2013/3/29

昨日  

 @

 同期のO氏から、同期会への参加確認ほぼファイナルアンサーやで、の電話があり、5月に人生2回目にしておそらくラストの北海道に行くことにした。
 ちなみに一回目は中学の修学旅行。
 断片的にしか記憶がないが・・・


 A

 水曜日の練習に、卒団生がまた二人来てくれていた。

 大学と高校合格者。

 これがマイスポ少をやってて、一番幸せ、なことなので、嬉しかったし、また一緒にプレイもできて、楽しかった。

 いいプレイをすると、大声で誉めてくれた、KH君。

 どうもありがとう。

 やっぱり、どんな形であれ、誉められると嬉しい(*^_^*)

 若干、遠くに行ってしまうようですが、勉強してきたことを教えてください。

頑張れ! 


 B

 先週は、県南フットサル優勝の中学生たちが来て対戦したが、全く歯が立たなかった。

 ボールを持つと、敢然と仕掛けてくる。

 かと思えば、パスを出されたり・・・

 はっきり言って、パスを出された方が楽です。

 何回かのミニゲで、一矢くらいは報いたかもしれないが、ほぼ負け。

 腹も立ち、悔しい気もしたが、達成感もあった。


 C

 先日、佐村河内 守(さむらごうち まもる)という作曲家の交響曲第1番 広島 のCDを買い、車移動中、断片的に聴いている。

 ここ数日、その断片が頭の中で渦巻いている。

 先入観を持たないように、一切の情報収集せずに聴いた。

 物語ができるまでは、まだ時間がかかりそう。

 何より、1曲通して、没頭して聴く時間がない。

 そこから、なのである。


 D

 1ヶ月くらいに、youtubeにニュース解説になる動画が多数掲載されていることを知り、仕事中、それを流している。

 某ラジオ局は、音痴自慢みたいな、奇妙奇天烈な番組もあり、かなりイライラするので・・・


 で、これがなかなか、「ほう」、な感じなので、暇な時にどうぞ。

 http://www.youtube.com/watch?v=fZNhFb2T2mg


 E

 先日のVSヨルダン戦。

 清武Sの出来が悪かったわけではない。

 6.5、もしくは6、の活躍はした。

 ただ、あのシュートを打てた時に打たなかった。

 他の選手も、であるが。

 それで、自分の中ではかなりのマイナスになっている。

 日本にも、野獣が必要なのは間違いなし。


 F

 渡辺竜王が、王将、NHK杯、棋王を立て続けに獲得。

 竜王以外のタイトルは、マイ年代の棋士が持っていたのであるが、谷川会長が羽生三冠へと、世代交代していったように、羽生先生から渡辺三冠へと、の流れなのだろうか。

 4月から、森内名人に羽生三冠の挑戦が始まる。

 羽生三冠が名人を奪取し、渡辺三冠が来期の名人挑戦者になった名人戦をみたい。

 怖いが観たい。


 G

 31日はブラウブリッツのホーム2戦目。

 勝ってほしい。

 スリル満点のパス回し。

 これは楽しい。

 大丈夫かい、ってところでパスを回し、ノーキックで危機脱出、とか最高です!

 こういうプレイは、今まで全くなかった。

 100%近くキックだった(マイ観た試合では)。

 ので、観にいける時間のある方は、スタジアム(?)に出かけた方がええです!

 今年のBBはふた味も違います!

 頑張れ、ブラウブリッツ!!

2

2013/3/27

野獣  

 はいなかった。

 先制された後は、典型的な負けパターンであった。

 必要なのは、野獣的な選手。

 強引にでもゴールを奪う意識のない選手はいらない。




 あ、PKだ、と思ったあのシーン。

 ヨルダンの選手もそれほど抗議にいかないあたりで、間違いないか、だったが、果たしてクローズアップされたのを見ると

 ん? ダイヴ??

 って感じ。

 この瞬間、外すんじゃねーか、と思い・・・

 遠藤Sの表情もくぐもり、オーラもちょっと薄い・・・

 やっぱり・・・

 あまり落胆せず。



 ということで、総括すると、一番最初の決定機(だったと思う)に、清武Sがシュートを打たずにマイナスのパスを出したのが、今回の負けにつながっていると、自分は思う。

 あそこでシュートにいっておけばその後も続いた気がするから。

 =あ、そういう時もパスなのね、という不文律が成立した瞬間に思えた。


 ところで、ああいう場面では、真ん中の選手(香川S)、ファーにいく選手(不明)は大声を出して、自分の存在を知らしめ、GKを惑わさねばならない。

 それが、ボール保持者に複数の選択肢、特に、決める可能性の高いシュートチャンスを与えることにもなる(=パスを出したくもなってしまう可能性も大であるが(^_^;) )


 それから、遠藤Sもかなり気になった。

 リンクマンとして機能していたかどうか・・・

 どう?

 平時の半分くらいだったのではないか??


 苦言が多いけれども、いい崩し、プレイがあったのも事実で、それはそれでナーイス、です。


 それにしても、NSKも、パスばっかり回す練習して(させて)いないで、SSもキックやファールやパスばっかり回してないで、もっと恐怖感のある選手を育てる土壌を増やさねばならない、と改めて思った。

 =すべてがそうなる必要はないと思うが、分母は増えた方がいい。

 個性あるチームが増えることを、切に願う。

 
1

2013/3/26

今年度  

 を持ちまして、このブログを卒業します。

 いろいろ多忙になりまして、今後もそれが続きそうなため、ダウンサイジングが必要なためです。

 マイ備忘録的にしばらくはこのまま残しますが、それまでできるか分かりませんが、更新は31日をもって終了します。

 
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ