2008/6/23

昨日  

 中学校の公式戦を初めて見た。

 ワタクシゴトでのヒロウと諸般のジジョーにより、後半開始後、からの観戦となってしまったが、4種年代でやっておかねばならぬことにいくつか気が付き、大収穫。

 また、1/2試合だけしか見ていない上、他のチームのことも全くわからないくせに、ウルセ、と関係者の方々から言われそうだが、3種になったらもうちょっとこう、スペースの作り方とか、こう動いたらこう、とかいう戦術的なものがあるものだろうと、勝手ながら想像していたので、

 ロングボールの数がちょっと多過ぎなのでは?

 と思った。
 
 それから3バック。

 うちもそうだったのだけど、体力があるサイドハーフがいて、もしくは(それと)、ボラのカバーリング能力あってなりたつ、と客観的に見て再確認できた。 今後うちでは

 1-3-5-2

 1-3-4-3

 というフォーメーションはやらないと思う。 

 さて、負けてしまったチームはミスからの失点だったが、結局はサイドからのクロスが上がってしまったために、やられてしまっている。

 DFがずらされた分、バイタルエリアにスペースが・・・(2点目)

 それ以外でも3バックのサイドのスペースを使われるところがいくつかあったので、そこを修正すれば、攻撃の時間も増えるような、ボールを奪える位置も高まるような気がするので、頑張ってほしい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ