2012/11/3

あまりに  

謎過ぎると、怒りは忘れる、ということが分かった。

監督も選手もそうだったのか、異議を唱えまくるシーンはなかった。

それは、鹿島が与えたPKのシーン。

ご覧になった方、わかりました?

僕、未だにワカラナイ。



さておき、あの痺れる中、しっかりとゴールを決めた柴崎S。

スゲカッタ。

ここは満男Sが蹴るのかなー、と思っていたら、彼がボールを持ってた。

こうやって選手を育てるのね。

大前Sもよく決めた。

やっぱり、あそこでビビって蹴れない人は、エースにはなれない。

二人とも若いのにいい仕事しました!!



その2ゴール、どちらもナイスだったが、さらにスゲカッタのは柴崎Sの決勝ゴール。

ちょっとタイ人みたいな響きを持つ、ヨンアピンSがちょっと手を伸ばしたものの、うまくバランスを取って、ニジキィにズバっと。

ホントスゲカッタ。



全体的に、清水の方に得点の香りが漂っていたものの、しっかりとしのぎ…

かなり意味不明なアディショナルタイム連発もあったが、鹿島が優勝を飾った。

この勢いで、天王杯もとって、ACL出場権も獲得してほしい。

でも鹿島、もうちょっとかかるなぁ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ