2010/6/9

たとえ  

 プチプレッシャーといえども、体を寄せてこられると、慌てる。

 慌てるとミスが増える。

 大人 VS 子供

 でも、こうなるんだから、

 子供 VS 子供

 だったら、遅れようと、最後までプレッシャーをかけ続けると効果あると思わね?

 結構、あきらめるのが早い子が多いんだよな。

 疲れるから?

 ここは修正しなければ(^^)



 もうすぐWCが始まるはずなんだけれど、全く情報収集なしで、いつ、どの国がやるのか全く不明。

 見たい、という気持ちはあるんだけどね。

 やっぱり、代表のまとまりがないせいか、モチベがあがらん。

 残り1週間でどうにかなるのかな??

 チームとしてまとまりつつも、個人的なプレイを容認、ってできないものか、とも思う。

 やっぱり、遠藤選手が感情的にプレイしてほしいなぁ。

 ブレイクスルーはここなんじゃないか、と。 

 それから、というか、それよりも、得点シーンでの監督の喜び方。

 これも重要だと思っていて、実は、岡田監督が就任した時から、あれも嫌、と言い続けていた。

 あの片手プチガッツポーズでは足りない。

 喜びは体全体で表そう!

 次の監督選考ではそこも見てほしい。

 オリヴェイラにならないかな(^^)

 これまた、いつ決まるんだ??

 まてまて、その前に現代表をがんばって応援しよう!

 かなり勝てる気がしないけれど、何があるか分からないのがサッカーの魅力の一つでもあるので、正直そこしか信じることができないけれど、その一縷の望みにかけて、初戦のカメルーン戦、声をからして応援だー!!

 今のままだと、次も危ういし、その後の伸びしろも怪しいので、

 もっと、アホドリブルチーム、を増やそう!

 指導者口出しなしチームもかなり魅力的だと思う。

 それは、上手くなる奴はなるし、ならない奴はならない、の両極端になりそう・・・

 だけど、それでいいと思う。

 以上2点が、日本代表が強くなる礎になりうるのではないか、と。

 ま、単純に分母が増えれば、ということ。

 もう10年くらいかかる?

 なんとなく、JFAが変われば、という気がしないでもないけれど・・・

 コンサバ君が多いからなぁ。



 日曜日の番組で、本田選手が言ってた、

 それまでの自分のプレイを完全否定して、作り直した、と。

 リ・ストラクチャリング(事業の再構築)

というよりも、

 リ・エンジニアリング

 かな。

 日本のサッカーにも必要だと思う!


 ただねー、バルサはチビ年代から、同じサッカーを目指してやっていて、それが成功している。

 その秘訣は知りたいっす。




 話は、ものすごーく変わる。

 ギリシャに続く、ハンガリーのデフォルト危機から、また円高ユーロ安になったのだけど、

 ユーロよりも円の方が、

 やばいんじゃね?

 と思うのは、僕だけ?


 今、NHKで安全地帯の何かを放映してるのだけれど、こういうの見ると、

 バンドやりてぇ

 マジやりてぇ

 になる。


 それにしても、玉置さん、歌上手ぇー(∵)

 うらやますぃー。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ