2009/3/31

クリア  

 について。

 ちょっと前からJでも代表でも気になっていたのがクリア。

 すごーく、中途半端な時がある。

 味方にパスでもなく、

 ボールを切るでもなく、

 相手陣地奥深く蹴るでもなく、

 コロコローとか、

 ポワーンと

 クリアちっくに蹴られることがあって、それがマイボールになればいいのだけれど、そうならないときは、ピンチが継続される上に疲れが上乗せされてしまう。

 そうなってから、結局

 クリア

 したりして・・・

 最初からやっておけばいいのにね。

 というシーンが散見される。

 それって、

 ゲームを読む力=サッカー力

 の欠如、だと思うのは僕だけ?

 代表クラスでもそうなのねー。

 ちょっと?である。
0

2009/3/30

ホンマさん  

 から、越後氏が、点数を決めないFWなんていらない、的なことを言っていた、と聞いた。

 言われてみるとその通りだ。

 ということで、タナさんもアウト。

 かと思いきや、やはり彼は必要じゃないかな。

 アウトは玉ちゃんか?

 録画したやべっちをさっき見たんだけれど、玉氏の話すのを聞いて、あまりにも一般的なことで、自分の言葉ではない気がした。

 ものすごく気になった。

 それよりも、岡氏の方が気になっているのは、僕だけ?

 ASAP(as soon as possible)でビッチ氏になってもらいたいのは、僕だけ?

 話は変わるが、

 メッシ。

 スゲー。

 なんであのスピードとプレッシャーの中でドリブル可能なんだ?

 あのスタイルは誰とも違うな。

 どうやってあんなになったか知りたいのは僕だけ?
0

2009/3/29

重力  

 を使うと、ボディコンタクトの時に強い、というのを「ナンバ走り」という本で知ったのは、いつ頃だっけ?

 そのプレイが金曜日に初めてうまくいった。

 要は、当たられる瞬間(というか、ちょっと前=寸前)に膝を抜いて、重力に体を身を任せる感じ。

 =当たられるのを、筋肉を使って堪えるのではなく、下に落ちていく力を使う感じ。

 上手くいったら、本に書かれていたようにあたりに強かった。

 その上、筋肉を使わないので疲れにくい(一般論)とも感じた。

 もう少し解説(=自慢)。

 その時は、膝を抜き、「腰」で衝撃を受け、当ててきた相手の力を利用しつつ、左足でドリ開始(タッチも完璧だった)。 この難しさ、サッカーをした事のある人なら、分かってくれるはず。

 結局前を向き、ボールも前方向(自分よりも)に展開できた。

 という、二軸チックな素敵プレイが久しぶりに決まった。

 あれが、何度もできるようになるといいのだけど・・・

 ちなみに、重力を使おうプレイは、1、2回練習でやってみた、が、覚えている子、いるかなぁ?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ