2010/4/9

第27回 三好池桜マラソン  ランニング

去る4月4日に、毎年恒例の三好池桜マラソンを走ってきました。

今回で3年連続の参加。
岡崎中総RCの皆さんと出会う前から走っていますよ〜

前回レースの東京マラソン2010から、1ヶ月ちょっと過ぎ、久々のレース。
腸脛靱帯炎の症状もかなり治まり、3月はLSD中心に走り込んだ為、月間394km走ることが出来て迎えるレース。
それでも、練習の意味合いがあるレースなので・・・
前日は休み休みながらも、約38km走ったので、多少の疲労はあったと思います。


当日は、7時前に部屋を出て、三好公園に7時20分頃到着。
まだ人もまばらで、駐車場はガラガラ。もう少し遅くてもいいですね。

中総RCの皆さんとは、体育館で待ち合わせ。
8時過ぎに体育館が開放され、皆さんと合流。
9時半が10.1kmのスタートということなので、レースの用意をした後、皆でアップへ出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この日はとても晴れており、風もなく温かったです。
走るには少し気温が高いと思いますが、コンディションは良好でしょう。
ランパン&ランシャツで走ることにしました。

最近は、mixiを通じて色々な方々と交流させてもらっています。
グランドに出て、mixiコミュニティ
『〜〜地方一人マラソン部集合』略して『ひとマラ』の方々に挨拶へ。
ひとマラの皆さんは、仮装で走るようで動物園状態に!
せっかくなので・・・と、自分も衣装を貸してもらえることに♪

クリックすると元のサイズで表示します

ピカチュウで走ることになりました。
写真提供は、マイミクのフイズさんです。ありがとう!

このピカチュウを被ってると、スタート前から注目されます。
待機位置が、かなり前の方だったので余計に。

このレースは自動計測じゃないので、基本ユルい大会なのですが、スタート前はやはり緊張しますね。
しかも、今回は昨年のいびがわ以来、約5ヶ月ぶりの脚に不安がなく迎えられるレースだったので・・・
そんな想いが交錯する中で、スタートの号砲が!

スタート〜三好池始点まで 2:57
まずはグランドから一般道に出て、三好池に向かいます。
一般道〜三好池は結構な上り坂で、早くも息が上がります。
少し飛ばしすぎかな?と思いつつも、回りもそんな息遣いなので、スピードを落とさず走っていきます。

1周目 15:32
ここからは、練習でたまに使用する三好池周りを走っていきます。
1周=約4.3km
同じような感じの道ばかり続きますが、コースのほとんどに桜がありいい感じです。
レース前の考えは・・・
1周目→極力抑える。
でしたが、かなりスピードで突っ込んでしまい、昨秋の練習ではみたことのないラップを刻んでました。

ピカチュウのお陰で、子供たちに人気がありましたね〜
ありがとう!と応え、力をもらう。


2周目 15:38
1周終えたところで、かなり息が上がってしまったので、2周目はかなり不安でした。
2周目に入ると、5.8kmのランナーや、10.1kmの周回遅れランナーが混じり、交わしつつ進まなくてはなりません。
息が上がった状態では辛い作業ですが、大きな衝突もなく、無事に周回することが出来ました。
息遣いから、体感的にスピードがかなり落ちたと思いましたが・・・
意外とキープ出来たみたいですね。
この辺は、LSDの効果が出ているのかもしれないです。


ラスト 2:37
最後は、直線と激しい下りを経て、グランドへ戻ります。
この下りが、最大の鬼門と思いましたが、痛みは出ず難なくクリア
グランドへ戻ってくる少し前から、全力で。

タイム・・・36分44秒


LSD中心の調整で、ほとんどスピード練習はしていないことを考えると上出来かな?
昨秋には全然届かないけど、現状ではかなり出し切ったと満足しています。

レース後、汗まみれのピカチュウを返却。申し訳ないです(^_^;)


すぐに着替えて部屋に戻り、支度をして中総RC花見会場の岡崎公園へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

満開の桜の下、皆さんで呑み喰いが出来て、とても楽しかったです(^^)
しかし、自分は深夜から仕事だったので、早めの帰宅でした。残念!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ