2009/9/30

いまだ  

 疲労感が癒えないので、密かに練習を休もうかなー、と思っていたのだけれど、パシンコーチから電話で、急きょ行けなくなったとのこと。

 でも、練習も見たかったので、何か理由が出来て、背中を押してくれてよかった(*^_^*)

 20分くらい遅れて、体育館に着いたら、ちびども皆

 シンパは?

 と。

 かわいいのぉ(遠い目=シンパの代わり)

 ということで、ひさっしぶりに、ちびども(3年生以下)の練習をみた!!

 と言っても、すぐにミニゲだったけど。

 楽しかった。

 彼らなりの正義や欺瞞(大汗)があって、マイちびの頃を思い出させてもらった。

 それもそうだが、卒団生が来てくれていた。

 高校3年生と1年生。

 嬉しいのぉ(すごく遠い目)。

 マイあいさつ終了後、中学生を呼んで挨拶をさせ、中学生以下の練習を見てもらった。

 そのまま放置したんだけれど、ちゃんとやっていてくれた!!

 エライっ!(^^)!

 7時になり、ちびどもの練習が終わり、ミニゲへ。 

 卒団後もずっとやっていた方は、すごくうまくなっていてびっくり。

 ただ、それよりもインプレッシヴ(印象的)だったのが、中学生の上達ブリ。

 前に見た時よりスゲー上手くなってた。

 ボールタッチの軽さとドリブルにキレがあった上、ボディバランスが良くなってた。

 とうとう今まで積んできたものが出るようになってきたのかも!?

 それから、自己意思の表現ブリ。

 何か文句を言いあってもめていた。

 やるじゃん。

 でも、オガ(秋田弁=あまりにも)もめる前に、介入するつもりではあるけれど。

 それにしても、今日のミニゲは見ごたえがあった。

 全体的にスピード感があって。

 良い卒団生が、良い選手をまた育ててくれるのねー。

 もう僕は左ウチワだ(*^_^*)
1

2009/9/29

ビエルサ  

 (元アルゼンチン代表監督)は、ユース代表を率いて参加したある大会で、ロングボールを多用したイタリア相手に1−0で負けてしまった後、イタリア代表の監督に詰め寄り、こう大声で怒鳴ったらしい。

 「サッカーはあんなふうにプレイするものじゃない、あんたがやっているのはサッカーじゃない!」

 と(by:ナンバーの記事)。

 実を言うとここ数年、それチックなチームに負けると、同じように愚痴っていた。

 が、

 先日の昌邦さんのお話で、それでも(どんな理由で負けたにせよ)勝て、と選手を鼓舞するのが親の仕事だ、というのを聞いて反省。

 自分もちょっと強くなった気がしている。
5

2009/9/28

昨日  

 録画していた

 浦和 VS 横浜

 を、郡市が終わって家に着いてから観た。

 横浜の2点目が入った時は、

 その瞬間、僕もマイ息子も立ち上がってガッツポーズ!!

 ウォーーーーー。

 坪井選手が追い付かなかった、カズマのスピードがインプレッシヴであった。

 ボディーを生かしたポストマンかと思いきや、スピードもあるのねー。

 ただ、今の日本代表には居場所がないような気がするっす。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ