2008/11/3

2008 天皇賞・秋、スワンS回顧  

天皇賞は、例年通りグレイソヴリンとサンデー系のレースになりました。
(タニノギムレットはグレイソヴリンと考える)
やはり時計の速い中距離では、サンデー、グレイソヴリンが強い!
1〜5着まで
タニノギムレット
タキオン(父サンデー)
タキオン(父サンデー)
ミラクルアドマイヤ(父トニービン)
サンデー
でした。


展開は、前半5F58.7で平均やや速めといった感じ。
馬場を考慮すれば、Hペースとまでは言い難い。

それでも、逃げたダスカにとっては、12秒台のラップを刻めない息の入れにくい流れ。
ウオッカ、ディープスカイにとっては絶好の流れになったかな?

直線は3頭の叩き合いになり、ハナ、クビ差で1.57.2のレコード決着
最後は、後方からカンパニーが詰めて来ましたが、展開嵌った感じ。
それでも抜かせなかった3頭は立派だと思います。

時計が速くなったせいか?1〜6着までは、2000以下の重賞で良績のある馬達
ステイヤーには出番がありませんでした。

で、ここはかなりの消耗戦だったので、上位入線馬にはダメージが残るかもしれません
次走ダメだったら、ここでの反動が出た。ということになるでしょう。


ウオッカ
毎日王冠よりペースが上がって、暴走せずに追走出来ました。
自分には、それでも行きたがってるように見えましたが。
同きゅう舎のトーセンキャプテンを使って、ダスカにプレッシャーを掛けた効果も出た
それでも、2センチしか出れなかったんだから
ウオッカ<ダスカ は明らか。
ここはメイチの仕上げに見えましたし、いろんな意味で次走への上積みはない。

ダイワスカーレット
一番強い競馬をした。そういう印象。
今までスローのレースばかりでしたが、今回は絡まれて息の入らない流れ。
しかも、休み明けというハンデもありましたからね。(キッチリ仕上がってたけど)
それでも、ハナ差2着に粘るんだから凄い。
見た目のハデさは無いが、ヒシアマゾン、エアグルーヴ級・・・いやそれ以上かも?
次走は有馬記念みたいですが、反動が無ければ、好勝負必至でしょう。

ディープスカイ
叩いて上昇してきた感は、パドックで伝わりました。
まだ余裕があるとか言われてますが、かなり仕上がってた感じがしたけど?
今回も好位の競馬をしましたが、2角辺りで掛かった分、終い伸び切れなかったのか?
直線向いて、一番手応えよかったのはこの馬でしたが。
2400より、明らかに2000の方が良い。
レース振りだけ見ると、もっと距離が短くていいかもしれない。といった印象を受けました。
ただ、好位で行くより、溜めた方が持ち味が活きるのかなぁ?
JCでの取捨は難しいですね。

カンパニー
毎日王冠の馬体減から、よく立て直した。
レースも最後方から、いい流れになりましたし・・・
4角も外に回らず、インを突いて一か八かの好騎乗。
並みの一流馬だったら、アッと言わせれたかもしれないですね。
次走は何に使うのか?マイルCSでダメージが無ければ、好勝負できますね。

エアシェイディ
インの中団で、直線まではいい感じでしたが・・・
直線外に出したロスは痛い。でも、あのままインにいたら詰まって力出せなかったでしょうが・・・ついてなかったですね。
上位3頭には敵わなかったですが、この馬もかなりいい競馬はしてます
マイルCSに出走なら取捨を迷うなぁ・・・

サクラメガワンダー
グラスワンダーは、ロベルトだけどここ一番の爆発力がない。
まぁ良く頑張ってますが・・・

アサクサキングス
休み明けでもキッチリ仕上げてきた感じ。
ただ、この時計ではステイヤーのこの馬にとっては苦しかった。
距離伸びる次走は大いに楽しみだが・・・
スローの上がり勝負になると、分が悪いからなぁ
あと、内枠より外枠の方が走りやすそうではある

ドリームジャーニー
やはりここではお客さんでした。
マクリ屋ですし、東京は合わない。
インを突けないのも、今回は痛かった。

アドマイヤフジ
回った位置も微妙に悪かったですが、完全に力負けですね。
前走通りでした。

ポップロック
この時計勝負では分が悪いが、去年のデキはもう無いみたいですね。

タスカータソルテ
基本、外から差してくる馬。
それだけに、ここは苦しいと思いましたが、こんなに負けるとは・・・



スワンSは前に行った馬の1.2.3着で、前残りレース。
前半はスローではないんですが・・・これだけ時計が速いと前が止まらない。

前年に続いてポートアイランドSの勝ち馬が、このレースを制しました
阪神1600と京都1400って、そんなに繋がるのかな?
新たな王道ステップでしょうか?

このレースの上位3頭は、いかにもここが・・・という感じもしますが。さて?


マイネルレーニア
最近のレースはみてないですが、今になって上昇気配でしょうか?
ただ、ここは展開に恵まれたし、前年のスーパーホーネットよりは力強さ感じない

ローレルゲレイロ
3番手から速い上がりで連対。
休養明けですが、力落ちは無いようですね。
でも、次走はどうなんでしょう?押さえが妥当か?

ジョリーダンス
この日は、岩田のダンス産駒がよく走ってたし、ここはいかにもの穴でしたね。
阪神Cを期待しましょう。

スズカフェニックス
この日は暖かい分負けたような・・・
プラス10キロで、余裕のある体つきでしたし、展開も向いてなかった。
ただ、出遅れ癖と掛かり癖が出てきた感じはある。
しかも、ずっと内容悪くないっていう敗戦で、馬券に絡んでないという
タチの悪い馬になりつつある。(つつじゃないか?)

ファイングレイン
叩き3戦目で、ようやく復調してきた感あり。
ただ、マイルCSは厳しいか?

トウショウカレッジ
嵌れば届くが・・・スズカ同様の馬かも?

ファリダット
昇級でこの人気は・・・さすがに荷が重かった。
内容は悪くないが、このメンバーでここまで人気背負う馬ではない。
母ビリーヴは、完成が遅かったし、この馬も完成はまだ先かもしれない。

カノヤザクラ
出負け癖が出て来ましたね。冬毛も出てきたみたいで・・・
今年中の上昇は考えづらいかな。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ