2008/8/31

なでしこ六郷  

 がんばりました!

 なんだかんだ言って見ているほうは盛り上がりますな!!

 詳細はのちほど!
0

2008/8/30

美郷カップ遅報  

 リーグ戦 2戦目。

 VS 新山 0−4(ちょっと定かでないが・・・) 負け。

 1戦目終了後、どうしても仕事で抜けねばならず、これに間に合うようにがんばったが、着いたらすでに始まってしまっていた。

 終了残り数分で、相手の特徴、フォーメーションへの対応策に気が付き、手を打ったものの負けてしまった。 もっと早く気が付いていれば、得点もできた気がして、交代以外の戦略も重要なのね、と。

 もちろん、びっちりマンマークで相手の攻め手をなくす、的なベタな対応策ではないス。

 ということで、2試合終え、勝ち点ゼロで、3位Tへ。

 トーナメント初戦。

 VS 河辺 0−3(これまたちょっと定かでないが・・・) 勝ち。

 得点者 満貴 直樹 健(間違っていたらごめん)

 相手チーム ワントップのスーパー3年生に、うちの頭一つ以上違う6年生二人がマークしていたり、というかなり?な状況も見られたものの、健の美しきターンからワンコントロール、で、ズドン。 僕の中では非常に印象に残るプレイであった。

 そして、3位T決勝戦。

 VS 千畑 1−4(これも定かでない・・・すみませぬ) 勝ち。

 得点者 聖也 直樹 恵太 健

 それまでのMIP(一番印象に残った、ここではプレイ)は健のターンからのゴールだったのだが、この試合でそれを上回るプレイが。

 コーナーキックで、聖也の蹴ったボールに、ファーサイド(Far side=ボールから遠い方)から走ってきた恵太。

 雨が降って濡れた草の上でバウンドしたボールにニアーサイド(Near side=ボールから近い方)で頭を一振り。

 バチッと当たったボールはゴールライン手前で一度バウンドし、ゴールへと。

 とても美しかった。

 Today's MIP が 恵太のゴールに変わった瞬間でもあった。

 本日の気になった点。

 出足の遅さ。(DFでもATでも。 相手が来るまでとか、ボールが来るまで待つのはやめよう。)

 判断の遅さ。(ATでは、ボールを受けてから、パスでもねぇ、ドリでもねぇとか、トラップしてからようやく周りを見て人を探したり←これは口を酸っぱくして言っているが、改善の兆しがあまりない、ただ、一人だけ、受ける前に一度ボールから目を切り始めた子がいた。 これが続けばかなりGOOD! そして、DFではパスが出てからマークに行ったりで、後手々々感フルスロットル。 攻めも守りも、どれだけボールだけを見ていたいの?である。)

 ヘディングのボールが、後ろへ飛んでいくシーンが多すぎ。

 利き足でないところへボールがあると、決定的に打つチャンスなのにシュートを打たない。(見ているほうは本当にがっかりである。 これまたいつも口を酸っぱくして言っていて、打たなければ怒られるのを分かっているだろうにねぇ・・・)

 以上4点でやめておこう。

 良かった点。

 シュートの意識が若干ながらも高まったかな。

 相対的(敵と)にスピードが遅くとも、フェイントなどを織り交ぜ、ボールを前へと運ぶ能力がかなりついてきている。 中学以降フィジカルが同等、もしくはそれ以上になった時がとても楽しみ。

 割とプレスがきつくても、あわてないでなんとかしようとしていた。

 5年生3人ともがんばっていた。

 そうそう、本日の紅一点、奈々氏。

 最後の試合で、クッ、と右足でボールを蹴るふりをして、相手の動きを止め、すかさず縦に抜いていったプレイは美しかった。 あんなプレイをするの、初めて見た。

 成長してるなぁ(遠い目)

 ただ、抜き去った後、うしろを追いかけてきたDFから左足カカト部分を踏まれ、若干ケズられていたが・・・決定的ちっくだっただけに、真に遺憾。

 かわいそうに。

 以上、思いついたままに書いた。

 得点者、あまり記憶が定かではないので、間違っていたら教えてくだされ。

 明日は美郷キッズフェスティバル、晴れるといいねーーー。 
0

2008/8/30

美郷カップ速報  

 VS ユーニアン 1−2 負け

 ポゼッションでは4:6くらいかな?

 4.5:5.5くらいか。

 しかし、決定的なチャンスの数は、同数くらいだったような気がする。

 しょうもないミスからの失点で、残念ながら逆転負け。

 久しぶりにあんな点数の入れられ方を見た。

 ちょっと低学年チックでカッコ悪かったぞ。

 それと、妙に蒸し暑いせいなのか、体調管理のせいなのか(あまり前日休ませた意味がないような・・・)、明らかにいつもよりも動けない選手が数名。 それが敗因の一つと言えなくもない。

 ただ、らしさは随所に見られたし、慌て感はかなりなくなった。

 それがせめてもの救いか。

 次の試合、がんばろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ