2009/10/6

スキャモン  

 の発達曲線から、ゴールデンエイジと言われる年代があると思うのだけれど、それを鵜呑みにしてはいけない気がする。

 今までゴールデンエイジという言葉を多用してきたし、確かに12歳くらいでピーク、というのは、大きな目安なんだろうけど(いわゆる多数派)・・・

 数ヶ月前、中学生たちに、

 きっと今、君たちはゴールデンエイジ中だ、

 と、話したことがある。

 それは事実だったと思う(実体験からも)。

 例えば、昨日の練習で見た中学生の一人は、先週水曜日に見た時とはまた違ったプレイをしていた(いい意味で)。

 ちょっとびっくりした。

 彼らは、本当に急激に上手くなっている。

 そして、言わなくてもいい攻撃を俺にしてくる。

 この話には関係ないけど・・・(-.-)

 何を言いたかったかと言えば、彼らを小学2とか3年生から見てきて、その成長度を比べてみると、今の即座の習得っぷりの方が高いと感じられる、ということ。

 =人それぞれゴールデンタイムが違うのじゃないかなー、ということを言いたかったのだ。

 一般的なゴールデンエイジ期をないがしろにしてはいけないけれども、とらわれすぎるのもダメで、その辺を指導者は考えてあげる必要がある。

 と、最近、実感している。

 やっぱ、3種をやってみて良かった(*^^)v
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ