あしたば仲間、弘法山新緑ハイキング下見090504  

弘法山新緑ハイキング下見

2009.5.4
昨日は私が幹事を受け持つ事になった、あしたば仲間6月企画で秦野にある弘法山へ散策ルートの下見に行って来ました。
5月の連休中でもあり、人気もあるせいかこの日はハイキングする人達に大勢すれ違いました。

クリックすると元のサイズで表示します
秦野駅北口駅前


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山
秦野駅多少寄り道して浅間山まで約50分(約2.5km)で到着。


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山から見た大山
あしたば仲間で何回か登っている懐かしい山岳信仰の山、大山が聳え立っている。


クリックすると元のサイズで表示します
浅間山から権現山へ登る山道
ここは距離はないが階段状の坂道を登り、最後のところが急になっているが、ゆっくり歩けば問題なし。
浅間山から約10分(約0.3km)で到着。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山公園(権現山)(1)
最後の急坂を登り切ればそこが弘法山公園(権現山)となっている。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山公園(権現山)(2)
見晴らし台へ登ると360度展望が広がる。
全てご紹介すると楽しみが減るので秦野駅街並みの1カットのみアップしました。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山公園(権現山)(3)
この公園は広くて奇麗なところです。 の時期は最高だと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山公園から弘法山へ入る山道


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山(1)
弘法山へ到着。
弘法山公園から弘法山まで約1km(ゆっくり歩いて約20分)
鐘楼がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山(2)
弘法山鐘楼の方から釈迦堂へ向って撮る。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山から吾妻山(1)
弘法山から吾妻山までは約3km(約1時間)
なだらかな坂道を登たり降ったり・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山から吾妻山(2)
非常に歩きやすい山道もあり、ペチャクチャ喋りながら新緑の山道を歩くのに最高です。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山から吾妻山(3)
この約3kmの山道はなだらかな坂を登ったり、降りたりしながら歩く快適なルートです。
途中に休憩ベンチもありました。


クリックすると元のサイズで表示します
弘法山から吾妻山(4)
珍しい「キンラン

このルートで歩いている時、ハイキング客が草むらの中をジッと見つめていた。
何を見ているのか聞くと珍しい「キンラン」が咲いていると言っていた。
近づいて見ると本当に金色に輝くランの花でした。

日本ではありふれた和ランの一種であったが、1990年代ころから急激に数を減らし、1997年に絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)として掲載されたと記されていました。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)
キンランを見れたのは幸運だった。


クリックすると元のサイズで表示します
吾妻山
吾妻山へ到着。
弘法山から吾妻山までゆっくり歩いて約1時間かかった。
ここもスペースはあまりないがまあまあの休憩所がある。
吾妻山から鶴巻温泉まで約1km弱(約20分)くらいです。


クリックすると元のサイズで表示します
延命地蔵

鶴巻温泉に13時30分くらいについたが、ここであしたば仲間の5月幹事と合流して鶴巻温泉に浸かりビールを飲みながら、企画の下見調整会議を行う事になっていたが30分くらい前に着いた。
時間的にまだ余裕があるため、線路の反対側にある「延命地蔵」へ立ち寄って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
大けやき
「延命地蔵」がある反対側に150m行くと「大けやき」があると言う事で、こちらも急ぎ早に見て来た。
この「大けやき」は樹齢600年の見事な巨樹でした。
一見の価値あり。


クリックすると元のサイズで表示します
鶴巻温泉「弘法の里湯」

5月あしたば仲間幹事と下見調整会議を行った鶴巻温泉「弘法の里湯」です。
5月の連休もあったのか浴槽はイモ洗いの混みようでした。
● 入館・入浴料金
お1人様料金。消費税含む。
●平日
1日 1000円、2時間 800円
●土・日・祝日
2時間 1000円で今回は割高でした。


クリックすると元のサイズで表示します
鶴巻温泉旅館 元湯「陣屋」(1)
弘法山ハイキングの下見から鶴巻温泉へ降りて来て、目についた温泉旅館がありちょっと敷地内を覗いて来ました。 


クリックすると元のサイズで表示します
鶴巻温泉旅館 元湯「陣屋」(2)

この旅館は庭も池も綺麗だし、企画限定の◆14:00〜20:00 ワンドリンク+入浴(フェイスタオル付)1700円なんてあるので、次回(5月)のあしたば仲間歴史散策の時に、皆さんの意見を聞いてどちらの温泉に浸かるかは決めたいと思います。

下見写真はかなり撮りましたが、皆さんが行った時の楽しみが減るのでポイントポイントのみアップしました。
いずれにしても弘法山新緑ハイキングは間違いなく青葉の百姓、お勧めのルートだと思います。
乞うご期待・・・!
                青葉の百姓 2009.5.5記
                 

10




AutoPage最新お知らせ