しぶりの1桁着順ですが、あまり走りはよくないように見えましたが。

キストゥヘヴン
やはりHペース向きの差し馬。
前に行くと持ち味が活きないかもしれませんが、今回は上がりが速すぎた。

ヤマニンエマイユ
この馬も、ある程度のペースの方が走りやすい。
今回はいかにも切れ負け。

ハンドレットスコア
条件馬。能力はあるが、不器用。
さすがに厳しかったが、内容は悪くない。
条件に戻れば、能力的には確勝級も、取りこぼしの危険もある。

アルコセニョーラ
前走は強かったが、新潟だからな〜
今回もそんなに悪くないが。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ