2008/6/2

ステラ  

 ミーゴ花巻対青森県代表のフットサルの試合を観て・・・

 力の差もあったのだと思うが、青森代表の方は守りを固めるだけ、ステラミーゴの方は後方でのボール回しが多く、言っちゃ悪いが退屈な試合であった。

 プロの方は、基本の止める蹴るが速くて正確。 大きく違うと感じたのが、運ぶ、という能力差。 それから、ボールを奪われないということ。 

 青森代表の方は、フットサルなのにとりあえず的な、苦し紛れ的なロングボール連発、普通のインサイドのパスも遅く、ずれていた。 それだと厳しいねぇ。

 印象に残っているのが、ステラミーゴの選手は1対1で体を当てられてバランスを崩されながらも、ボールを奪われないところ。

 それと、青森代表のボールの運べなさ。

 やはりドリができないと、いいパスも出せないと実感。

 みな勇気を持とう!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ